2016年12月24日

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」

ううっ💧

まさか、スターウォーズで泣く日が来るとは・・・

でも、泣けた〜。

T〜Vは、ずっと惰性で見ていた状態だし、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」なんて、ぜんぜん覚醒しないで、気絶しそうだったもん。

ついに、ついに「帝国の逆襲」以来の感動と満足感を味わう日が来た!
スター・ウォーズは、WとXを越えられないと思っていた。
が、ついに並ぶ作品が登場!

これを見たかったのよね〜。

登場人物たちの人生が凝縮して描かれていて、夢がないといえばいえないことはないけれど、背負っているものから逃れようとしながらも、フォースの命ずるままに自分のなすべきことに立ち向かっていく。

ううっ・・・また、泣いちゃう。

あ、それって、「バイオハザード ヴォイス・オブ・ガイア」のちえリサたちと一緒だ…

と、いつものようにちえさまに戻っていく私。


もとい!
ローグ・ワンは、はぐれものといった意味があるそうな。
1977年、1980年のスター・ウォーズのはぐれものは、ハンソロだったけれど、2016年のはぐれものは女性のジン。
ジンの強いまなざしにやられた〜。囮になったりして、ハードな任務をこなしていた男たちを従えて、敵地に乗り込んでいくところが、もうちえリサ!

あ〜、また、ちえさまに戻っちゃう。

でも、結局、そういう時代なんだろうな〜。
オンナはお茶汲みという時代に社会に出た私としては、隔世の感あり。

ラストの美しい海のシーンが、胸に迫って、泣いてしまった。
そして、エピソードWへの橋渡し。

完璧やん♡

そりゃあ、ツッコミどころはある。
ドニー・イェンが、棒で戦っちゃうところも、考えてみれば、そりゃあムリだろう、なんだけれど、ドニーがやっているから、納得。そして、ちえリサもゾンビと棒で戦っていたし…。

いろいろと符合の多い「ローグ・ワン」と「バイオハザード・ミュージカル」
などと考えているのは、世界中で私だけだろうな〜。

ま、いっか。

とにかく、スター・ウォーズが、また、私の元に戻ってきてくれたといううれしさに昨日から浸っている。
そして、エピソードWをもちろん鑑賞。
全部持っていると思っていたら、なぜかUだけない・・・ま、なくていいけど。

今までの3倍くらい楽しめた。
あの設計図は、ジンやキャシアンたちが命を賭けてゲットしたものなんだ!と思うだけで、何倍もドキドキした。

39年の時を隔てて、大きな環が閉じて、スター・ウォーズは希望をつなぐ話だったのだと思い至った。

ありがとう、ローグ・ワン!



posted by 風土倶楽部 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック