2007年06月11日

メタボな人が多い日テレ付近 東京朝市@日テレエコウィーク

今回の東京朝市は、こーんなビルの谷間で開催されました。

NTVasaichi.jpg

日本テレビが開催している年1回のエコウィーク6月8日〜10日の3日間のイベントにゲスト参加しました。
今回はスペースの関係もあって、ほんの10店舗のみの縮小サイズです。
風土倶楽部は9日のみの出店でした。

s-2007_0609NTVasaichi0055.jpg

LJ21の理事で、九州ブランチの森千鶴子さんが上京中で、我が家にご滞在〜。
ということで我が家を急遽大掃除したおかげで久しぶりにきれいになりました。

みつばちもがんばっています。

s-2007_0609NTVasaichi0058.jpg


エコウィークとはいえ、お客さんはなんとなく来てみたという人が多く、売り上げは少なめでした。

s-2007_0609NTVasaichi0042.jpg

昨年、東京朝市を代々木公園で始めたころと同じような客層だそうです。
代々木公園は、2年目に入り、前回は2万人を上回る訪問者で、新鮮な野菜やいい食材に出会いたい人たちの交流の場になりつつあります。
年1回だけれど、日本テレビでの朝市も、だんだん育てていければいいな。

朝10時ごろから、すでに並び始めているのは・・・

s-2007_0609NTVasaichi0054.jpg

汐留ラーメンのどうやら1日30食限定のエコラーメン?
東京朝市に出ている野菜を丸ごと使った野菜ラーメンだそうです。

s-2007_0609NTVasaichi0053.jpg

6時ごろにお店を終えて、「汐留に来たんだから、やっぱり汐留ラーメンでしょう」などと言いながら、森さんと二人で食べてみました。
最初の一口、二口はおいしくいただけたけれど、とにかく油がきつくて、食べた後の重たさに少々げんなり。

そういえば、今回は割合暇だったので、風土倶楽部の前を行き来する人をしげしげと眺めていたら、メタボな人が多いのにあらためて気づかされました。
中高年だけでなく、若い人でも、お腹の出た人が確かに多い。
中には、お腹を突き出して歩いている人も。

そりゃあ、こういうラーメンが受けるんだもんなあ。
人間はながーい間、活動のエネルギー源である油を含む高カロリーの食べ物を摂取することが生きるための最重要課題だった。
それが、しっかりインプットされているから、味とは次元の違うところで「油」をおいしいと認識してしまうそうです。

東京朝市に来る人で、「りんご」をはじめとする風土倶楽部の商品や新鮮野菜に目を輝かせるようなエコロジーに関心が高い人ほど、引き締まったからだのような気がします。
気のせいかしらん。

新鮮野菜のおいしさを知ったら、油は必要なくなる?
「りんご」はお腹の掃除もしてくれますよ。
ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック