2017年03月27日

梅田芸術劇場「REON JACK2」

初日から4日間、夢のひとときを過ごしておりました♡
オープニングから、テーマソング「REON JACK」に至るまで、すべてが最高のパフォーマンスの連続で、ちえさまに酔いしれた。
オープニングの前に、まずは会場に入るとスクリーンの緞帳にちえさまのかっこいい後光がさしたシルエットが迎えてくれる。それだけでワクワク、ドキドキで胸が高鳴る。

巨大なプログラムは、東京にもってかえるのが大変なので、横浜でゲットすることに。
なので、曲などの情報が足りないのだけれど・・・
以下、ネタバレなので、未見の方はご注意を。

オープニングは、まるで宇宙からのちえ神さまのご降臨といった映像から、
まずはMay be if…
宝塚を彷彿とさせるひらひらゆらゆらの白と黒のメリハリのきいた素敵なお衣装。
ツボやわ〜。

スカパーでみたあのお腰くいっくいっを目の当たりにして、もう最初からくらっくらさせられる。
ここから怒涛の1時間半くらいが始まる。
何度みても、夢見心地になってしまい、順番はあやふや(笑

太陽を射る者
 この矢を射るような決めポーズにズキュン!

Two Snakes feat.NAOTO
 Shun先生とのコラボダンス。心の中できゃっきゃっしちゃう〜。
 予想通り、健康的なエロチックダンス(そんなもんあるのか?いや、あったね 笑)
 ツボりました。

このあたりから、何度みても、きゃ〜っ!とずっとなっているから、順番が不確か。
平井堅(出ました!ひらけんさん。ほんまに好きやなあ)の「楽園」をMARUさんがバックコーラスで歌う。
このMARUさん、半端ない歌のうまさと声のよさ。

「夜空に眠るまで」にカップリングされていた「Love U」を、雨の降りしきるスクリーンの向こうでちえさまが情感たっぷりに歌う。めちゃくちゃツボ〜っ!本間大先生のおつくりになる曲は、どれもすばらしい!

Witch’s Mirror
 鏡を相手に歌って踊るちえさま。鏡の中に自分を見るちえさまが見えたりして、またまたツボ♡

そして、怒涛のダンスナンバー。
上野水香さんとのリベルタンゴ
 水香さんを見るちえさまの目の色っぽさにやられまくる。この感覚・・・懐かしい。
 水香さんのダンスは、予想以上、期待以上で鳥肌たちまくり。水香さんのソロダンスには、世界が認めるバレエダンサーの表現力とはこういうものか!とひたすら酔わせてもらった。女の切ない思いがひしひしと伝わってくる。

男性陣も、MARUさんのすごい迫力のFeeling good(ちえさまがレディ・レオンになっていたあの曲)に合わせて、ロペスさん、Shun先生、大貫さん(ヌッキー)との3人3様のダンスを披露。同じ曲で、それぞれが自分で振りを考えて違うスタイルで踊っている〜っ!目がいくつあっても足りない。

ちえさまとロペちゃんとヌッキーの3人のダンスも、大人の男と若い男が成熟した女を取り合う(たぶん)素敵なダンスの連続。くらくらする。

夜空に眠るまで
 宝塚時代の振りとはかなり違った。でも、かっこいい〜!
 
TATTOO
まさかまさかの中森明菜の名曲を歌って踊るちえさま♡

僕は何を探してるんだろう?
 ちえさまの歌に合わせて、ヌッキーが踊るダンスが素敵♡
 ヌッキーは、宝塚の男役っぽい美しさと清潔さがあって、大ちゃんに通じるようなちえファンが好むタイプだと思う。おまけにおしゃべりが大好きというキャラで、ちえさまのボケを全部拾ってくれる。だから、ちえさまも大のお気に入りのようで、千秋楽のトークでは、一緒にご飯を食べに行きたいと自分から、リクエストを舞台でしていた。

希望の空
 2年前、ちえさまは大きな不安の中にいたんだな〜。でも、こんなに素敵に世界がどんどん広がっている。
 どこまでもついていく〜と、一緒になって青い空を見上げた。

ここで一応終わって、ここからは毎回出演者の中からゲストが登場し、トークが繰り広げられる。
 千秋楽のトークは、2回目のときのヌッキー再登場だった。
 でも、この日の全員のツボは、水香さんのREON JACKの振りのかわいさ。
 そして、ちえさまが早変わりのために出番を待つ水香さんのもとに来たときに、水香さんが「王子さまが来た〜」と言うそうで、それに対して「かわいいことを言うやんか〜」と言いながら、二人で踊るリベルタンゴの衣装に早変わりするそう。(その間、舞台ではNAOTOさんの素晴らしいバイオリンが奏でられている。贅沢〜)
 たまらんっ!水香さんも、ちえさまのコアファンだ!

最後に
Yes!世界に魔法が降りそそぐ(タオルが必要)、REON JACK(ペンライトが必要)をみんなで歌って、踊って、終わり〜。

全部ツボ。ツボだらけではまりまくり。

とにかくバンドも、ダンサーも、出演者がすべてプロ中のプロの方ばかりで、パフォーマンスのレベルの高さが半端ない。そのプロの方たちが、ちえさまのパフォーマンスを認めて、心から楽しみながらサポートされている様子が、客席にがっつり伝わってくる。
こんなすごいレベルのコラボレーションは、ほかにはないと思う。
ちえさまは、日本の宝だ!と、ますます惚れてしまった。

すごい人や〜♡


posted by 風土倶楽部 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448425140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック