2018年02月21日

松岡圭祐著小説を5冊連続で読破!

松岡氏と講談社でなにやらプロジェクトが動いているのだろうか。
日本人のアイデンティティを思い出させ、国を愛する心を取り戻そうというプロジェクト。

まず最初に「黄砂の籠城」を読了。
高校で習った「義和団事件」は、義和団による事件というほんの1行で終わる歴史的な事件だった。
それしか頭に残ってなかった。

この小説により、初めてなにが起こっていたのかを知った。
そして、日本人がそこでどういう行動をとったのかも。

本当に驚いた。
どうしてこんな重要なことを学校教育でやらないのだろう。
だから、日本人のアイデンティティを壊そうとする変な左系のメディアに国の根幹を浸食されてしまうのだ。

そして、「8月15日に吹く風」
陸軍と海軍が力を合わせ、綿密な計画のもと、アメリカ軍に包囲されたキスカ島から守備隊5000人を救出した歴史的事実を日本側とアメリカ側のそれぞれの視点で描いた小説。

ロナルド・リーン氏は、日本研究の大家として私でも名前を知っている。
そのリーン氏が通訳官として参加していたキスカ島包囲網の艦隊で、日本軍による救出作戦を見聞きしたことで、日本人が玉砕、自決、自爆するだけの狂信的な国民ではないという報告書が本国に提出された。これにより、日本降伏後にマッカーサーが日本統治計画に武力を使わなかった。

こんな重要なことも、今まで一切知らなかった。
終戦記念日にNHKは偏向報道をせず、繰り返し、こういう情報を出しなさいよ!

そして3冊目は「生きている理由」
男装の麗人で戦前戦中に注目された川島芳子の人生を少女時代から描いた小説。
どうやら、これはまだまだ続くようで、今回は、なぜ男装するようになったか、まで。

北京籠城でリーダシップを発揮して西洋で認知された最初の日本人 柴五郎
8月15日の木村昌福海軍少将
生きている理由の山家亨少尉

みなさんキャラが似ている…(笑)
冷静で責任感が強く優しく、有能
理想的な殿方です。そして、みなさん、実在のお方

正統派のいい男たちは、こんなところにいたのか!!!

4冊目は、「ヒトラーの試写室」
真珠湾攻撃を成功させた国からの要請で、特殊撮影技術を駆使して戦況を再現。そのフィルムがヒトラーと宣伝相のゲッペルスの目に止まり、今後はドイツからの要請で戦時中のドイツで国策映画を撮るハメになった柴田彰氏の体験をもとにした小説。円谷氏により、戦後、ゴジラに代表される特撮の基礎となったのは、国策映画の特撮だったという事実にびっくり!
ウソを塗り重ねる国と軍に利用されつつも、職人としての誇りがいいものを完成させてしまう皮肉。
人心を映画で掌握し、左右しようとする国と軍。敗戦が色濃くなっていくにつれ、都合の悪い情報を隠しまくったため、ますますなにが真実で、嘘なのかがわからなくなっていく・・・

(以下、ネタばれ


ゲシュタポがユダヤ人たちを大量に乗せた船をイギリス軍に攻撃させ、あとで特撮で赤十字船を攻撃したと世界に発表しようとした事実には驚愕!
それもヒトラーも、ゲッペルスも自殺したあとに!

帰国したくても、戦況の悪化に伴い帰国できなかった柴田氏が、そのゲシュタポの悪だくみに巻き込まれた状況に心から同情する。そんな状況に置かれたときに、自分はどんなふうに向き合うのか…私には、自信がないなあ

ネタばれここまで)


オンナだからか、この3つの小説の中で、一番の哀しみと孤独を抱えて生きていかざるを得なかったのは川島芳子のような気がしてならない。
オトコたちには守るべきものがあったのに、芳子には、なかった。
滅亡した清朝の再興を一身に背負わされ、さまざまな思惑に翻弄された人生。
どこかでぬくもりを感じることができたひとときはあったのだろうか。
山家亨も、別れて生きたとはいえ、同じく時代の奔流の中で並走し続けたような人生だったようだ。
あの時代、どう生き死んだかは、もっともっと文学や映画などの文化で語り継いでいかねばならないことだと思う。
今後の小説の展開が楽しみ。
川島浪速が、事実としても戦後まで生き延びているのが、なんとも悔しいけど。

それにしても文庫に書下ろし小説を4作続けて刊行するなんて、松岡さん、すごすぎる。
この小説は、どれも映像化されて、多くの人に注目されるといいなあ。

泣いたのは「8月15日に吹く風」
ハラハラしたのは「黄砂の籠城」
闇が深いのは「生きている理由」
コワいのは「ヒトラーの試写室」

事実は小説よりも奇なりとはよく言ったもの。
その事実を、実在の人々を登場させて小説にしてしまうのだから、面白くないはずがない。
松岡氏、目のつけどころがすごい!
どんどん掘り起こしてほしい。そして、映画化や舞台化をして、広く知らせてほしい。
日本人の過ちは、数多く報道されているけれど、時代の激流の中で命がけで誇りを持って生きた事実は、案外知られていない。

川島芳子の人生
ちえさま、どうかしら…
でも、あのころの男装はちょっと違うしなあ
壮一帆が、この前、舞台でやってたっけ
ちえさま、あまり似合いそうにないなあ
男装、じゃないのよね
かっこいいキャラクターをやってほしいだけなんだから(笑)

実在の人物が主人公だった上記4冊と、ちょっと毛色が違うんだけれど、そういう見方もできるよね〜というのが「シャーロックホームズ対伊藤博文」
ニコライ2世の日本滞在における大津事件がテーマ。この事件の裏に隠された真実をホームズと博文が力を合わせて探り出し、日本とロシアの友好関係を取り戻すという、こちらは完全に小説。それぞれのパズルの断片をホームズ流にうまくはめ込み、なるほど、そういう見方もできるよね〜という「真実」が解き明かされる。

松岡さん、ものすごい勢いで歴史小説を生み出している。
全部読んじゃった( ´艸`)
次をお待ちしていまーす!

いつもは図書館で借りるのに、久しぶりに買っちゃったわ


posted by 風土倶楽部 at 21:22| Comment(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。