2018年01月23日

梅田劇術劇場メインホール「マタハリ」

ちえさま(柚希礼音)主演の「マタハリ」を鑑賞。

ついに生キス・・・

ちえ組一同ショックが大きすぎる
女優なら、当然あってしかるべきシーン
でも、いまだに受け入れられず・・・

もともと宝塚が好きなメンバーばかりだから、どこかで夢をずっと見ていたいのだ。
宝塚の男役はイリュージョンの中のイリュージョン
いつかその夢が破られる日は来るのはわかっているし、わかっているから、その舞台を愛でる

では、宝塚以外の舞台の上での芝居は、なにもかもリアルでなければならないのか…といえば、そういうわけでもないはず。特にミュージカルなら、なおさらだ。
いつも思うのは、ミュージカルにおいて、宝塚式のラブシーンではいけない理由がどこにあるというのだろう。

「マタハリ」の舞台の印象は、とにかく地味。
ちえさまマタハリの衣装は、とてもキラキラしていて、豪華。
第一次世界大戦時代の話。20世紀は戦争の時代でもあり、その最初の最悪の世界情勢の中にあって、あだ花としてほんのひととき咲き誇ったマタハリを象徴するかのようなマタハリだけの豪華な衣装だ。

それに比して、舞台装置の地味なことといったら!
舞台の端から端まで、まるで洗濯干しのロープのようなものが3本ほど渡されていて、そこにカーテン状のものがかけられていて、場面展開に使われる。ドイツなら、ドイツ国旗のような柄、フランスなら、三色旗のような色合いといった具合。するするとそのカーテンがひいてこられ、その前で芝居が展開されることが多い。

いやはや、地味にもほどがある。
スケール感がないのだ。

それ以外は、鏡前と着替えだけの貧相なマタハリの楽屋と、パイプで組んだ屋上を模した階段など。
マタハリとアルマンが心を通わせるシーンも、そのパイプの屋上。
宙組のWSSのトゥナイトの場面と似ているのだが、WSSのほうが数倍美しい。
照明でどうとでもなるだろうに。宙組も、パイプが組まれた上でのラブシーンだったけれど、星が散らばっていて、それは美しかった。
マタハリの場合は夜明けなんだから、朝日に照らされたシーンにしたらよいのに。
なぜ徹底して、地味なんだ?

梅芸メインホールではなく、ドラマシティでも、よかったんとちゃうの?
演出家の石丸氏は、大きな劇場の経験が少ないのかしら。

そんな舞台だから、ちえさまのパワーは舞台の上にあふれかえっている。
とても過去のある不幸の塊みたいな女には見えない(笑

おまけにマタハリ衣装をつけてのダンス。
まさかちえさまの生腹を観ることができる日が来ようとは…
思わず拝んじゃう♡

本当にすごい挑戦だ!
声も、高音がずいぶん出るようになって、聞きやすい歌声になっている。

この日はアフタートークの日。
「なにもかも変わってしまって、みなさん、大丈夫でしょうか…」ととても心配な様子のちえさま。

変わっているかなあ…
マタハリの衣装を着てみたり、女優として役をこなしているけれど、やはり随所にちえさまが出てくる。

お稽古で力が入ると石丸氏に「柚希礼音が出ている」と注意されたそう。

確かに出ていた…そんなダメだしなら、たくさんできる。
でも、私たちファンにとっては、ダメな個所じゃないもんね。
それがちえさまなのだ!
そんなちえさまが輝く役に早く出会ってほしいなあ。

ちえさまのマタハリは、とてもピュア。ちえさまそのものなのだ。
まじめで、なんにでも一生懸命で、人を疑えなくて、与えられたものをやさしく、そして、必死に守ろうとする。

ちえさま・・・♡

アルマンが入院しているベルリンの病院に命がけで行くシーンが好き♡
凛々しくて、必死で、たくましくて、美しい。
2幕が圧倒的によいのだ。

それにしても、マタハリの秘密にしなければならない過去って、なんなのか?
父親にレイプされて、ダンナに裏切られて、子供を殺された過去なら、ラドゥーに脅される必要があるのかしら。
プログラムを買い忘れたので、次回にチェックしよう。

マタハリは、どうやら各国の政府高官などのコールガールという存在でもあるらしいのだが、そのあたりも隠したい過去の一部なのかな。その謎めいた感じが、残念ながら、ないのよね〜。アルマンとの恋の落ち方をみていると、過去があるわりにはすぐ信じてしまうし(笑 
ちえさまのまだまだ力を発揮していない未開拓の部分もあるだろうけれど、脚本のせいもあると思う。
韓国バージョンを観てみたい。

ラドゥーが、ソファでマタハリに迫るシーンでは、あら、デジャブ…
黒豹で、紅ちゃんがねねちゃんに似たような感じで迫っていたなあ。
衣装まで似ていて、かなりむふふ・・・と楽しかった。
あれから、すでに3年。早いものだ。

オープニングの戦闘とパリの街の戦火におびえる群衆(といってもスケール感はないんだけど)のシーンの歌が、とっても聞き取りにくかった。かなり前方センター席だったのに、こんなにぼわぼわしちゃって、歌詞が聞き取れないというのは、私の耳のせいか?と思ったら、後方席で見ていた友人たちも同じように感じたとのこと。エコーが強いのか、合唱の歌詞が聞き取りにくいところが多々あった。

ラストシーンのちえさまの歌は、ぞくぞくするほど素敵だった。
昨年のロザリンドのラストシーンのお歌からすると、一段と進化していた。
ブルーの布がゆらめいて、新感線の「蒼の乱」の忘れられない天海姐さんのラストシーンを思い出した。
あちらの方がスケール感があったけど…

あの演出は必要なのかなあ。
私なら、「あの瞬間」に暗転して、終わりにするけど…
もしくは、もっとドラマチックにする。

加藤和樹ラドゥー、東啓介アルマン、そして、ちえさまと役者はそろっているのに、舞台展開と舞台デザインが残念。いい役者たちをもっと輝かせてくださいっ!

今年後半こそ、ちえさまらしいちえさまに会えますように。
REON JACK3を心から待ち望むちえ組一同だ。

小池修一郎氏とちえさまがタッグを組んで、ワクワクするような作品をまた作ってくれないかなあ。

posted by 風土倶楽部 at 17:42| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。