2007年07月01日

お肉よ、おまえもか

いやー、ついに出ましたね。
ミートホープのめちゃくちゃお肉づくり。
もちろんミートホープはやっちゃいけないことをやりました。

が、今、まったく俎上に上げられないミートホープがお肉を納入していた先の大手食品メーカーのことが私はとっても気になります。

あれだけいろいろなものを混ぜまくっているのに、気がつかないってどういうこと?
あのまずそうなお肉顔の社長が「安いものを欲しがる消費者もいけない」と言っていたけれど、食品メーカーは、自分たちがどんなものを使っているかをまったく知ろうともせずに使っていたということ?
品質を問うなら、どんな工場で、どんなラインで、どこから仕入れた、どんなものでつくっているのか、そのお肉そのものは、どんな育てられ方をした豚や牛や鶏なのか。何を食べてきたのか。どんな薬を与えられてきたのか。
まーったく知る気もなかったということ?

きっとお肉だけじゃない。
魚肉だって、お菓子だって(これは不二家がすでに証明済み)、豆腐や納豆だって(だいたい国内自給率が5%しかなくて、国産のものがこんなにあるわけない)、油だって(トランス脂肪酸たっぷりのマーガリンだってどこに使われているかわかったもんじゃない)、要するにすべての工業化された食品には何かからくりがあるはず、とつい思ってしまう。

食品が工業化されて、いのちをいただいていることを忘れ去った人間たちに、すごいしっぺ返しが待っているような気がするのです。
だって、まともな商売をやっていたら、そんなに儲かるわけないもん。
と、スロービジネスをやってみている実感です。
最近も、とある紙関連業界のりっぱなホールで開催されたイベントに参加して、紙でこんなの建てられてしまうのねー、と感心しました。いったいどれだけの木が伐られたら、こんなホールが建つのかと。

人間の経済活動はいつからこんなに悲しく淋しいものになってしまったのでしょうね。
全部が全部とは思わないけれど、今の経済規模でいけば、環境を破壊尽くすしかない。

美しい国づくりは100年後の子孫のことを考えてこそ、何をやるべきかが見えてくるはず。
なのに、この60年間のツケの後始末ばっかり。

このところ、仲間うちで集まってはため息ばっかりついてます。

ラベル:食の未来
posted by 風土倶楽部 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック