2019年09月05日

映画 キングダム

同年配の友人が、甥に勧められたとかでキングダムにはまっているのだが、イメージが壊れるのがいやで、映画のキングダムを見に行っていない、いや、行けないという
渋谷まで15分のところに住んでいるんだから、ちゃちゃっと行ってのぞいてくればいいじゃん、というのに、やっぱり行けないという

では、私が見てきましょう、とのこのこ行ってみた

はまった

いつの間に日本映画がこんなスケールの大きな映画を作れるようになったのだ?
原作を読んでないのに、イメージがなぜかその通りで、世界観にどっぷり浸れるではないか!

秦の始皇帝なんて、兵馬俑?ぐらいしか思い出さなかったのに、ここから怒涛の中華統一の歴史を探る日々・・・約2か月(笑)
例の友だちには、即、見るべきと報告。ようやく見て、イメージ通りだった、とのことでご満足いただけました。

映画は2回鑑賞。
周囲の友人たちに面白いからと大宣伝して、10人は行かせたかな

「なつぞら」の天陽くんとキングダムの政が、同じ吉沢亮くんというのを知ったので、周囲のばあやの友人たちに吹聴したら、みんな、へ〜!と驚いていた。
同年配が、天陽くんが吉沢くんと認識できてよかった(笑)

友だちが持っている漫画を借り、足りない部分は電子書籍で54巻を一気にクリア。

面白いっ!
血なまぐさいけど、マンガだから、なんとか読める。

キャラクターがどれも際立っていて、ワクワクさせられる。

丸2か月ほど、キングダムの世界にどっぷり浸れて面白かった〜
もちろんその間、ちえさまにも浸っていたけど。

55巻が出たので、ついに朱海平原平定か!と思ったら、まだ終わらない…(笑)

妙に紀元前200年ごろの中國の歴史に詳しくなってしまった。
すぐ忘れると思うけど。


posted by 風土倶楽部 at 17:57| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。