2019年10月23日

宝塚大劇場 月組「I AM FROM AUSTRIA」本公演+新人公演

月組は、最近、人気がイマイチというウワサが駆け巡っているけれど、武蔵でどうやって集客しろというのだ…と思っていた。
が、今度はオーストリア出身なんです(直訳)というミュージカル。
ふるさとは甘き調べという副題も、砂糖菓子みたいな甘さだし…

そりゃあ、そそられないでしょ

実際、本公演をみたら、なぜ、オーストリア出身の女優の里帰りがテーマなんだ?
ホームレスを支援する4つ星ホテルの御曹司が主役?

と、なんだか展開がわかったようなわからないような…

たまきちは、相変わらず同じようなキャラだし、
れいこも、またまたちょっと間抜けなワルだし、

ひさしぶりに月組に戻ったちなつのパパとうみちゃんのママがいい感じ

ありゆのコンビが面白い展開

と、そこそこ目は忙しいんだけれど。。。


こういうときには新公を観ると、謎が解けることが多い
なぜなら、それは短縮版だから〜(笑)

ぎゅぎゅっと凝縮されるから、なのかしら。

今回も、ちょうどいい長さで、緊張感もあって、すごく楽しめました。
特にかおとくんのジョージと、白河りりちゃんのエマ
二人とも初々しくて、とってもキュート
かおとくんは、のびのびと楽しそうにやっているし(実際、緊張することなく、楽しくやっていたとご本人が話していました)、
りりちゃんは、とんでもなく歌がうまい。声がよい。

礼華はるくんも、間抜けなワルをかっこよくやっていたし、
風間柚乃ちゃんも、初の女役を楽しそうに余裕でやっていたし、

これはだれ?あれはだれ?と一気に新人たちを覚えてしまうくらいみんな個性的で、破たんがなく、役を楽しんでいました。

月組の若手、すごいぞ!


さて、藪下哲司さんの宝塚歌劇支局プラスに早速、新人公演の評が出ていて、大きな謎が二つ解けました。
一つ目は、このオリジナルミュージカルは、エマが主役
故郷を捨てて、アメリカにわたり女優として成功した女性が、故郷に錦を飾り・・・というストーリー

宝塚は男役が主役にならないといけないから、ジョージがメインになっている。
日本に住んでいる私が、日本出身ですから…と言っても、あ、そうですね、なわけで・・・

もう一つの謎は、ホームレス支援
なんだかとってつけたような偽善的なシーンだと思っていたら、オーストリアの大きな社会問題となっている難民問題が背景にあるらしい。

なるほどね〜
宝塚に合わせて潤色ってやつを施されているから、焦点がぼけた作品になっていたのだ。

月組生、がんばっていると思う。
たまちゃん、進化するための試練だ。
山あり、谷たりを乗り越えてね



posted by 風土倶楽部 at 23:25| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。