2020年01月29日

映画「インビクタス」

以前の家の周囲には、レンタルビデオショップがあちこちにあったので、せっせと借りて見ていたんだけれど、今の家の周囲にはない。
まあ、ずっと引っ越しや不動産の整理などに時間をとられ、おまけに疲労からか手首を骨折したり、足をねんざしたり、風邪をひきまくったりと体調がすぐれなかったから、そこまで気も回らず・・・その割には観劇は途切れてないけど( ´艸`)

楽天TVで映画が見られる!
私的には大発見。
ネットフィリックスのボタンがリモコンにあるのだから、当たり前なんだけどね(笑)
なぜかそこに思い至らなかったわけで・・・なぜだ???

観劇に忙しいからです。はい。


にわかラグビーファンのご指導担当の友人から見るようにとのご教授があった「インビクタス」(2010年)

クリントイーストウッド監督だから、派手さはないけれど、着実にいろいろな重要なシーンを繋ぎ合わせて、きちんと見るものの心に大きなものを残していく。そういう映画でした。

マンデラ大統領が主役で、スプリングボクスのキャプテンのピナールとの友情を主軸に南アフリカのアパルトヘイトを乗り越えていく様子が描かれている。

マンデルの自分や黒人にされたことを赦すことでしか、この国は次のステージには行けないという確信に満ちた言動に心を打たれる。
その言動の静かな力強さを映像が正面から、変な小細工をせずに見せてくるから、襟を正して見てしまう、そんな感じがある。

ラスト20分ほどのワールドカップのシーンは、本当に感動的。
まさにワンチーム。
ちょこちょこさしはさまれる会場以外での人々の変化が、ささいなことなんだけれど、胸に響いてくる。
肌の色や国を越えて、一緒に熱くなれるスポーツの力ってすごい!

にわかファンとしては、日本が熱く沸いた2019年のワールドカップを体験したから、当時の南アフリカの人々の心が一瞬でも一つになれたという実感をトレースすることができた。

その後の南アフリカがどうなっているのかはわからないが、2019年のワールドカップで優勝したのだから、マンデラ氏がいなくなっても、少しずつでも前には住んでいると思いたい。

☆☆☆☆★



posted by Luna at 11:28| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。