2021年01月30日

Netflix「シグナル」

シグナル

「愛の不時着」で、なんだ、この面白さは!
「梨泰院クラス」で、ふ、ふかい・・・
「シークレット・ガーデン」で、愛とファンタジーと格差問題は融合するのか〜(笑
「秘密の森」と「未生(みせん)」で、ん?韓国社会やばくないか?
そして、ついに行き着いたのが「シグナル」

脚本と構成がすごすぎる👀
過去と無線でつながる因縁の関係をベースに、年代を追って未解決の事件の真相をえぐり出していく
オリジナルは、アメリカの映画「オーロラの彼方へ」で、父と息子の設定
リメイクされたアメリカのテレビドラマでは、母と娘の設定
ということだから、時空を越えて交信するという設定だけが共通で、あとはかなり独自の内容になっているのではないだろうか。

16話の中で4つの未解決事件の真実が暴かれていくと同時に、警察内部の不正も徐々に明らかにされていく。
そう、またまた警察内部のヤバさが根底にあるのだ
どこまで腐ってんねん、韓国の警察!

こんなにいくつものドラマで警察や検察が犯罪の温床となっているというストーリーを見せられると、これが実態なのか?とか思っちゃう。
かの国の政府や団体の主張や行動は報道でも、理不尽なことが多いし、検察の不正も、俎上に挙げられることを時々目にする。
そもそも大統領の任期が終わり、普通の人になった途端に収監される国
ほんまに腐敗してるん? 笑

というような背景を考えながら見ると、サスペンスはいやがうえにも盛り上がるというわけで・・・
エンタメが面白いというのは、やはり国の中の緊張感が影響するのかしら
日本のエンタメがイマイチ刺激に欠けるのは、我が国が平和ボケしているから、なんだろうなあ

と、つい政治的なことを考えがちだけれど、エンターテイメントとしては、なんというクォリティの高さ!
シグナルだけでなく、傑作だ!と思えるものが多い。

収賄事件に巻き込まれ、15年前に行方不明になり、時の流れの中で忘れられてしまったイ・ジェハン刑事が、無線でつながった2015年に生きる刑事に「世の中は、よくなっているのか?不正や腐敗はなくなっているのか?」と問う言葉が、とても重い。
そして、「諦めるな。必ず道はある」という過去からの励まし。

ほんとうにすごいドラマだ
これがテレビドラマだなんて・・・
未生も、すごいと思ったけれど、これはすごかった
同じ監督によるもの

ハイエナでは、キレキレの弁護士でかっこよかったキム・ヘスが、惚れた先輩で行方不明になってしまったジェハン刑事を15年間一途に思い続ける刑事役。過去シーンでは、半人前と呼ばれるぺいぺい時代のチャン刑事。見ようによっては、ぶりっこで気持ち悪いという人もいるらしいけれど(当時45歳くらいだもんね)、私は、健気で一途なチャン刑事にちゃんと見えました(笑
あのくりくりしたオメメで見つめられると妙な快感が〜!

ジェハン役のチョ・ジヌン。
見ているうちにチャン刑事と同じく、どんどん好きになるステキなジェハン刑事をありがとう!
みなさん、ほんまに演技がお上手です。


読書
原田マハ著「風神雷神」

つまらなくて、上巻だけでギブアップしてしまった。
俵屋宗達が大天才なのはわかるけれど、信長に気に入られて、天正使節団に入れてもらうのはわかるけど、信仰を美しく描きすぎていて、神父たちの存在が善意すぎて、トントン拍子に話が進みすぎて・・・要するにつまらない。
芸術は天上の楽園でのみ生まれるのか?
マハさんが、こんな作品を書くなんて、ちょっとショック




posted by Luna at 17:07| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。