2007年07月25日

ミネラル空白の時代 私の青春を返して!

また、干しちゃいました。
今回はフルーツです。

s-2007_0725dry30002.jpg

s-2007_0724dry20019.jpg s-2007_0724dry20012.jpg

昨日の野菜シリーズは全部食べてしまいました。
にんじんとゴーヤはイマイチ。
カレイなる日々の私には、ちょっと歯ごたえがありすぎ。
煮物ならいいのかな。

s-2007_0724dry20015.jpgナスとピーマンは、油を少なめにして料理できるので、メタボが気になる方にお薦めです。

が、一番光っていたのは、ここに入れた国産ドライトマトでした。
これのおかげで味が引き締まりました。
ちょっと悔しいです。

s-2007_0725dry30003.jpg

このまま食べると、トマトジュースを噛んでいるみたいです。

<N副編集長さま>
ちゃんと書いておりますのでご安心を。
調べた人しか詳しくならない…次回は塩、面白いです。
へぇ!の連続です。

岩塩と海洋深層水の塩の秘密も知ってしまいました。

江戸時代の塩抜き拷問の話も。

そして、そして・・・

イオン交換樹脂方法なる技術が開発されたおかげで、1972年から1997年はミネラル空白の時代です。
ということで、私の青春時代にはミネラル摂取がかなり少なかったことが判明…これがカレイなる日々にどう影響するのか、しないのか。


ラベル:
posted by 風土倶楽部 at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
干しものにはいくつかトライしていますが
お姉さんが作った野菜達は
水で戻すという行程を経て調理しますか?
それともそのまま?
そのままだと固い野菜もあるような気がします。
Posted by もりち at 2007年07月26日 17:28
干し時間が短いので、そのまま使いました。
Posted by あさだ at 2007年07月26日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック