2007年08月03日

雲仙からの耳より情報

日本の胃袋と言われる島原半島。
その中心となる雲仙市で定住対策の一環として、UIターン希望者を対象とした市職員の募集を行っています。
九州はよかところです。
食べ物よし、温泉アリ、人よし、です。


【雲仙市の紹介】
 長崎県雲仙市は、日本最初の国立公園です。美しい海に囲まれた島原半島の北西部に雲仙普賢岳を取り巻くように位置しております。普賢岳や雲仙地獄といった雄大な自然環境を有しており、こんこんと温泉が湧き出る雲仙温泉・小浜温泉には、全国から温泉愛好家・観光客が数多く訪れます。
 市では、昨年度以降、UIターン希望者の受入に力を入れております。田舎暮らしを求めて雲仙市を訪れた方々に対し希望者の要望に応じてオリジナルのプランをつくり案内しております。
 市では、定住対策の一環としてUIターン希望者を対象とした職員を平成19年8月13日(月)から9月28日(金)まで募集いたします。

■募集職種
 建築 ※建築の専門的知識を活かした業務(公共建築物の設計・工事の施工管理等)

■年齢
 39歳から49歳(昭和33年4月2日から昭和43年4月1日までに生まれた者)

■募集期間
 平成19年8月13日(月)から9月28日(金)

■問い合わせ先
 〒859-1107
 雲仙市吾妻町牛口名714番地
 雲仙市役所 総務部人事課
 電話0957-38-3111

詳細はこちらへ
posted by 風土倶楽部 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック