2007年08月14日

九州縦断の旅 宮崎は東国原花ざかり

ついにでました!
本格芋焼酎「東国原」

s-DSCF3372.jpg

miyazaki.jpg

お迎えしてくれる知事。
みやげ物店は、知事の顔だらけでした。

宮崎「どげんかせんといかん」ご当地活用

いけんかせんといかん 鹿児島

どがんかせんといかん 長崎

どげぇかせんといかん 福岡

だそうです。

さて、注目の知事が訪れ、
「こげなとこがあったとですか!!!」(いい加減な私流宮崎弁です)
と仰天したのがこの風景。

s-DSCF3468.jpg

「夕日の里」五ヶ瀬のワイナリーからの眺めです。
阿蘇の外輪山はもとより、島原半島の普賢岳まで眺められてしまう。
熊本も長崎も、眼下に眺められるこの五ヶ瀬町はというと、ここからほんのすぐ下までというから、ものすごい雄大な借景です。数年前に道路がよくなって、かなり来易くなって、徐々にこの風景が知られつつあるというホットなスポットです。

この立地を生かした地域づくりをしているが「夕日の里づくり推進会議」です。10年以上前から都市部との交流を地道に重ねてきた活動がようやく花開き、昨年は「地域づくり総務大臣表彰」に選ばれました。

今年3月にはワイナリーのレストラン「メゾン・ド・バン」、「夕日の里物産館」がオープン。物産館の方は、推進会議のみで運営しており、利益を出せるようにみんなで鋭意努力中です。

s-DSCF3511.jpg

加工所で次々とヒット作を生み出しているバーバクラブのみなさん。
物産館にも出品中。

s-DSCF3492.jpg

宮崎製茶の宮崎さんたち。お父さんの代から、有機無農薬茶の栽培に取り組んできたそうです。風土倶楽部で新発売の○○(まだ内緒)を近々販売の予定。

s-DSCF3384.jpg

この前夜は、LJ21の甲斐理事の故郷、高千穂にて宴会。
Uターンの若者たちがこのところ急増中の高千穂です。
我が家のルーツや食文化を熱く語った一夜でした。
みんなで「おれたち、いくつだっけ?」なんて言いながら。
(右から3人目は「今週の私」に登場してくれた藤木クン)

元気なのは知事だけじゃない宮崎なのでした。
宮崎県は九州でも、道路事情はかなり悪い方なのになあ。
便利とか不便とかって、地域の元気にはあまり関係がないのかも。

ラベル:若い友人たち
posted by 風土倶楽部 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック