2007年09月04日

無国籍とメルヘンの狭間を彷徨った休日

突然、友人とスケジュールが合ったので、行く先も決めず、旅に出ました。

まずはイギリスに行って

s-2007_0904yatugatake0032.jpg

その後、バリ島に寄り、

s-2007_0904yatugatake0075.jpg

そして、ふたたびのヨーロッパ

s-2007_0904yatugatake0022.jpg

白樺が点在する、木漏れ日の揺れる雑木林の散策路を廻った後、

s-2007_0904yatugatake0093.jpg

各地からお取り寄せのメロン、りんご、イチゴ、キーウィー、オレンジがたっぷり入ったフルーツティーをいただき、

s-2007_0904yatugatake0111.jpg

感動の味です。砂糖が入っていないのにうっとりするような甘さの紅茶を最後の一滴までしっかり味わいました。

s-2007_0904yatugatake0062.jpg

甲斐の国、八ヶ岳南麓
頭の中では、千住明氏作「風林火山」のテーマ音楽が鳴り響く、
無国籍の素敵な旅でありました。

s-2007_0904yatugatake0023.jpg

最後にメルヘンの世界にも誘われてしまいました。
「この世でいちばんすきなのは
お料理すること 食べること」
ぐりとぐら、いつの間にか名言を残していたんですねぇ。

上から、
ペンション ブロッサム
最高のホスピタリティあふれるサービスと快適な施設でした。

ウィークエンドギャラリー夢宇(ムウ)
夢宇谷にある不思議空間。ものづくりワールドに引きこまれます。店内はちょっと薄暗いけど。

八ヶ岳倶楽部あっという間に半日ぐらい過ごしてしまう驚きの柳生ワールドでした。夏の終わり、ほかの施設や道は閑散としているのに、なぜかここだけ次々に人が…。
素敵な人とモノにも出会いました。

フルーツティー
八ヶ岳倶楽部の自慢の一品。某老舗ホテルがお願いしてメニューに加えさせてもらったものの、同じ味が出せず断念したとか。
本物の強さをしっかり味わいました。

もりもと
ぐりとぐらの言うとおりのお料理をいただきました。

s-2007_0904yatugatake0116.jpg

お見送りはカエルの王様でした。
お姫様(女王様?)は大満足でございました。

posted by 風土倶楽部 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック