2007年11月01日

経営者の役割

10月下旬に予定していた「りんご」の今期発売開始がどんどん延びていて、経営者(責任重い響きです)としては、もう毎日、相変わらずドキドキ状態です。

早くにご予約いただいていた得意先に一昨日、ようやく第1回目の出荷ができたものの、後が続かず、三鷹本店(一応、本店です)では、販売開始のメドがまだ立っていません。たぶん中旬以降です。

限りあるものって、やはり大変です。
このところ偽装表示問題が噴出しているけれど、大量に動かしていて、きちんと同じ原材料が揃って、おまけに消費期限を守ってなんて、本当にできるのかいな、と食品加工に関われば関わるほど、???マークがいっぱい出てきます。

食べ物を工業化しないとできないこと。
でも、そこで失われるものがたくさんある。
いつでも、どこでも、いくらでも、おまけに安くなんてことが続くわけないのですね。

とはいえ、待たせ続けているりんごちゃんはもうちょっと「どげんかせんといかん」です。
でも、どうにもならない。
焦るのは、経営者一人のみ。
私がりんごを栽培するわけじゃないし、
りんごをおいしく加工するわけじゃないので。

まあ、どーんと構えているしかないですね。
そうか。どーんと構えて、お得意さんたちに説明責任を負っているのが私の役目なわけ、ね。

仕事で長野市へ。
長野市初訪問だったのに日帰りしなければならず、
善光寺が…、
小布施が…、
栗が…
と後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

JAさんがらみのお仕事だったのですが、悩みがふかーいことを実感。
地元学的にいえば「がらがらぽん」しかないんですけれど。
原点に戻る、言うは易し、行うは難し、です。

でも、それしかないと思います。
食品業界も、JAも、建築業界も、日本も。
ラベル:りんご
posted by 風土倶楽部 at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あさださんも、
社会的企業家さんなのですね。
かっこいい!
農と人をつなげる、
ソーシャルアントレプレナーとして、
期待しています。
Posted by たにぐち けいじ at 2007年11月03日 00:38
あ、ありがとうございます。。。(テレちゃうなあ…)

本日も、お得意さまから、新しくオープンするお店にも入れてくださいとご連絡がありました。そこで遅れている理由をご説明したところ、ご理解いただき、待っていますよと言っていただきました。お客さまからは、「楽しみに待っていますよ」とメールがありました。本当にありがたいことです。

育てる人、つくる人、売る人、買う人、食べる人、使う人、みんなが笑顔になれるモノでつながっていきたいですね。

たにぐちさんとも、これからますます関わりが出てくるようになればいいですね。
Posted by あさだ at 2007年11月03日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック