2007年11月17日

ワイナリー ココファームの収穫祭にはヒントがいっぱい!

足利市にあるワイナリー ココファームの収穫祭に行ってきました。

s-2007_1117cocofarm0037.jpg

軽快なジャズのライブ演奏がワイナリーに満ち溢れ、人もあふれていました。
とにかくスゴイ人、人、人。
17,18日の2日間開催で約2万人が訪れるそうです。
11月、12月でほぼ年間売り上げの半分を占めるというから、この収穫祭は同ファームにとってはとても重要なイベントです。


s-2007_1117cocofarm0004.jpg

施設の子どもたちも、お出迎え。

とってもおしゃれ。
来客は、思い、思いにブドウの木の下に陣取って、音楽とワインと食事を一日楽しみます。
2000円の入場券には、ワイン1本とワイングラス、ワインオープナーがついています。

s-2007_1117cocofarm0008.jpg

スパークリングワインの場合は、また、あらたにワイングラス付きのお値段になります。このワインは、2000年の沖縄サミットの晩餐会の乾杯用のスパークリングワインに選ばれたもの。おいしかったです。

ワインを飲んで、屋台であれも、これもと食べて、おみやげにお菓子やら、ワインやらを買い込んだら、一人軽く1万円以上になります。でも、そんな無粋は計算をすることもなく、みんな、のんびりワインを楽しんでいました。

ワインは、とにかく美味!
ほんと、おいしいです。
つい、飲んじゃいます。

s-2007_1117cocofarm0003.jpg

難点はトイレ!
飲んだら、行きたくなるのは当然。で、長蛇の列となります。
もっともトイレだけではなく、屋台もおいしそうなものは30分ぐらい並んでいたけれど。

s-2007_1117cocofarm0046.jpg

ココファームの収穫祭の楽しみ方は、朝一番に乗り込んで、ワイナリーの中腹辺りに場所を取り、ゆっくり一日過ごすこと、のようです。もちろんみなさん、足利駅から頻繁に往復しているバス利用です。飲んだら、乗るな、ですから。
帰りはタクシーに乗りましたが、運転手さんのご機嫌なことこのうえなし!

それにしても、たくさん人が集まるところが好きな人が多いなあ。
今度は、週日のひっそりしたときに来てみたいものです。

s-2007_1117cocofarm0012.jpg s-2007_1117cocofarm0013.jpg s-2007_1117cocofarm0027.jpg s-2007_1117cocofarm0011.jpg

商売上手し!
デザインが洗練されているんですよねー。
つい手にとりたくなるし、買いたくなります。
見ていても楽しいし。

s-2007_1117cocofarm0030.jpg

実はここは福祉施設。
もとはこんな山だったのを開墾したそうです。
50周年を迎えました。

各地でこのシーズンに開催される産業祭も、収穫祭に名称を変更したらいいのに、といつも思います。
言葉を変えただけで、いろーんな可能性が出てくるのになあ。

s-2007_1117cocofarm0032.jpg

Stay with us and listen to the grapes grow.

【栃木の最新記事】
posted by 風土倶楽部 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック