2007年12月10日

かぞくのじかん第2号出ました

s-2007_0113ringo0001.jpgかぞくのじかん第2号(婦人之友社刊)です。
とても素敵な表紙です。
今回の特集は、子育て中の方のためのお料理指南です。



s-2007_0113ringo0002.jpg今回の「のんびり食べ物日記」は、東京朝市について書きました。
「ですます調」で書いているので、どこか借りてきた猫っぽい書き方になってしまい、自分としては座りごこちが悪いです。

食や農にあまり興味のない方、あるいはプライオリティの低い方にどうやって関心を持ってもらうか。
私の周囲の人たちは、関心がありすぎるほどの人ばかりなので、書き始めると、つい共通言語で話をしてしまっていることに気づきます。

毎日、子育てに追われている人は、複雑にからみあった食と農の大きすぎる課題をゆっくり考えている暇なんてないだろうし、でも、子どもの食こそが一番大きな課題なのだし、
うーん、難しい。

筆力があるわけではないので、自分なりのスタイルをどう確立するか、
手探りが続きます。
書店で見かけたら、ご笑覧ください。
ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 11:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「かぞくのじかん」第2号をはじめて書店で見つけて
お手頃な価格と生活に密着した内容だったので
久々にウキウキした気持ちで買ってきました。

中でも、興味深かったのが「東京朝市」です。
写真や文章を読んでいるだけでワクワクしてきました。
東京から遠く離れた地に住む私としては
実際の東京朝市の雰囲気を味わくことはできませんが、
読み物で、こういうものの存在を知っただけでも、なんだか豊かな気持ちになりました。
子育て、真っ最中の人にとっても、
ちょっと現実から離れた話題って気分転換になると思います。
これからも、知らないものがたくさん見つけられて、ワクワクできる時間を与えてくれる本で会ってくれるといいなぁとおもいます。

がんばってくださいね〜。
Posted by ゆるたら at 2007年12月10日 14:37
ゆるたらさん
励ましのあたたかいコメントをありがとうございます。
そんなふうに読んでいただけたなんて、本当にうれしいです。
次号もがんばっちゃいます!
Posted by あさだ at 2007年12月10日 18:06
はじめまして!
先日通りすがりにこちらを見つけて、
昨日また、買ったこの雑誌でお名前を見つけてビックリ!

この雑誌、他の記事を含め、
いろいろと考えさせられる雑誌だな
と感じています。
これからもご活躍を期待しています!
Posted by momo at 2007年12月10日 22:52
momoさん
ありがとうございます。
読者の方と、こうして出会えるなんて、とてもうれしいです。
編集長にも伝えておきますネ。
Posted by あさだ at 2007年12月11日 00:28
生まれてまだ2号目の『かぞくのじかん』。
早速読んでくださって有難うございます! 
子どもを持つと、急に食べるものの素性が気になったりしますよね。

生協に入ってみたり、添加物の少ない食材を探したり。
そんなことからはじまって、だんだんに
日本の中で地道に食の安全や農の問題に取り組む人たちのこと、
市民から始まる小さなうねりにも目を向けられたらいいな、
と思って朝田さんにご執筆いただいています。

これからも、わくわくできること、モノを
どんどん紹介して頂こうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(かぞくのじかん編集部より)

Posted by SUMIKO ANDO at 2007年12月18日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック