2008年01月09日

新春神さまめぐり

じゃーん!

s-2008_0108izumo0022.jpg

じゃーん!

s-2008_0108izumo0021.jpg

じゃじゃーん!

s-2008_0108izumo0020.jpg

注連縄だけで、ものすごい迫力。
さすが大国主命パワーです。

というわけで、新年早々、出雲入りでした。
目的は、もちろん下北半島に続き、島根半島攻略です。

そして、これが平成12年(2000年)、発掘されたという3本柱。
s-2008_0108izumo0056.jpg

s-2008_0109izumo0002.jpg1本の直系が1.35mの杉材を3本1組にしたもので、約3mあります。
残された平面図(チラシの右にある赤い線が描かれた図)から推測すると、柱が直系3m、階段の長さが109mという巨大な神殿になるとか。
日本神話によると、大国主命が天津神に国を譲る代わりに建ててね、とお願いした宮殿ですもんねー。
常に表に残るのは支配した側の言い分だから、本当のところは謎です。

s-2008_0108izumo0069.jpgいろいろな謎とロマンを秘めた柱です。
出雲大社の隣にできた、それはそれはりっぱな島根県立古代歴史博物館にあります。
この博物館はかなり楽しめます。
5人の専門家による謎の古代出雲大社の推測模型や、年代を追って出雲大社の建築様式や周囲の自然環境の変遷を見ることができたりします。

今年は、年明け早々、なぜか神さまめぐりに突入。
日本は八百万の神々のおわす国なんですねぇ。

元旦には、恒例の西ノ宮市の広田神社へ初詣。
4日には、同じく西宮市の越木岩神社へ。
その名の通り、巨大な岩がご神体です。

s-2008_0108izumo0027.jpgそうそう、こちらは出雲大社のなかにおられた宇迦之御魂神、食と農の神さまで通称うかたまさまの御社です。
一応、ご挨拶しておきました。

あー、ついに神頼みの年かあ…。
といっても、お願いはせずに、パワーだけいただいてきたつもりなんですが、カレイなる日々で、パワー充電期間の短いことこのうえなし。
次はピラミッドにでも行かないとだめかなあ。
いや、その前に首相も小澤氏も行っていた伊勢神宮があるか。
それにしても、神さまはどちらの言い分をお聞きになるのかしらん。

日御碕神社にいたトトロの“ネコバス”

s-2008_0108izumo0001.jpg


ラベル:半島
posted by 風土倶楽部 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック