2005年10月08日

菱の実、ハスの実、オニバス、レンコン・・・

少し前になりますが、先月9月23日に新潟市の水の駅「ビュー福島潟」(新潟市役所 豊栄支所 文化振興課)主催で行われたシンポジウム「潟の食文化を語ろう」のコーディネイターとして呼んでいただきました。

福島潟は新潟県最大の潟湖です。このほかにも佐潟や鳥屋野潟があり、新潟市は水の都だともいえます。
13本の川が流れ込む福島潟からの水の出口はたった一本の川だったため、以前は腰まで水に浸かって水田を維持するような過酷な稲作栽培が行われていたそうです。一方、湿原では、菱、ハス、オニバス、レンコンといった植物が豊富に採れ、独自の食文化を育んでいったようです。画像は、ビュー福島潟からの眺めです。
fukushimagata5.jpg


今回は、ありがたいことに私にとって初物のオンパレードでした。まず、菱の実。こんなにたくさん形があって、指を差しているのが一般的な形だそうです。茹でて割って食べます。見た目はちょっとおどろおどろしいけど、クルミやブナの実ほどの脂肪分はなく、くせのない食べやすい実です。
hishinomi.jpg
オニバスは、茎の部分をこんなふうに汁ものに入れて食べることが多いそうです。見た目はレンコンと似ていますが、歯ざわりがまったく違っていて、繊維質で麩を固めにしたような感じ。たっぷり汁を吸ってくれるので、しゃきしゃきした歯ざわりを楽しみながらも、しっかり汁の味も味わえます。かなりいけます。ただ、普段は保全しているので、年に一度、この文化祭でのみ、食することができるものだとか。
onibasu2.jpg

onibas.jpg

ハスの実も初めてでした。これは生のまま、実の皮を剥いて、中の白い部分を食べます。見た目は青くさいイメージですが、食べてみるとこれもクセがほとんどありません。
hasu.jpg

そして、おなじみレンコン。でも、ここのレンコンはなぜかもちっとしていて、すごくおいしかったです。画像は、地元でイトコ煮と呼ぶレンコンと小豆を煮込んだお料理。私が食べたのは砂糖で甘くしたものでしたが、塩味にする人もいるそうです。どこが「いとこ」なんだ?と地元の人も食べながらお互いに言い合っているのが可笑しかったです。
fukushimagata6.jpg

毎年、行われているこの「福島潟自然文化祭」では、夜、この潟に飛来してくるオオヒシクイの羽を広げた形に4000個の蝋燭に火を灯します。
sukushimagata3.jpg

それだけで充分に息を呑む美しさですが、潟の桟橋ではコンサートが開催されます。今年は、佐渡の鼓童の笛の奏者山口幹文氏による演奏が行われました。葦の広がる湿原に笛の音が静かに流れ、心を和ませてくれるすばらしいひとときでした。
fukushimagata2.jpg

ビュー福島潟は、市の運営によるものですが、同時にこの湿原の自然を守り伝えていこうというNPOの活動拠点でもあります。このイベントにも大勢の市民の方がボランティアとして関わっていて、みなさんがとても楽しんでいたことが印象的でした。

これだけの素敵なイベントです。もっともっと外部の人に宣伝したら・・・とつい思ってしまいますが、桟橋の周囲に思い思いに腰を下ろし、ゆったりと笛の音に身を任せている人々を見ると、まずは地元で楽しむことがやはり一番大切なことなんだと実感。
因みにこのコンサートは無料。感激したら、感激料を気持ちだけ払ってね、と途中の道に箱が置いてあるだけでした。

夜も更けて、ボランティアの老若男女、いろいろな業種の方たちが一堂に顔を合わせての打ち上げは、郷土を愛する人たちの笑顔がたくさんあって、胸を熱くするものがありました。
みなさん、どうもお世話になりました。ありがとうございました。(あ)
fukushimagata4.jpg
ラベル:食育 食文化
posted by 風土倶楽部 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(3) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

木曜 企業理念 うう硬いな・・
Excerpt: 画像は日曜に磨崖仏の茶店で入手した苦逃幸来鬼(クニサキオニ)国東半島のクニサキをもじったの?。 北海道のフクロウの不苦労や、下関のふぐをふく(”ぐ”でなく”く”)と同じパターンです。 役の行者の建..
Weblog: 備忘録 ランダムウオーク
Tracked: 2005-10-29 11:33

11月16日(水) 新潟県新潟市 小松隆宏 「福島潟の一日」
Excerpt: <B>オオヒシクイの横顔</B> 今日は、福島潟の野鳥を紹介します。第1回で紹介したオオヒシクイの横顔です。大好物は、ヒシの実です。皆さんはヒシの実をご存知でしょうか。池や沼に生える水草で秋に菱形の硬い実をつける植..
Weblog: 今週の私
Tracked: 2005-11-18 08:11

いやげもの(?)from 台湾【不気味な実とマンゴーチョコレート】
Excerpt: ★年末年始休みを台湾出張で台無しにしたオットが帰国。私が毎回「マンゴー、マンゴー!!!」と騒ぐので、今回はブランニュー土産【台灣風情芒果功克力】を買ってきた。ドライマンゴー入りチョコレートである。それ..
Weblog: 湘 南 く い だ お れ ー
Tracked: 2006-01-05 02:18