2008年01月30日

宝島「倉橋」で見つけた宝石のような石地みかん

倉橋島で出会ったKさんいわく、
「ワシもつくっている石地(いしじみかん)は20年前ごろに発見された突然変異のみかんで、それを増やして、この辺りだけでつくっているんだ。」

名前は、発見し、育てた石地さん由来。
「長期間置いておいても皮が浮いてこない。
糖度はものすごく高いわけではないけれど、味が凝縮されている」

「一粒食べたら、また、一粒、そして、また一粒・・・とやめられなくなるおいしさなんだよ」

そこまだ聞かされたら、「た、たべたいですぅ・・・」と私。

「ん、じゃあ、あげるよ。待っててね。うちに取りに行ってくるから」

「うちまで車でお送りします!」と叫んじゃいました。

本当にKさんの言葉通り。
ちっちゃいけれど、皮が薄くて、味が濃縮されたみたいに濃くて、おいしいのなんのって!

みなさん、いしじみかんを見かけたら、絶対「買い」です!
あまりたくさん量はないみたいだけれど。

s-2008_01280801260015.jpg

ラベル:半島 地域資源
posted by 風土倶楽部 at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買いです!!
お隣、江田島に我が家のお友達、といっても大先輩なゆかいなオジサマがいまして、江田島みかん送っていただきました。
おいしい〜!!
瀬戸内=柑橘系はイメージしてましたが“みかん”は忘れてました。
おススメ「いしじみかん」さぞ美味しいことでしょう。ぜひ食べてみたいです♪
Posted by kicco at 2008年01月31日 09:22
こんにちは!
そうなんです。本当においしいみかんなんです。
こんな出会いが一番楽しいですよね!
愉快なKさんは地元のボランティアガイドさん。次回はゆっくり案内してもらいたいです。
Posted by あさだ at 2008年01月31日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック