2008年02月14日

「ちりとてちん」、落語に目覚めさせてくれて感謝!

昨夜、「ちりとてちん」に深はまりと書いたら、早速、Aさんからいろいろな情報をもらいました。

面白いものやことに出会えるというのは幸せなことやわぁ。
ミツバチとハチミツの面白さを知った途端に新しい世界が目の前に広がっていったし。

落語の深みに今はどっぷりはまりたい気分。
「おかしなヤツが一生懸命生きているのほど、面白いもんはないー」いうセリフにノックダウンです。

時を越えて伝え続けてこられた落語という文化の中に潜む真髄を
「ちりとてちん」は毎朝、笑いと涙とともに届けてくれてます。

最近、関西弁がほんま心地ようて。
先祖返り中。

「関西人の女は生まれたときから、からだの中にちーちゃいおばちゃんがいてる。
それが年々おおきいなってくんねん」
とは、仕事仲間の大阪出身のN氏のお言葉。
いや、ほんま、そのとおりやわ。

カレイなる日々のカミヌマ・エミコ化は進化やと思いたい。
(それにしても、最近、カレイなる日々のネタが多いなあ)


posted by Luna at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は「はじめまして」とは思えないノリに楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。
ここにも「ちりとてちん」信者がおりますよ。
若狭の「ど真ん中関西人」ではない「日本海」を感じつつでも西の人という気配に通ずるものが…。
家族全員つっこまずににはいられない。
保護者会でさえオチ狙いしてしまう。うずうず。でもはずす。
「文章が変わっている」といわれるのですが 最近やっとわかりました。
どうも落語口調にそろえたくなるのですね。(苦笑)
あとしばらく「ちりとてちん」にひたりたいと思います。
またお会いできること楽しみにしております。
Posted by kicco at 2008年02月14日 09:48
自分で自分につっこみ入れてます。
今朝も、ちりとて、涙!でございました。
明日以降がちょっとコワイです。

今度はちりとて談義でも!
Posted by あさだ at 2008年02月14日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。