2005年10月21日

第3回ニッポン食育フェアは2006年1月14,15日開催

昨日は、農文協で第3回ニッポン食育フェアの打ち合わせをしました。
次回は2006年1月14,15日の土日に、いつもの有楽町国際フォーラムで開催されます。

は、はやい、はやすぎるぅ!
この間、終わった!とみんなで抱き合って喜んだのに、もう1年が来ようとしている!
いつも終わったときは来年こそもっとうまくやるぞ、いろいろ企画を今から練ろう!と思うけど、結局、あれっ、もう10月も終わる・・・と今ごろから焦りまくることになります。
第3回目はますますバージョンアップするようで、会場は昨年の「60社・団体 3000u」から、「100社 5000u」になります。
昨年が第1回目の1・5倍、来年はその1.7倍ほどになるというわけ。
入場者数は、1回目が17,000人、2回目が25,000人、3回目は30,000人が目標とのこと。
農文協さん、やるではないですか!
今年のフェア全体のテーマは「つなげよう食の知恵 伝えよう食の技」です。

私たちは各地の仲間たちの「これは!」という商品を集めた「風土倶楽部」を引き続き出店の予定。今年のフェアでは完売続出。来年もがんばらなくっちゃ。
今年は通路が狭かったので、お客様が殺到して、かなり危険な状態のときもありましたが、次回は通路を広くとり、かなり余裕の会場づくりがされるようです。

LJ21では風土倶楽部の出店に加えて、農文協さんから「大人のためのワークショップ」のコーナーを担当して欲しいとのことで2日間、8コマ、企画協力させていただくことになりました。
すでにほぼ参加団体も決まりつつあります。
テーマは、まだ仮題ですが「四季を楽しむ日本の味」
香りも色も、そして器まで含めた日本の味を伝えることができればいいなあと考えています。
まさに「大人のための食育」なのです。

14日には、おばさまに人気の大物ゲスト(ヨン様ではないです。日本のお方です)の訪問もウワサされており、またまたにぎやかなフェアになるものと思われます。
また、逐次、情報はこのコーナーで掲載しますね。

ボランティアの助っ人、募集中です。
ラベル:食育 風土
この記事へのコメント
> ボランティアの助っ人、募集中です。

終日は無理ですが、土日ならお手伝い可能です。
狙っている買い物があるし・・・。


Posted by あずま at 2005年10月21日 16:36
ありがとうございます!
では、よろしくお願いします。
狙っている買い物とは・・・こっそり教えてください。
Posted by LJ21 あさだ at 2005年10月21日 17:00
トーフ! トーフ!!
片品の美味しいお豆腐と豆乳です。
売切前にちゃんと買っておかないとね・・・。

特に、あの濃厚な豆乳を飲んでからは、他のは薄くて頼りない感じがします。

味を思い出してしまったせいか、ちっともこっそりになってないでないか・・・。

Posted by あずま at 2005年10月23日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京で「ニッポン食育フェア」開催
Excerpt: 今朝の南日本新聞に、この記事見つけました。 鹿児島から「かごしまの食を語る会」顧問の 八幡正則さんが「地産地消を守る桜島大根」と題して講演し、 桜島大根や桜島小みかんを次の世代に残していく大..
Weblog: 鹿児島で暮らす
Tracked: 2006-01-15 10:45