2005年11月01日

せめてアメリカ産って表示をきちんとしてねっ!

いよいよ12月にアメリカ産の牛肉の輸入再開、ですねぇ。
10月半ばにNPO法人日本オーガニック検査員協会(所在地:東京、理事長:水野葉子、通称:JOIA(ジョイア))が開催した「有機畜産物そして有機食品の今後の動向」シンポジウムに参加してきました。
有機畜産物のJAS規格が今年10月末ごろに告示され、来年2月以降あたりから商品が流通を始めるということから、有機食品検査の第一人者であるジム・リドル氏がアメリカより招聘され、開催されたというわけです。

アメリカでのオーガニック製品の売り上げは、食品全体の1〜2%で、米国農務省のオーガニック製品に対する予算額は全体の0.01%にすぎないそうです。ヨーロッパでは、多くの予算を使い、今では全体の10%がオーガニック食品だとか。

牛肉が食生活に欠かせないアメリカで、なぜ、牛肉の安全性についてもっと盛り上がらないのかということを聞きたかったのだけれど、お話の内容は有機畜産の検査がいかに大変かということでした。牛の状態を見るだけでなく、生き物調査、畜舎の上京、搾乳の状態、加工場のチェック、タンクローリーの管理、処理場で区別されて管理されているか、屠畜の様子などなど。
成人病が多くて、さすがのアメリカでも最近は以前ほどギトギトこってり系ではないそうだけど、やはり肉類中心の食生活だろうから、家畜の数も半端じゃないだろうし、チェックするのは容易じゃないとは想像できます。

が、だからこそ、きちんと個体識別のシステムを導入してほしいと願わずにはいられない。
リドル氏によると、テストされる頭数は全体の1%に満たないし、血液、血漿などは飼料に加えられているといい、アメリカの牛肉生産での規制の足りなさを懸念しているとのこと。それってほとんど、検査なんてもんじゃないじゃない!と思わず叫んでしまいそうになる。

まあ、私はアメリカ産の牛肉を食べる気はさらさらないけど・・・が、外食や加工品はどーするのだ?
なるべく牛肉を食べないようにするしかないか。育ち盛りじゃないから、あんまり必要じゃないし。でも、育ち盛りの子どもを持っている人は心配だろうなあ。給食には表示の義務もないし。

やはり国産にがんばってもらうしかないかあ。
日本での有機畜産の難しさは、飼料を国内でほとんど賄っていないこと、放牧のスペースがないこと、などだ。しかし、ゲストの一人農水省の担当官によれば、すでにいくつかの畜産農家がJAS規格の取得に名乗りをあげているそうだ。

規格がすべてを解決するわけではないけれど、今回のJASの改正で有機畜産物に関心をもち、畜産の現場を知る機会や人が増えれば、それなりに意義のあること。
農業の現場は、身近にあるけれど、畜産の現場は多くの場合、畜舎の中であり、その中で何が行われているかわかりにくい場合が多い。
生き物が生き物らしく飼われてこそ、私たちの健康を維持する食物を得ることができる。

売る側は、表示をし、選択できるようにすること、一方で買う側は自分の頭で考えるための情報を自分できちんと集めることが重要。そんな時代なんですよ。
私たちは何を食べているのか。からだを作っているのは毎日の食べ物なんだから、敏感になりたいですよねぇ。
忙しくって、そんなことじっくり考えてられないよーという地の声が・・・。でも、それが食をますます複雑化していく大きな原因の一つなんだけど。


farm.jpg
幸せそうな牛たちと、ファームの中を自由に走り回るニワトリたち。
青森県鯵ヶ沢町にて
ラベル:畜産 食の未来
posted by 風土倶楽部 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 食と農の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米国では鶏糞などをオーガニックと称して使うところもあるときいたことがあります。確かに肉骨粉も有機質ではありますが。恐ろしい話ですね。
といえば、日本もオーガニックをうたいつつ鶏糞を鶏に食べさせていたところがあったな。今はしてないだろうけど。なんにしろ飼料の全公開を頼みたいです。

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c35a71a82981c6c137518f281eb161c0
Posted by こんなはなし at 2005年11月09日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
Excerpt: ■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジ..
Weblog: BSE&食と感染症 つぶやきブログ
Tracked: 2005-11-09 13:42