2008年03月12日

いのちの食べかた

ドキュメンタリー映画「いのちの食べかた」を観ました。
原題は「OUR DAILY BREAD」 −私たちの日々の糧-です。

「食が工業化されて」と一言で片付けていた裏には、想像以上にいのちがとことんモノとして扱われている現実がありました。
「食」の不安は、「食を知ることでしか解決できない!
映画のコピー通り、私たちの日々の食卓を支えている大量生産の現場をただ、ただ、じっくりとカメラが見つめている、そんな映画です。
セリフは一言もありません。

冒頭生まれたてのヒヨコたちが、ベルトコンベアーに乗せられ、機械の中を通り、どんどん仕分けされ、予防接種をされ、送り出されていく。
冷たく硬い機械の上を転がったり、ぶつかったりして流されていくヒヨコを見ていると、子どものころに手にしたふわふわとしたやわらかな感触が思い出され、
「ああ、それはいのちでしょ。もっと大切に扱って!」と叫びたくなる。
が、そんな感傷はこの後に続く映像でことごとく吹き飛ばされていく。

牛や豚は生殖活動をコントロールされ、敷き藁を体に吹き付けられ、ニワトリたちは卵を産むだけの存在として暗く狭いゲージの中で一生を過ごし、
そして、最後は機械に乗せられて、順番に鮮やかに整然と処理されていく。
肉と化した瞬間に血も、内臓も、頭も、手も、足もモノでしかない。
いや、最初からモノでしかないのだから、血を流すモノに変わっただけ。

血がそこいら中に流れているのはあたり前、首は切り離され、豚の足なんか大きなハサミでちょんちょん女の人が切っていく。
豚足ですわね。
スプラッタムービーはかなり弱い私。
でも、目をそらすことができず、釘付け。
だって、これはつくりもののエイリアン襲撃じゃなくて、現実なんだから。
想像通りではあるんだけれど、現実は想像をあざ笑うものなのだ。

大量に栽培される農作物と、完全防備で薬を蒔く人々、黙々と機械の速度で収獲をこなす人々もカメラは見つめる。
時折、その現場で働く人の休憩時間に食事をとるシーンが流れる。
黙々と、淡々と。特別なことはなにもない。
これが大量に、効率よく、清潔に、低コストで食べ物を生産するということ。
これが食料生産のグローバルスタンダード。

私たちのいのちがこのすべての農畜産物と人々によって支えられている。
その現場はいいとか、悪いとかをすでにはるかに越えてしまっている。
シーンによってはホラー映画やSF映画のように見えることもある。
見ている間中、なぜかしきりにキューブリックの「シャイニング」が思い出された。
少しずつ狂っていく主人公のように、私たちはもう引き返せないところに来てしまったのだろうか。

いのちの尊厳を無視したところに人類の未来があるのだろうか。

ないだろうなあ。

BSEも、鶏インフルエンザもその逆襲の始まりなんだろうし。

そんなことをずっと考えながら観ていました。
人間の業の深さに人は抗えないものなんだろうか。

メタボでお悩みのあなた、この映画をご覧になれば、牛さんの切ない眼差しを思い出して、食事の量が減っていいかも。
あ、そうか、食べものは残してはいけない!とますますきれいに食べちゃうかも、か。


ラベル:食の未来
posted by Luna at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

いのちの食べかた、しっかり見てきました
Excerpt: いのちの食べかた原題:OUR DAILY BREADを見てきた。最近まれに見るすばらしいドキュメンタリーだ。ぜひ多くの人達に見てもらいたい。
Weblog: 札幌生活
Tracked: 2008-04-10 17:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。