2008年04月22日

豆で遊ぶ マメに遊ぶ

今日は、もっとも最初からの風土倶楽部サポーターズの一人であるYさんのアレンジによる「在来種のお豆たちをイタリアンでおいしくいただく」の巻でした。
ドジな私はデジカメを持参するのを忘れてしまい、貴重なお豆料理の数々のショットを逃してしまった・・・あー、ドジ!

パッソ ア パッソの有馬シェフによる華麗かつ見事なお豆料理の数々を堪能しました。
食べながら、たまにはきちんと衿をただして、本当のプロがつくる料理をいただいて、勉強しなければなあと思った。
バターを多用せず、お豆の味をうまく生かしつつ、変化に富んだお料理と味に酔いました。
このところ気になっている燻製も出てきたし。

有馬シェフいわく、
「私たちは生産する側からいえば、いいとこどりなんです。でも、一番おいしいものだけを選んで使うのではなく、旬も、最盛期も、終わりごろもそれぞれおいしく食べられるようにしてこそ、プロの料理人」との言葉に感銘を受けました。
今度、あこがれの“走る豚”さんのお肉をお料理してもらおうかなと考え中。('・ω・`) さん、いかがでしょう。

2008_0422mame0006.JPGお豆は、同席したべにや長谷川代表取締役の長谷川清美さんの会社で扱っている北海道の地大豆たち。
実は先日、アースデイ東京にも出店されていたので、私はブースで早速、貝豆のディップなるものを購入。
こういうものに出会うとビビッときて、即決です。

e-2008_0422mame0003.jpg

これがウワサの貝豆。白いのは手亡。

さて、おいしいものも食べたし、そろそろ原稿にとりかからねば。
まずはお豆について。
そう、今回のお題はお豆なのだ。はあ。
また、大掃除したくなってきた。

ラベル:
posted by 風土倶楽部 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も冷蔵庫掃除しちゃいました。
いつもながら、突然です。
梅雨前に良いかと。
豆ネタ頑張って下さい。
西国分寺のまめカフェさんにはもう行かれましたか?
Posted by mammaya at 2008年04月23日 17:40
お!ご無沙汰です。
まめカフェ情報、ありがとうございます。早速、ブログを訪問。この日替わりがとても魅力的です。行ってみます。
ごっちゃんもカフェをオープンとか。
カフェって、小さな環の中心になりつつありますね。
Posted by あさだ at 2008年04月23日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック