2008年04月24日

畑にへんしーん!

第1回三鷹農クラブ(安易な名称で落ち着きそう)のクラブ活動により、めでたく花壇(?)が畑に変身した。

e-e-e-2008_0405kata0003.jpg



e-2008_0424nouclub0013.jpg

アイビーと雑草には泣いてもらう結果になって、ちょっと心が痛んだけれど(役立つか、かわいいかというのが生き残る基本なのだ)、はいでみれば畳1畳どころか2畳分はたっぷりのスペース。

料理用トマト、大豆、インゲン、バジルなどのハーブをとりあえず植えてみた。
さて、さて、どんな畑に成長するか。
はたまた虫たちのお遊び場になるか。
周囲には、おいしそうな野菜なんてないからなあ。

e-2008_0424nouclub0003.jpg

当クラブ最高顧問のハセガワ・パパは、今や瑞穂町近辺では「お父さんのバラ園」でかなり有名なお方。
次回のクラブ活動では、バラも、この畑舞台に主要キャストとして登場することに。

後はきっかけになったゴーヤをどう登場させるか。
このスペースにゴーヤは果たしてつるを這わせることができるのかが大きな課題になっている。
網をかける場所がないのだ。
グリーンカーテンになるゴーヤが主役の舞台だったんだけれどなあ。
というわけで、とりあえず主役の場所には、退場間近のパンジーがおります。

e-2008_0424nouclub0006.jpg

「もっと腰を入れて!」
たったこれだけのスペースでも、土ならしは大変。
収獲の日を夢見るクラブ員たちは現在のところ4名。

そのうち、最高顧問の本拠地である瑞穂町(東京都です)の本校でちゃんと研修会をしてもらう予定。
ラベル:三鷹
posted by Luna at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 三鷹の二坪畑のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック