2008年04月28日

おいしいものに遭遇すること多しのGW

いや〜、世の中には“うめもん”がいっぱいある〜!
やはりスローフード2008でゲットした焼き昆布にはまりまくり。
e-2008_0427plaza0024.jpg北海道尾札部産の真昆布をゆっくり焙煎したもの。
パリパリしていて、お仕事しながら、テレビをみながら、本を読みながら、つまむのに最適。
カップに入れて熱湯を注いで、お気に入りの塩をほんの少し入れるか、梅干しを入れたら極上の昆布茶。
難点はやめられなくなること。
りんごちゃんに似ている・・・。
首都圏ではまだ販売されていなとか。
風土倶楽部でやるかなあ。

昨日は山梨県上野原にある戸塚醸造店を訪問。

e-2008_0427yamanashi0007.jpg甕仕込みの極上のお酢だった。
お酢といえば、関西以西の方がいろいろあるので、
山梨にこんな優れものがあるとは驚きです。
なんと醸造家になって8年、先代が初めて20年の蔵!
すでにスロービジネスの奥義をかなり極めておられる。

米酢はもちろん、驚かされたのはものすごい可能性をもった「桃の酢」
桃のジュースと米酢の絶妙のブレンドにうなりました。
新しいお酢の世界が広がりそうです。
元銀行マンで醸造家8年目の戸塚治夫さん(38 若い!)はかなりのセンスの持ち主。
課題は価格。

山梨県といっても、三鷹から中央線で1時間足らず。
最近、中央線沿線、多摩地区に人脈が広がりつつあって、楽しい。
ちょっと広範囲するぎるけれど、そこは首都圏だから仕方がないとして、やはり地元っていいなあ。
いろいろなつながりが出てきて、初めて住んでいるという気分が味わえるようになりつつある8年目の三鷹暮らし。
何事も10年ぐらいはかかるものなのね。

もちろん各地のみなさんとも相変わらず仲良くさせていただいている。
一昨日の夜には久しぶりに宮崎の郷田美紀子さんと電話で話ができた。
お互いに連絡しあっていてもいき違ってしまい、急ぐわけでもないと2ヶ月たってようやく。
お互いにあれやこれや考えることが多すぎるからねーと。

オーガニック郷田でりんごとシリアルを置いていただけるとのこと。
九州一号店でーす!
最高の場所で九州初上陸を果たして、私は最高にうれしい!
なんといっても私の原点は綾町、郷田實さんなのだから。


posted by 風土倶楽部 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック