2005年11月21日

次回の食話会は、体にも自然にも良い「お酢」です!

めっきり冷え込んでまいりましたが、風邪など召されていないでしょうか。健康はやはり食べ物から。日ごろから体に良いものをいただきたいものです。

さて、次回の食話会は、マルノウチカフェにて。Mind the gap#3 ヴィネガーヘルスケア〜酢から知る 自然のこと からだのこと〜。(12月1日午後7時から)

講演いただく飯尾さんは、昔ながらの製法で最高級品のお酢をつくる飯尾醸造(京都府宮津市)の五代目。
飯尾醸造さんは、どっちの料理ショーにも数回登場し、雑誌にも多数取り上げられています。渡辺真里奈さんの本「甘露なごほうび2」や、宮本輝さんの新書「にぎやかな天地」では、発酵食品を取材する主人公が訪れ、飯尾さんの酢造りを描いています。

原料の米づくりにもこだわっていて、昔から丹後半島の山奥の棚田の米を使っていらっしゃいますが、現在は耕作する人が少なくなってしまい、その棚田を守るNPO法人里山ネットワーク世屋の理事もやっていらっしゃいます。写真は昨年の秋に現地にお邪魔したときの写真。奥に見えるのは、宮津湾。なんともいえない絶景に感動する一方、このような場所に棚田を営み続けた先人にも頭が下がりました。
hny_school 044s.jpg

飯尾醸造さんは米酢だけでなく、さまざまな果実酢をつくっています。当日は、いろいろな種類のお酢のティスティングや、シークレットカクテル(!)を出してくださるそうで、事務局も楽しみです。飯尾さんの昔ながらのお酢づくりと原料にかける情熱や、体にやさしいお酢についてなどなど、盛りだくさんの会になります。ぜひご参加ください。
vinegar 003s.jpg

なお、五代目が書いていらっしゃる「酢を造るといふ仕事」というBLOGはとてもお勧めです。お酢やおいしい食べ物についての情報満載!こちらのほうもぜひご覧ください。
ラベル: 食育
posted by 風土倶楽部 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック