2006年12月16日

鳥取紀行その5 羨ましい水使い

シリーズでお伝えしている鳥取県鳥取市上地地区の暮らしの風景、今回は「水使い」です。

yousuiro.jpg集落の中を用水路が走り、水がかなりの勢いで流れています。
深い山を背にした地区ならではです。
この豊富な水が段々畑や棚田を可能にしています。


waji5.jpg


mizutukai.jpgこの水路を止めると・・・
水路にどんどん水がたまってきます。




mizutukai2.jpgあふれてきます。





mizutukai3.jpgやがて道を伝って落ちていき、ごく浅い川のような状態になります。
さて、これは何のためにやるのでしょう。


続きを読む
ラベル:地域調査 地元学
posted by 風土倶楽部 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

鳥取紀行その4 大豆とドジョウといのししの深い関係

昨日の続き。本日は食べもの編です。

yamabudo.jpg

初めてみました。
まさき」といって、山ぶどうの葉を干してたたいたものです。
くず米を粉にして、「まさもち」を作るつなぎにしていました。
中にはサツマイモやかぼちゃ、あずきなどを入れたり、味噌をつけて食べたとか。
浜の方に持っていって売っていたこともあったそうです。

もしやと思い、岡山県奥津町のお仲間がまとめた食の資料を引っ張り出してみたら、ありました!
山菜のキクバヤマボクチや山ぶどうの葉を同じように綿状にして、餅とつくときに茹でて混ぜてつくとあります。
かの地ではぶどう餅というそうです。
東北では聞いたことがなかったです。

ぶどう餅で検索してみたら、ぶどうの粒のカタチを指していたり、ワインが入っていたりで別物。
ぶどう餅と「まさもち」、かなり気になります。


続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

鳥取紀行 その3 砂丘より魅力的なものだってあるもん!

おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワク感のある集落発見!
もう、お宝だらけですごいです。
思わず仕事を忘れて、いえ、仕事に熱心なあまり写真を撮りまくりました。

という私の興奮をよそに、案内役の地元の谷口徳五郎さんは「毎日見ているものだから、そんなこといわれても、わからんわなあ。なにがええんかようわからん」と何度もおっしゃっていました。
仰せごもっともです。あたり前のことってそういうものです。

相変わらずお天気オンナの私です。
地元の方いわく「最近では最高の天気」に恵まれました。
すべては普段の行いです。

錦秋の世界です。
waji.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

なぜか砂丘に行き着けない鳥取紀行 その2 空港で見つけた砂たまご

鳥取といえば砂丘!だということで、今年2月に行ったときも「さきゅう、さきゅう」と心の中で唱えながら行ったけれど、時間がなくて断念。
今度こそと密かに期待。おまけにちょうどライトアップしていて、イルミネーションがきれいらしい。

むかーし見た映画の「砂の器」に出てきた砂丘を彷徨う親子の映像、そこにかぶるドラマチックな音楽が忘れられない。

が、またしても砂丘に届かず・・・
早くついてしまった空港の売店でうろうろしていたら、こんなのを見つけました。

sunatamago.jpg砂たまご

砂丘の砂で、和紙でくるんだ放し飼い卵を高温で温めたゆで卵らしい。

せめて砂丘にはいけずとも、これで砂丘をしのぶか、と購入。

sunatamago4.jpg中が気になるでしょ?



続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

おいしいもの見つけ!初めての鳥取編

初の鳥取上陸。東京からなんとフライト時間は約1時間。近し!
武蔵野市が市民交流をしているのもうなづける。エア代は高いけど。

快晴!
uomidai2.jpg

こんな日は珍しいといわれました。春みたい。
私って、実は晴れ女。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする