2009年02月22日

クマのコドウが聞こえる…

東紀州方面には、どうしてこうもIターン、Uターンが多いのか。
だいたいIやUターン者は探さないといない。うまく出会えないと出会わないのが普通。
ところが、この地域ときたら、会う人の半分近くがIやUばかり。
これはいったい何が起きているのだ…

一応調査なので、なんかここが気になる…という勘に頼り、ダーツの旅のようにえいやっと行く場所を選ぶなんてことは許されないわけで、日本全国の旧市町村単位の膨大な数字と格闘しながら、結局、なんか匂う…と選んだ熊野市、御浜町、紀宝町、那智勝浦町はドンピシャリで、相変わらず勘は冴えてるなあ、なんて自画自賛。

さて、これをどう報告書にまとめるのやら。タイムリミットはそこまで来ているのに。

正味3日間で約50名ほどの方にお会いし、お話しさせてもらいました。
それにしても、魅力的な方が多いこと!
みんな熱い!そのくせのんびりもしている。
住んだら、それはそれでいろいろ大変なんだろうけれど、なんだかよいところだなあ…ととっても興味深い地域です。

なぜこんなに大都市圏から遠く離れた地域なのに人口減が少ないのか。
その謎に迫るサスペンスな旅。
結末は。。。いやー、面白い!
現実面と本質面の融合とでもいいますか。
歴史とか生活文化がものすごく深くからまりあうとでもいうか。
詳しく書いている暇がないので、また、飲んだときにでも。

このポスターも、気に入りました。
JRの熊野古道の観光用ポスター。

DSCF0971.jpg

要するにドキドキがないとだめなんよね。
熊野には気が満ちている。なんといっても日本発祥の地、ですもん。

DSCF1121.jpg

この獅子岩のそばにある「花の窟」は日本最古の神社といわれているところ。社殿はなく、高さ45mの窟(いわや)がそのまま御神体。その迫力たるや…。

クマノにドッキドキ!
posted by 風土倶楽部 at 00:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

すべては欲から始まる!?  第14回全国雑木林会議が無事終了

第14回全国雑木林会議が無事終了しました。
事前の打ち合わせをする予定で16日の夕方、同じくお役目を担った中村良三さんと赤目に到着したところ、スタッフのみなさん、目が宙をさまよっている状態。
なぜなら台風が来るということで、急遽、雨天に備えての会場づくりをすることになったため。
何時に夕食を取れるかわらかん!何時に寝られるかわからん!という切羽詰ったご様子でした。

台風も、会議も大丈夫かなあ…とこちらも落ち着かなく心配していたら、何事も案ずるより産むが易しで、翌朝は晴れ。午前中のオープニングは無事特設会場で開催することができ、午後には少し雨が強く降ることもあったけれど、18日は快晴でした。みなさん、本当にお疲れさまでした。

akame2.jpg
オープニングのトークセッション

会議は全国から250名を上回る熱い方々が参集。私は今回は「里山と食」の分科会土の巻と、「里山とみつばち」の虫の巻の2つのコマを担当することに。さすが忍者の里、人使いが荒いのです。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

赤目は美味しい

LJ21のみつばちプロジェクトの一環としてNPO法人赤目の里山を守る会主催、当方の企画協力で開催した「里山とみつばちの美味しい関係」が大好評のうちに終了しました。
このレポートは、みつばちプロジェクトのブログをご覧ください。

とにかく今回も美味しかった!
特に関西出身の私にとって、関西の味付けはやはり美味!旨い!たまらないです。続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする