2009年02月03日

こーらの葉と浮上お玉

丁寧に編んだ小さなわらじと、ミニの藁沓などをくださったのは土佐きくえさん。79歳です。
今、誰かに伝えないと…という思いでもってきてくださいました。
近くに住んでいたら、習いたいのになあ。

kora2.jpg

2008_0204kora0001.jpg

「手がきれい」というのはこういう細工のことをいうのでしょう。

kora.jpg

原材料は「こーら」というこの緑の草。抜いたら土の上に寝かせて、上から青草をかけて1ヶ月ほど置き、水で洗って天日で乾燥させると右のようにからからになります。これをかつては蓑にしたり、わらじにしたりしたそうです。
この乾燥した状態にしたら、30年たっても使えるので藁よりも丈夫とか。
かつては「こーら池」なるものもあって、かなり大量に使っていたこともあったようです。
こういうものをなんとか今の生活に活かせないものでしょうかねぇ。
一度習ったり、体験しただけでは忘れてしまう。使わないと伝わらないでしょ。

こんな草を使った生活道具を考えようというワークショップをデザイン系の大学などとコラボしてみたらどうなんでしょう。
益田市にはグラントワという全身石州瓦という美術館があるのだから、民具の展示とこれからの持続可能な民具づくりを企画するとか。
でも、売る側は日用品が30年も使用に耐えたら、困るのよね。。。

広島駅に向かう帰路にあった道の駅でこんなものに遭遇。

2008_0202otama0001.jpg

安芸太田町の戸河内刳物(とごうちくりもの)の唯一の後継者である横畠文夫さんという方による浮上お玉です。
鍋に浮かべるとそこから浮き上がることから浮上お玉と言われています。
サクラや朴の木を使っているそうです。
これは何だろう?今度、木工作家の木下さん(スプーンづくりの先生)に聞いてみようっと。
実は先生に次回のスプーンはお玉をやりたいとリクエストしていたのです。

こんなのを紹介したら、スプーンづくりにあこがれる女性たちにまたまた注目されて、私も欲しい!が始まっちゃいそうです。
どう?Yagiさん。納豆汁とかをかき混ぜるのを夢見ちゃうでしょ?
つくりかたの解説を見ると、大きいから多少道具は異なる部分があるけれど、いつものスプーンづくりと大きな違いはないみたい。

2008_0202otama0006.jpg

DSCF0898.jpg

さびれた道の駅の売店にこれが置いてあるコーナーを見つけたとき、私は興奮状態だったんだけれど、一緒にいた男性陣はまったく興味がなくて、中には「高い!」という人も。
スプーンづくりの大変さを知っている私にとって、2500円は当然の価格。むしろ「やったー!」と思ったほど。
時間がなかったのでとりあえず素のままのものを購入しました。
もっとゆっくり見たかったあ。
いつか見学に行きたいです。
購入時にもらったチラシにあった16年前に観光土産品として通産大臣賞を受賞したという記事によると、当時で56歳。ということは現在71歳!
ホームページによると、後継者がおられるとのこと。ほっ。
どうかみなさま、健康と車にくれぐれも気をつけてくださいね。

posted by 風土倶楽部 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

過疎地で事を起こす難しさ

久しぶりに出張で島根県益田市美都町へ。
今回は、国交省地域振興アドバイザーとして今年度3回目で最後の訪問。
つくづく過疎地で事を興す(起こす)ことの難しさを痛感しました。

りっぱな提言書もできたし、部会もある。地元を思う心も人一倍ある。でも、形にならない。一歩が踏み出せない。
ご一緒した二人のベテラン先生方が、丸一日かけて懇切丁寧にワークショップを実施したけれど、結果として新しい一歩は・・・親指が動いたぐらいかな。

一歩踏み出して失敗したらどうしよう。
たくさん引き受けなければならなくなったらどうしよう。
ただでさえ地域の行事で忙しいのにこれ以上は無理
エライ先生に起こられるからやらなくっちゃいけないのかな。
やりたい気持ちはいっぱいあるけれど、歳だし、体が言うことをきかない。
とりあえず困っていないから、これ以上、地域のことに首を突っ込みたくない。
何をやっても、そんなに状況は変わらないだろう。
なにからやったらいいかわからない。

いろいろなつぶやきが聞こえてきそうでした。
たぶん全国の過疎地で同じ状況でしょう。
限られたいつも同じ人たちで顔を突き合わせて協議していれば、どんどん発想は小さく狭くなっていくのが当たり前。
ワクワク感をどう醸すかが、私の役目なんだろうなあと思いつつ、力およびませんでした。

私ならどうするかなあ。。。
まずは情報発信の場をつくるかな。
ブログを立ち上げて、このあたりでは結いのことを「いい」というそうなので、「いいネットふたかわ(←地域の名称)」とでも名づけて、食、ものづくり、季節だより、石見神楽、といったカテゴリーでがんがん情報を出していきつつ、それらを味わえるイベントを単発で仕掛けていくかな。こういうことをわー、面白そう!と思う人だけで。それで取材しながら、どんどん参加する人を巻き込んでいく。
すばらしい石見神楽を見せてくれた子どもたちにぜひ、神楽のどんなところにワクワクするのかを発信して欲しいし。
そして、関係者、出身者、知っている人に了承を得て、メーリングリストに参加してもらい、メールでも発信していく。

あれっ、今、やっていることと同じじゃない。
そーです。お気づきになった方、さすがです(笑)
私はそうやって自分がまずワクワクして、一緒に面白いと感じてくれる人たちと出会うことが一番ワクワクすることなので。

二川の人たちが一番ワクワクすることが何なのか、最後までよくわかりませんでした。
報告会の終わりにはエライ先生の本を買って読みたいとか、講義を聴きたいという人がいて、勉強が好きな人たちなんだあ・・・。
そもそもこんなにたくさんの人が集まって、一つのことをやりましょう!と決めることって可能なのかしらん。
こういうワークショップをやったら、何が出てくるのかなと一番ワクワクしてみていたのは私かも〜。
過疎地に今、一番必要なのは、アドバイスする人ではなくて、一緒に汗をかく人なのでは?という気がします。

そういう人をどうやって見つけるの?といわれそうだけれど、そのためにあらゆることをしてみるしかないと思います。同じワクワクを共有できる人たちをその人たちのやり方で見つける。価値観とか、面白いと感じることは人それぞれに違うから。

最近、思うのは「時間」の残酷さ。
時は確実に刻まれているけれど、毎日はとりあえず過ぎていく。でも、2009年ももう1ヶ月過ぎてしまいました。
確実にやってくる少子化、高齢化の誰も経験したことがない社会はすぐそこにある危機です。
金融危機もある日、気がついたら始まっていて、未曾有の不況が押し寄せてきているでしょ。

石見神楽を一生懸命舞ってくれた子どもたちに、日本文化の底流をなす農村文化が輝くすばらしい一瞬を見せてもらい、胸が熱くなりました。このような輝きこそが豊かさの証拠です。こうしたものが私たち日本人にとって最後の残照とならないようになんとかしたいものです。

ところでおかげさまで今回も、ははーん、ほう!なるほど・・・といろいろ面白いものを発見しましたよん!
posted by 風土倶楽部 at 21:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

気になる米 その3 うずめめし

先日、再訪した島根県益田市美都町二川地区で「うずめめし」をご馳走になりました。

2008_1201mito0008.jpg

鶏肉、豆腐、にんじん、大根などの具の入っただしのきいたあんかけ汁の上にご飯を乗せたもの。
頂上には海苔とわさびが乗っていました。
あんかけご飯の和風逆バージョンみたいな感じです。

島根県山間部や津和野あたりの郷土料理です。
特産品のわさびをおいしく食べるためのものとか、
かつては贅沢を隠すために具をごはんの中に隠など説はいろいろ。
お会いした年配の方によると客人が来たときに出したということです。
今では、ほとんと食べないとか。

ネットで検索してみたら、忠七(ちゅうしち)めし(埼玉)、さよりめし(岐阜)、かやくめし(大阪)、うずめめし(島根)とともに「日本五大銘飯」といわれているとあります。五大って、誰が決めるんでしょうねぇ。

私がふと思ったのは、冷えたご飯をおいしく食べるための工夫なのでは?ということ。
温かい汁をかけて食べるとほっと和みますよね。
どうしてそう思ったかというと、かつては現代のように保温しておくことができなかったからです。

…ということで次回に続く。
タグ:食文化
posted by 風土倶楽部 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

気になる米 その2 焼き米

再訪した島根県益田市美都町二川を捉えなおす作業として、半日だけ駆け足で地元の方と一緒に4人の方をお訪ねしてみました。
やはりその地で生きてこられた大先輩たちのお話は興味深いです。いずれ何かの形になっていくと思うので、それはひとまず置いて、今回、とても気になったものがこれ。

2008_1201mito0011.jpg

焼き米です。
単にお米を炒っただけのものではなく、籾を流れる水に浸けて、4日目の夕方に水からあげて熱湯につけて一晩置く。
これですでに5日目!
それを蒸し器で蒸して、薪を炊いた釜で炒って、精米機でもみをはがすというとっても手の込んだもの。

棚田の一番上の水が冷たくて、育ちのよくない未熟米や、一度刈り取った後から出てきた米などを活用して、保存食やおやつにしたそうです。
一般的な食べ方は、熱湯を注いで、少し蒸らして、お茶として飲む。
塩を入れる派、砂糖を入れる派に分かれるようです。やわらかくなった米はもちろん食べることができます。玄米を手軽に食べられる面白い食べ物だと思います。

2007_0211kamogawa0069.jpg以前、千葉県鴨川で出会ったのは砂糖やあずきが混ぜられているおやつのようなものでした。かつてはどこでもつくられていたのでしょう。ネットで検索してみると大分や広島の村で商品化されているようです。

これをつくっているKさんは、このほか栃餅やわさびの醤油づけなどもつくっていて、道の駅や地元のお店に置いているほか、益田市のパンフレットなどに連絡先が出ているため、問い合わせも多く、直販だけで冬場の仕事として多忙を極めておられるそうです。材料は自生しているわさびや栃の実、米は自家製です。この収入だけで冬を過ごせるし、趣味の社交ダンスも楽しめるとのこと。まさに創造的な暮らしですねぇ。

流れる水に籾を浸しておけるのは清流の流れる美都町だからこそ。発芽させてしまうとおいしくないそうで、その辺りの加減が難しいそうです。
早速、焼き米を食してみました。

2008_1201mito0043.jpg

香ばしくて、甘みがあって、けっこうはまります。
パリッとしいたけを細かくして入れてみたり、梅干しや昆布を入れてみたり、いろいろ楽しんでいます。スープに入れてもいいかも。

手間をかけてつくられたものはからだだけでなく、心にもしみいる滋養ですね。

posted by 風土倶楽部 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

気になる米 その1 米粉麺の不思議なつながり

「米という字はすごいバランスを持っている。米は単なる食べ物じゃない」と先日、お聞きした講演で力説しておられたのが若杉友子さんでした。

今年は豊作らしく、各地から米を売りたいという要望が東京朝市や私のところに来ています。
米といえば、このところ話題になっているのが米粉です。
近々、米粉のヴィスコッティやシフォンケーキ、米粉麺をつくっている山形県真室川町を再訪して、製粉会社を取材するつもりです。

先週末、地域振興アドバイザーのお仕事で再訪していた島根県益田市美都町二川でも米粉麺のらーめんや冷麺をつくっています。
そこでふと、米粉麺の資料があればとお願いしたら、なんとこちらの米粉の製粉機械と真室川の機械は同じ岩国市のメーカーのものだと判明。
そのメーカーさんが用意してくださった資料によると、日本では島根県、広島県、北海道、そして山形の4ヶ所にのみ設備を納入したとあります。
4つのうちの2つに関わっているなんて、すごいご縁です。
多種にわたる日本の米の品種すべてをおいしく製粉するために5年の歳月を要したそうです。
取材がとっても楽しみになってきました。

2008_1202hanto0014.jpg因みに美都町ではゆず入り米麺を商品化しています。
前回、訪問したときには、冷麺バージョンをいただいたので、今回はらーめんバージョンを買ってみました。
さて、どんなお味がするのでしょう。かなりコテコテなパッケージです(笑)


posted by 風土倶楽部 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

地域を知るための数 131世帯302人

DSCF9255.jpgうれしそうでしょう。
右が作者の屋敷茂夫さんです。



DSCF9262.jpg

これをもらっちゃったもんで…って欲しい!とお願いしたのは私です(笑)
雑誌で見て、いいなと思ってつくられたそうでお見事です。

DSCF9242.jpg

これに盛られていたのがヨモギがたっぷり練りこまれたおやき。

DSCF9213.jpg

この夜の懇親会の食卓。

DSCF9250.jpg DSCF9223.jpg DSCF9259.jpg DSCF9222.jpg 

お料理もさることながら、手づくりの竹の箸やカード立て、お猪口、そして手描きのカードと、細部までおもてなしの心が行き届いていました。
すばらしい多様性です。

懇親会の前に開催された3時間近くにおよぶ会議では、二川302人の集落で活動している「二川の未来を創る会」26名の会員の手による「二川まちづくり提言書」の報告がありました。

2008_0911mamuro0017.jpg
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域を知るための数 420町歩

おっと訪問地の前にこの風景をぜひ!

DSCF9150.jpg

ここは山を削って420町歩の農業団地として昭和63年に200億円(!)かけて整備された地区。
柿、ぶどう、トマト、畜産農家などに加えて、ケールなどもつくられている。
が、ここも高齢化などで耕作放棄地が目立ってきているとか。
大手メーカーから、放棄地活用の打診はあるものの、農地が点在しているため、ままならないそうです。

これだけ農地があるということは、水をそれだけ必要とすること。
以前、新潟の水田地帯で河岸段丘開発パイロット事業なる240町歩におよぶ水田開発事業を視察したことがあるけれど、その水田には川から水をポンプアップしている。
生命線である水をものすごい電力を使って、吸い上げて使っていた。
この水田の開発事業は昭和40年代だったっけ。
日本全国、自民党の先生型が土地改良の団体と組んで景気よくがんがんやってきた「つわもの」ならぬ「土建業」の夢の跡。
全国的に送水パイプの老朽化が進んでいるという話も聞くので、夢の饗宴の後始末は大変になりそう。

ぶどう農家は生食が好調なため、後継者があるそうで、そんな話を聞くとほっとします。

DSCF9158.jpg
続きを読む
タグ:農業
posted by 風土倶楽部 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

地域を知るための数 28万個

DSCF9182.jpg

石州瓦28万個のパワーを感じます?
島根県芸術文化センターグラントワの屋根も壁も石州瓦で蔽われております。
光線によって色が変化するそうです。
瓦なので、この建物が存続するかぎりメンテナンスフリーだとか。
昔からのものがもつ力強さをうまく取り入れた建物です。
が、総工費は160億円!!!
今では夢のまた夢。
ランニングコストもかかりそう…とつい思ってしまう。

DSCF9183.jpg

中では「ハローキティとアートファッションの幸福なコラボレーション」なる展示が開催中。
それなりに面白いのだけれど、島根のポップなアートにも触れたいなあ。ない?いや、あるでしょう。若手の元気のいいアーティストとかいないのかしらん。
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

燻製の底知れない魅力

みなさま、お見舞いをありがとうございます。
おかげさまですっかり元通りです。
ノロわれたのは1日だけですみました。

りっぱな救急医療センターが徒歩10分程度のところにあるなんて未確認でした。(近くにあるみたい、ぐらいはさすがに知っていたけれど)そういえば、よく救急車が通るなあ、ぐらい。
痛くて不安の塊だった私をMN病院はとても丁寧に診てくれました。
「何を食べていいか食事に困るだろうから、泊まっていくこともできますよ」とまで言ってくれて、ものすごーくうれしかったです(涙)

我慢できなくなったら、また、タクシーで来ればいいと安心して家に帰ることができました。
安心感が大切ですよねー。特に体調がすぐれないときは。

さて、マクラはこの辺で。。。(「ちりとてちん」に深ハマリのワタシですぅ)

保存食としての燻製はちょっと見落としていましたね。
ネットで検索したら、「木をいぶした時に熱化学反応で組織された有機化合物が食品のまわりをくま なく包み込むため、外部から雑菌の進入を受けず、保存力を高めることができる」という記述がありました。

なるほどね。
これはもっと山間部で取り組めばよい商品がいっぱいできそう!
魚や豆腐もできるし。

といきなり燻製なんて、なんでまたあ?でしょ?

このところ2ヶ所で「美味!」というものに出会ったので。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

食べ物マップで地元探検

先日、島根半島に出向いた折に、「出雲そば通」という冊子を、NPO法人ひろしまねの森衿夏さんから渡された。
みなさん!出雲と松江に行くなら、これは絶対、必需品ですぞ。
出雲そばへの愛情がたっぷりつまっています。

s-2008_0113sentu0004.jpg

NPO法人まつえ・まちづくり塾発行による、50名を越える「出雲そば通団」が食べ歩いた結果をまとめたもので、これを手にすると、どうしても端から順に食べてみたくなるのが人情というもの。

s-2008_0108izumo0035.jpg島根県東部の約90軒ある出雲そばを出すお店の約7割にあたる、そば処64店の紹介と、読み物としてそばの薀蓄も盛りだくさん。
例えば、出雲そばといえば、写真のような割子だけれど、なぜ、この食べ方が始まったのか、といったことなど。
今回は、出雲市大社町のかねやと、松江市の田村屋を攻略。
どちらももちろん◎!

詳細はこの「出雲そば通.net」まで

昨年、行った島原半島小浜では、小浜ちゃんぽん番長による「ちゃんぽんマップ」があったっけ。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

長者番付の2位は海士村のお方

s-2008_0108izumo0029.jpg

出雲大社は、やはり参道から入ってこそ!
ところがみーんな、本殿横の駐車場から入るので、参道はガラガラ。
なんでも楽して、ご利益いっぱいちょうだいって、
そりゃ、無理でしょ。

お正月にテレビで観たネパールの五体投地を重ねて巡礼する姿がふと浮かんできます。

古代出雲歴史博物館の資料によると、1835年の江戸時代の「持○(もちまる)長者番付」という表には、大関が京都の三井八郎衛門で、次に掲載されているのが隠岐の海士村の天野助九郎という人です。
北前船の全盛期には、三井に次ぐ長者は海士にいた!

これって、すごいことです。
航路がいかに富をもたらしたかでもあるし、
中心地が分散していたことでもある。

笑える展示物は、平安時代の貴族の教科書で、日本の3大建造物は・・・という記述があること。
続きを読む
タグ:半島
posted by 風土倶楽部 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

新春神さまめぐり

じゃーん!

s-2008_0108izumo0022.jpg

じゃーん!

s-2008_0108izumo0021.jpg

じゃじゃーん!

s-2008_0108izumo0020.jpg

注連縄だけで、ものすごい迫力。
さすが大国主命パワーです。

というわけで、新年早々、出雲入りでした。
目的は、もちろん下北半島に続き、島根半島攻略です。

そして、これが平成12年(2000年)、発掘されたという3本柱。
続きを読む
タグ:半島
posted by 風土倶楽部 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

島根半島を行く その2 これぞ「美しい日本」!

年末に再訪した島根半島で、結城登美雄師匠が講演中に宮城県北上町に残る「かけざかな」の画像を見せたところ、会場の参加者から「そりゃ、うちにもあるでぇ」との声が上がりました。

「おお!ありますか!」と師匠もびっくり!
海でつながる日本なのです。

「かけざかな」とは、年越しの準備のひとつで、正月に食べる魚などの食材を横木に吊るしたもの。
かつては日本中で行われていましたが、今ではかなり少なくなってしまっているようです。
西日本では幸い木=シャーギと呼ぶところもあるそうです。

ちょうど正月に飾るというので、しっかり写真に撮っておいてくださいよと師匠。
そして送られてきたのが、この画像です。


kakezakana3.jpg
これぞ「美しい日本」です。

この「かけざかな」は、実はLJ21にとっても忘れられないもの。
本格稼動の皮切りとなった2004年ニッポン食育フェアで初めて風土倶楽部として仲間の商品を販売したときに、師匠から「かけざかな」を飾ると面白いよ」といわれ、北上町のご協力のもとにこんなふうにディスプレイしてみました。

fudoclub4.jpg fudoclub.jpg

おかげさまで注目を集め、東京新聞にも掲載してもらい、幸先の良いスタートを切ることができました。
さすが幸い木!
続きを読む
タグ:漁業 半島
posted by 風土倶楽部 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ねずみ男汁もあります 水木しげるロード@鳥取県境港&島根県美保関

nazumiotoko.jpgこんな画像をアップしたら、仕事で島根県松江市に行っていたなんて誰も信じてくれそうにないなあ。
調査地域は島根半島にある旧美保関町。対岸にある鳥取県境港が古くから経済圏として深いつながりがあったため、そんじゃあ、境港にはいかずばなるまいということで上陸。
境港といえば、水木氏の出身地で、商店街起しで有名な水木しげるロードがあります。水木氏は、今では我が三鷹の隣町調布市にお住まいです。

ねずみ男は等身大(なのかな?)で、懐かしいやら、うれしいやらで思わず抱きついちゃいました。

kitaro2.jpg kitaro10.jpg 
みんな、やっぱりツーショットを撮りたくなるんだな。

kitaro.jpg
ちょっとオタクっぽい雰囲気の鬼太郎。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする