2015年10月23日

新国立劇場中劇場「パッション」

いろいろな意味で女としては身につまされる内容だった…
思いがけない球が飛んで来た感じ。

DSC_4719.jpg


幕開けは、ジョルジオとクララの濃厚なラブシーン。
そして、転任先でのフォスカとの出会い。
1幕は、フォスカの強引な愛の押しつけにジョルジオと一緒に辟易とさせられる。
美しいシルビア・グラブが、醜いフォスカに変身です〜(笑

そうそう、そういう気持ちってわかるよね〜。
好みじゃない人から、言い寄られるとうっとうしことこの上なし。
フォスカの図々しさは、ほぼストーカー並み。
うっとうしいフォスカが出てくると、恋するクララがジョルジオの中に現れて、恋しいとアピールする。
お互いにやりとりしている手紙を読みあうナンバーが、とても甘くて切ない。
ソンドハイムの楽曲は難解という事前の情報だったけれど、まったく難解ではなかった。
歌い手にとっては、とんでもない難曲だとは思う。
主役3人だけでなく、アンサンブルの方たちも、実力者揃いだった。

以下、ネタばれあり


2幕は、フォスカから逃げるためにミラノに休暇をとって戻ろうとするジョルジオの列車を追いかけてくるフォスカに思わず会場から失笑がもれる。
やっぱりストーカー。
ジョルジオは、もううんざり。が、フォスカは切々と、命をあなたのためなら差し出せるとアピールする。
うんざりしつつも、いい人なジョルジオは、フォスカを官舎に送り届け、再びクララのもとへ。

クララとめくるめくひとときを過ごすはずが、結婚してほしいとジョルジオが言ったとたん、「私には子どもを育て上げる義務がある」と現状維持を望むクララ。
なにも差し出さない女にオトコは愕然とする。
フォスカの愛と違いすぎる…と。
愛ってなんだ?と疑問がふつふつと…

不倫のよくある行く末だわね。

傷ついて戻ってくるジョルジオに待っていたのは、本部への異動。それもすぐに。
悲鳴をあげるフォスカ。

クララの自分勝手な愛に深く傷ついたジョルジオは、フォスカの愛を受け入れることにする。
ここのところが、どうも腑に落ちない。
まるで「おかあさーん、僕、傷ついちゃった〜」と逃げ込んでいるようにしか思えない。
作者は男だから、女が感じるうさん臭さを感じないのかも。

フォスカが絶望に至った理由も解せない。
美しくない女はまともに愛されないといった時代の風潮もあるだろうけれど、女の魅力はそれだけなんだろうか。そもそもフォスカは暗い!両親から「美しい」なんて言われて特別扱いされて育った不幸はあるだろうけれど、男にだまされたくらいで自閉症になっていたら、生き抜けないよ。
そうしたすべてをジョルジオが引き受けなければならない必然性がどうもぴんとこなかった。
「女はみかけじゃない、心だよね」というのがテーマなんかなあ。あんなにエキセントリックな人物を登場させる必要があるのか、最後までそもそもの疑問だった。

不思議な原作だわ〜。
それに音楽をつけたソンドハイムも不思議だわ〜。
全体にオトコの論理が支配している作品のような気がする。

なのに、あれだけお客を呼べるというのは井上くんの魅力なのかしらねぇ。
彼は立ち姿が美しい。

さて、本日は、いよいよPOBの開幕。ドキドキ・・・
いつかちえさまも、井上くんと共演する日が来るんだろうか。
和音美桜さんみたいにぶっちゅぶっちゅ井上くんとラブシーンをする日は来なくていいなあ(笑

ちえさまには、ショースターの道を歩んでいただきたい。

DSC_4717.jpg


新国立劇場の席の並びは、階段状になっているから、とっても見やすい。
ここの雰囲気、好きだなあ。ここで上演されると、つい手を出してしまう。



posted by 風土倶楽部 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

こまつ座「十一匹のネコ」

紀伊国屋サザンシアターで井上ひさし作「十一匹のネコ」を観劇。
11匹の猫のパワーに押し切られた2時間半だった。
それぞれの猫が個性的に描かれているだけでなく、役者がちゃんとそれぞれを表現できているので、11匹の中に埋もれてしまう猫が1匹もおらず、それがこの公演の一番の面白いところだった。
空間を隅から隅まで使い切った演出が、舞台の上だけでなく、客席も含めた世界観を構築できていて、物語の中に浸れたからか、眠くならなかった(笑

物語はつまんないんだけどね・・・なのに眠くならず。
役者の方たち、尊敬します。

北村有起哉さんは、以前、M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、振り下ろす」を観たときは、イマイチのりの悪い人に思えたんだけど、今回は、ものすごい勢いで全員をひっぱっていてパワフル。まるで別人。身のこなしが軽く、普段から、かなり鍛えている人なんだろうか…

11匹目の猫の山内さんの個性が光っていた。そういう役なんだろうけれど、はみ出しものの存在が物語を深めていた。

しかし、この内容、イマイチよくわからないなあ。
「大人の中の子どもと子どもの中の大人に捧げるミュージカル」と銘打っているが、大人の中の子どもに語りかけるには、宝塚を見慣れている私には夢々しいファンタジーが足りないし、子どもの中の大人に語りかけるには、ちょっと難しい部分が多い。たとえば、シェイクスピアの全作品を歌詞にしてにゃん太郎が歌うけれど、子どもがあの歌を聞かされてもわからないだろう。ベトナム戦争に行くのを拒否しようとする米軍兵の飼い主の話も。
若者はゴーゴーをする、というセリフにゴーゴーのダンスを入れていたけれど、あれも古すぎて、わからないよ〜。全体にセリフが昭和なんだもん。手直しするわけにはいかないのかなあ。
「人民の敵」は100年以上前に書かれたものなのに、まったく古さを感じなかった。多少設定を変えている部分もあったけれど。

以下、ネタばれ。これから観る人はご注意を。


なんだか中途半端な話で、一番「はあ?」となったのがラスト。
ネコ王国の繁栄を素直に喜ばないにゃん太郎の最後がまったく唐突。
暗い闇が…とか言っているにゃん太郎は理想主義のインテリ猫。結局、清濁併せ飲むことができなかったということなんだろうか。でも、1幕の途中でダイコンを盗んでいたもんなあ…(笑

井上ひさしの作品は、時々、「?」な左系な批判が入ってきて、私はそれがどうも好きになれない部分だ。「生涯追い求めたユートピアの原点がここに!」とチラシにあるけれど、原点ねぇ…彼のめざしたユートピアとはなんだったんだろう。
猫だからこそ、人間とは違うユートピアができたのでは?猫は、結局、飼い主たちの生き方をトレースするしかできないのか?空腹の日本人が、夢を追いかけて辿りついた今の日本は、なんだんだ!?と言いたい?でも、それじゃあ、ファンタジーにはならない。子どもには夢を見てもらわないと〜。
にゃん太郎が、猫の王国の繁栄を喜びながら釣りをして、メダカを釣り上げる。今回は一人で1匹をじっくり味わい、うまいなあ…とかつぶやいて終わってほしかったなあ。

おじさんの猫たちは、みんな、愛すべき猫だったけれど、演奏を一人ですべてこなした荻野清子さん。
とーっても素敵だった。

posted by 風土倶楽部 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

リンカーンセンターにて「王様と私」

NYに来たんだから、ミュージカルの一つも観ようと選んだのが「王様と私」
まあ、これなら、筋もわかっているし、英語が聞き取れなくてもなんとかなるだろうとも思った。

が、しかし!
かなりセリフ部分が多いやん!
ノリノリの観客の反応がすごくて、取り残された感いっぱい(笑

DSC_4495.jpg

謙さん、がんばりはったんやな〜、と今更ながら、尊敬しちゃう。
謙さんバージョンはすでに終わっていて、今は若手の東洋人風の現地人(笑)の方が王様役。
一緒に観たネイティブ同然の日本人の友人いわく「現地人=アメリカ人」の英語だとのこと。

王様、それでええのん?

まあ、私にとってはどっちでも変わりはなく、謙さんで観たかったなあ…とあらためて強く思った。

DSC_4497.jpg

半円形の客席で、最初、オーケストラピットが見えていて、これじゃあ、両端の人は舞台が観れないのでは?と思っていたら、白い布がふわっと取れると同時ぐらいに舞台がせり出してきて、ピットは隠れてしまった。
舞台の3分の1ぐらいが全面にせり出してきた感じ。
このオープニングがなかなか意表をついていて、幕があがると船がいきなり現れ、物語の中にぐっと引き込まれる。

ケリー・オハラは、もう映画のデボラ・カーそのもの。すなわちイメージ通り。
王様がねぇ・・・若い・・・

映画のイメージをほぼ踏襲しているんだけれど、王様だけが・・・
下手なわけじゃないんだけど。

舞台よりも、驚いたのが観客ののりのよさ。
前の列のおばさんたちは踊りださんばかりだったし、後ろの列のおばさんは口ずさんでいた。
こんなにも愛されている作品なのね。

West meets Eastものの代表作の一つ。西洋人にとってはエキゾチックな物語なのかも。
王様の夫人たちが、アンナの来ているような輪っかのドレスを着ようとするシーンは、東洋人からみると、素直に笑えない部分なんだけれど、ものすごく受けていた。まあ、日本も明治時代は西洋の服を着て、追いつこうとしていたわけで…

実は時差ボケのおかげで、襲いかかってくる眠気から逃れようがなく、かなりのシーンが抜けてしまった。
なので、帰国後に映画版で脳内補完してみたら、舞台と映画の差がほぼないぐらい再現された公演だった。
ただ一つ、ユル・ブリンナーの王様の存在感だけが大きく異なった。あれほどの当たり役はそうあるものではないから、当然といえば当然。
横暴なんだけれど繊細で、繊細なんだけれどお茶目で、精悍なんだけれど、子供っぽくて、聡明でユーモアに富んで子供たちを愛しているこんな王様なら、後宮でお仕えしてもいいかも、と思ってしまうほどの魅力的な人物を作り上げている。
謙さんは、どこまで迫れたのかなあ。
だから、やっぱり謙さんで観たかったというのが結論。

観終わって出てきたら、スーパームーンが輝いていた。

DSC_4500.jpg

すでに11時すぎ。タクシーを飛ばして、一路セントラル・ステーションへ。
途中、タイムズスクエアがちらっと見えた。不夜城マンハッタン。

DSC_4501.jpg

翌日は、滞在先のコネチカットの星降る夜空で皆既月食を堪能するというラッキーに恵まれた。
マンハッタン在住の知人は、明るいのと、ビルの林立で見られなかったそうだ。


posted by 風土倶楽部 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

メトロポリタン歌劇場「アンナ・ボレーナ」

9月23日から、コネチカット州の友人宅に滞在していたので、ついに憧れのメトロポリタン歌劇場にてオペラを観劇した。

DSC_4489.jpg

演目はドニゼッティの「アンナ・ボレーナ」すなわちアン・ブーリン。
20代のころ、リックウェイクマンの「ヘンリー8世の6人の妻たち」をヘビーリピートしていた私。
6人のうち、アン・ブーリンがやはり強烈な印象を残したことから、以来、アン・ブーリンがらみの映画は必ず見てしまうようになった。ついでに娘のエリザベス1世についても。

DSC_4484.jpg

MET初観劇が「アンナ・ボレーナ」だなんて、う、うれちい・・・
おまけに初日観劇・・・

お席はファミリーサークルでいわゆる天井桟敷みたいなものだけれど、ぜんぜんOK。
ネットでゲットしたときに、すでによい席は端席しか空いておらず、ならばセンター近いファミリーサークルの方がよいだろうとゲット。

そう、簡単にネットで買えるのだ。おまけに57ドル!
そして、簡単にボックスオフィスでチケットをゲットできる。
こんなに簡単に買えるとは思わなかった。

DSC_4472.jpg

音響も当然ながら、大変よく、ファミリーサークルでも、十分臨場感があり、迫力があった。

DSC_4476.jpg

オペラに詳しい知人によれば、アンを演じたソンドラ・ラドバノスキーは中堅どころのプリマとのこと。
昨年のアンナ・ネトレプコと比較されがちだろうけれど、ソンドラのアンも十分悲劇性に満ち、理不尽な運命に立ち向かう悲劇の女王を十分堪能させてくれた。

METでのオペラ鑑賞、ちょっとクセになりそうな快感だった。
クセになってどーする!贅沢の極みじゃないの…
来年のシーズンには、最低2つは観たいなあ。
実は「トゥーランドット」を観たかったのだけれど、日程が合わず。
滞在先が電車で1時間以上かかり、駅から車で10分という遠方だったため、8時開演だらから、夜が遅くなりすぎるという事情も。
心残りだわ〜

8時開演ということは、みんな夕食を食べてから観劇するのね。
一杯飲んだりして…
私は、絶対ダメ。寝てしまう。どんなに面白くても、夜はダメ(笑

とりあえず、今シーズンのライブビューイングには通うことになりそう。

9月末まで東劇で開催されていたビューイングでは、予習のつもりでメリーウィドウ、ファウスト、青髭公の城、イオランタ、マクベスを観劇。やはりメリーウィドウがとにかく楽しかった。

DSC_4592.jpg

今シーズンのパンフレット

DSC_4594.jpg

アンナ・ボレーナのパンフレット

どちらもフリー。
日本のプログラムは高すぎる。あんなに豪華なものでなくても、これで十分情報は得られる。

あ〜、楽しかった、美しかった、満足〜




posted by 風土倶楽部 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

宝塚月組 暁千星バージョン「A-EN」

楽しかった〜!

ありちゃん(暁千星)のオーラ、すごい〜!
1幕のプロムのキングとクィーンを決めるお話は、いけてない男のありちゃんがどんどんステキになっていくシンデレラボーイのお話。いけてないありちゃん(いけてないハリポタと言われていた)も、かわいい〜。
おばさんは、最初から最後まで「かわいい〜」とでれ〜っと観ておりました。
どこをどう切り取っても、かわいい〜・・・(アホ)

DSC_4317.jpg


かわいいだけじゃなくて、かっこいいし、美しいし、お歌もお芝居も及第点以上だし、いうことなし。
やっぱり宝塚は美しくなくっちゃね。
月組の若手はええなあ。

海乃美月も、美園さくらも、キュートな、今風の娘役で大変よろしい。
蓮つかさちゃんは、とってもいい味を出していたんだけど、ありちゃんのそばだと地味になっちゃう。
そのぐらいありちゃんのスター性はキラキラ輝いていた。

愛涼歌と颯希有翔(字が難しすぎ、読めへん)の歌がうまいのにびーっくり。プロムに出るのを迷うありちゃんを励ます颯希の歌が沁みた。

ありちゃんの魅力全開の2幕は見どころだらけ。

DSC_4318.jpg


まずオープニングは、ちえさまがYoung Bloodsで月のブランコに乗ったシーンと同じような始まり方で、おっ! これってあーさ(朝美洵)もやったのかしら?

ちえさまばあやとしては、「黒い鷲」でエトタカのさそりのようなダンスを踊るありちゃんに涙。ボレロ風もあった。
もちろんちえさまを思い出して。
衣装も、ヘアスタイルも、ちえさまを踏襲していて、これはちえさまにあこがれているありちゃんの、ちえさまへのオマージュなのだろうなあ。
若々しいありちゃんのダンスを観ていると、ちえさまがここにも息づいているとドキドキした〜。

ラスト近くにDear DIAMONDのリベルタンゴの衣装で登場。これも、うるうる。
ありちゃん、ちえさまのように色気のたっぷりあるトップスターになるんだよ〜。ずっと見守っているからね。

ありちゃんのダルマ姿も美しかった。あれは鳳稀かなめのパイナップルの女王っぽい?
ダルマありちゃんをエスコートする最下級生の礼華はるちゃん、要チェック。まさに夢のような、これぞ私が観たい宝塚ならではの美しすぎるデュエットダンスだった。劇団は、いや、野口さんはわかっているね〜。

20人ほどのカンパニーなのに、あれは誰?これは?と、一人ひとりを丁寧にチェックしたくなるぐらい全員がイキイキとしていて、1回では、物足りないくらいの内容だった。そして、誰よりも光輝いていたのがありちゃん。レビューを何度も観たくなるスター性のあるすごいポテンシャルを持ったありちゃん。これからが楽しみだわ〜。

ちえさまへの道、がんばってね黄ハート


posted by 風土倶楽部 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

宝塚歌劇団星組「ガイズ&ドールズ」

東京公演までお預けと思っていたけれど、ヅカ友たちと話が合わなくて寂しいので、急遽観ちゃった(笑

映画をうまく脚色して、楽しいミュージカルになっていた。
北翔みっちゃんに関しては、お歌がお上手だけど、私はワクワクドキドキしないのでスルー。
みっちゃんファンの方、このブログはスルーしてください。
すべての道は、ちえさまに通じているだけなので。

紅子(紅ゆずる)とことちゃん(礼真琴)の組み合わせがとっても面白い。
紅子は、こういう明るくて軽い役がよく似合う。
ちょっとがに股のお調子者のスタイルを観ているうちに、横山やすしを思い出してしまった。
モデルは、やっさん?なんて言ったら、紅子ファンのヅカ友に嫌がられるかしら。

嫌がられるね…(笑

今回の作品は、ことちゃんアデレイドのすばらしさに尽きると思う。
彼女が出てくるシーンの楽しいことといったら、まさにショー!
これぞミュージカル!

歌とダンスに加え、年増のかわいい歌手を堪能させてもらった。
14年間も婚約したままで、お母さんに結婚して子どもが5人もいるとウソをつきつつ結婚する日を夢見ているアデレイド。それはひとえにネイサンに惚れているから。あきらめられないから。
そんなアデレイドの一途さと、ちょっと間の抜けた感じをおしゃれに、かわいく、色っぽくことちゃんは見事に表現していた。
「あなたは、ネイサンに惚れてないから、いいわよね」とスカイにいうところが好き。

すごいぞ、ことちゃん!昨年の「風と共に去りぬ」のスカーレットから、よくここまで進化した!
もっともっとアデレイドを見たい、登場シーンを増やしてほしいと思った。
ナイトクラブ「ホット・ボックス」のショーをお客として、しっかりもっと観たい!

ことちゃんは、これからの宝塚での活躍も、もちろん楽しみだけれど、思わず退団後も、どんなに活躍してくれるのかと期待してしまうほど。こんなに若いころから、ことちゃんの成長ぶりを見られて幸せだわ〜。
そして、どこまでも憧れのちえさまを追っかけていくんだろうなあ。
いつか追いついてしまうかもしれない。
ことちゃんも、英語のお勉強を始めているような気がする(笑

そのほかは、ナイスリーのさやかさん(美城れん)がさすが!お見事だった。
サラの後見人のミッキー(天寿光希)の押さえがバッチリ。

みっちゃん&ふうちゃんが昭和風だとしたら、紅琴カップルは平成風。
その二つのスタイルが一つの作品の中で交互に出てきて、融合していそうでしていないバラバラな感じの新生星組の公演だった。

それでいいのかしらねぇ・・・

DSC_4308.jpg

なにも当たらず・・・念じてないもんね(笑




posted by 風土倶楽部 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

シアターBRAVA「ラマンチャの男」

何年ぶりの「ラマンチャの男」だろう。
上月晃も、鳳蘭も、観ているのだけれど、はるか昔・・・
もういつだったか忘れてしまったほど昔、昔・・
今回のアルドンザはきりやん(霧矢大夢)
「マイフェア・レディ」から2年。
きりやんが、どんな女優に進化したのか。
きりやんは、私がちえさまと出会うきっかけをつくってくれたジェンヌさん。
特別なのだ(笑

DSC_4306.jpg

結論として・・
きりやん、宝塚の男役っぽかった。
悪態をついているときは、男前きりやんだった。
でも、アルドンザは、もっとドロドロだと思うのよね〜。
かわいすぎる・・・可憐すぎる・・・
そして、高音がかすれていた。
調子が悪いのかな。
きりやん、あなたはもっとできる人のはず。
がんばれ、きりやん!

幸四郎さんは、セルバンテス / ドン・キホーテ / アロンソ・キハーナそのもの。
ただ、やはり年齢は隠せない。
あのエネルギッシュだったセルバンテスは、少し影を潜め(それはそれで死の影におびえるセルバンテスが出てよいのだけれど)、当然のごとくキハーナの老い、ドン・キホーテの狂気には、より深みが出ていたような気がする。

ささやくようなセリフが、ちょっと気になった。
歌舞伎では、口跡が聞き取りにくいという評判があるらしい。
そういう聞き取りにくさではなく、ささやくようなセリフの言い方が聞き取りにくかった。
エネルギーの配分が必要になっちゃったのかな?と思ったりして…。

作品としては、このセリフを聞きたくて観たようなもの。
「一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生にただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ」

戦ってこなかったなあ・・・ズキン!どころか、グサッ!
私って、Mだわ〜(笑

「夢は稔(みの)り難く 敵は数多(あまた)なりとも 胸に悲しみを秘めて 我は勇みて行かん……」
この歌を聴くと、なぜか涙が出てしまう。

セルバンティスは、自分を奮い立たせるためにドン・キホーテを生み出し、語らせたんだろう。

男たちに乱暴されてしまったアルドンザが、ドン・キホーテ、すなわちキハーナの死の床に現れるシーンでは、かなり泣けてしまった。若いころは、こんなに泣けなかったのに。
本当の自分を直視して、瀕死の状態になるキハーナ。そこに傷ついたアルドンザが、自分を認めてくれたドン・キホーテに「あんたは私の殿様だ」という。人間というのは、お互いに支えあい、認め合って、なんとか生きていくものなんだなあ…再び自分を取り戻して、サンチョとアルドンザに抱きかかえられて息を引き取るキハーナ。いい最後だ〜涙、涙、涙・・・
舞台の上も、見る方も、寄る年波を感じる味わい深いものがあった。

幸四郎さん、いつまでやるのかなあ。
セルバンティスが、ちょっとお歳が出ちゃっていたかな。
こういう作品に出会えた役者たちは、幸せものだ。

DSC_4302.jpg

川向うには大阪城ホールが…1年前、ちえさまを全力で応援した場所。
今や、ちえさまはNYにご滞在中で、すでに懐かしい場所になっちゃった。

posted by 風土倶楽部 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

国立劇場小劇場文楽公演「妹背山婦女庭訓」

元上司の主宰している文楽観劇会で、急に行けなくなった人がいて、急遽空席埋めで観劇。
文楽は過去2回ほど観たことがあるものの、今ひとつ魅力がわからず、足が遠のいていた。

10数年ぶりに観て・・・やっぱりよくわからない。。。
ただ、太夫の力いっぱいの語りと三味線の音色の心地よさに、ああ、私はまぎれもなく日本人なんだ、と確認(笑

一番よくわからないのはストーリー。
悪役蘇我入鹿を誅殺する話。要するに大化の改新。
藤原鎌足の息子の淡海が、烏帽子折職人求馬(もとめ)に身をやつし、誅殺の機会を狙う。
白い牝鹿の生き血を母親が摂取することで生まれた怪異の化身のような入鹿を弱らせるためには、爪黒の牝鹿の生き血と疑着の相(激しい疑念と嫉妬の表情)のある女の生き血を混ぜて注いだ笛を吹かねばならない。
その女こそ、求馬と出会ってしまった田舎娘の三輪。イケメンにすっかり心を奪われ、押しかけ女房的に契を交わすものの、求馬は、入鹿の妹の橘姫と二股かけていて、結局、橘姫を妻にする。
それを知った三輪は怒り狂い疑着の相になったところを、求馬の忠臣に殺され、生き血を提供し、めでたく入鹿は退治されましたとさ・・・なのだ。

三輪ちゃん、かわいそすぎる。
イケメン淡海、ひどすぎる男だ。

おまけに求馬の忠臣に刺されてのたうちまわっているときに、実は求馬は藤原淡海でと正体を明かされ、怒り狂ったお前の血が彼の望みを叶えることになると聞かされる。三輪は、そんな高貴なお方のお役に立てるなら、と喜んで死んでいく。

あ〜、疑着の相が消えてしまうがな〜・・・と。
歌舞伎では、刺したと同時に笛に生き血をかけるそうで…。どっちにしてもヒドイ話だ。

三輪は最後の瞬間まで、「一目お顔を今一度」と言っているのに、求馬は橘姫と寝所にいる。

あんまりやん!
一人の女の気持ちを弄んで、あげく怒りで悶えさせ、生き血を捧げさせるなんて。

歌舞伎も文楽も、その価値観、世界観になじめなくて、わざわざ足を運ぶ気になれない。
何度も見ている元上司たちでさえ、「ストーリーは考えたらダメなんよ」とのこと。
芸を見るんだそうで・・・

確かに太夫も、三味線も、人形使いも、文化として、芸術として、ありだとは思うけど。
三輪の悶え苦しむ様は、本当に鬼気迫るものがあって、逆に女としては、怒りがふつふつと湧き上がってきて、心地よくない!

最後に入鹿を討ち取ったなり〜!なんて男どもが喜んでいるけれど、それは三輪ちゃんの偉大なる犠牲があったからやん!と思ってしまった。

納得でけへん!
心底惚れた男のために心とからだを捧げることをいとわない女の生き血が必要なのだと言われて、自ら命を絶つとかのストーリーの方が、まだマシだわ。ぷんぷん。
演じている人が男ばかりだから、よけいにそう思っちゃうのかも。

もう一つ、私にはどうしても解せないのが、天智天皇の御代なのに、衣装は江戸時代。おまけに庶民の娘なのに三輪は、まるであんみつ姫のようなキンキラキンの冠をつけて、衣装もお姫さま風。

今では、文楽というと、やたらと高尚なものにとらえられがちだけれど、江戸時代は庶民に歴史や価値観を啓蒙するための娯楽だったんだろうなあ。

新しい今の時代にあった文楽を見てみたいけれど、この文化の様式は、やはり古典が似合うのかも。

ということで、文楽の奥深さに到達するには、道ははるかに遠い・・・ような気がする。



posted by 風土倶楽部 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

吉祥寺シアター「人民の敵」

イプセンに初挑戦!
2時間35分かあ…と、かなり自信がなかったのだけれど、なんと完璧に覚醒。
眠気も一切なし。私にも、まだまだ集中力は残されているのね。
面白すぎた!

舞台は、中央に一枚の板、四方を客席が取り囲む形。
吉祥寺シアターのキャパにちょうどマッチした舞台設定だと思う。
役者の人は360度に演技をしなければならないから、大変だろうなあ。
でも、みなさん、達者な方ばかりで、舞台の緊張が途切れなかった。
瀬川亮、山本亨、有薗芳記・・・テレビで時折お見かけする方たちだった。
瀬川さんは、ちょっと堺雅人に雰囲気の似たイケメン。

アフタートークで、演出した森新太郎氏が、現代のネット社会での集中攻撃などにも通じるから、この戯曲を選んだということだったけれど、1882年に書かれたものだとは思えないほど、現代にマッチしている。

地域おこしで湯治場として成功しているとある田舎町。その関連施設で医者をしているストックマンは、湯治場として町興しを提案した当事者だった。ところが、彼が密かに観光の目玉である温泉の湯を調べてみたら、バクテリアに汚染されていることが判明。給水パイプの不備により、川の上流の皮なめし工場から廃液が流れだし、温泉に流入しているようだ。正義感にあふれたストックマンは、地元紙に公表し、給水パイプの再設置工事をするよう町に働きかけようとするが、事はそう単純に運ばない。工事は莫大な資金と2年の温泉場の閉鎖を必要とする。町は、温泉を中心に経済が回っている。市長は兄、工場は義父が経営しており、さまざまなしがらみの中、やがて協力を申し出ていたメディアの豹変、支持者たちの変心にみまわれ、窮地に陥っていく・・・

地域づくりにおける利害関係、行政のあり方、メディアとの関わり方、などがすべてリアルに盛り込まれていて驚いた。まるでかつての公害病の成り行きみたいなものではないの!19世紀後半の社会と現代はほとんど変わっていないということは、人間はちっとも進歩していないということ?
戯曲の題名の訳は、「人民」派と「民衆」派があるそうで、今回は「人民」を選択。原題が「国民」という意味だし、「民衆」というと底辺のという意味が強まってしまうから、だそうだ。

本当は3時間半ほどの戯曲だそうだが、今回は少しつまみました、とのこと。
原作では、ストックマンは50代で、子供が3人いることになっているが、今回は、あえて若い青年にして、妻は身重という設定にしたそうだ。そのため、これから生まれてくる子供たちに対して、どういう町を残すのかがとても鮮明になっている。

それにしても「世論」は、怖いものだなあ。誘導でどうにでもなる。
そして、メディアは、「世論」をつくりつつ、自らがアジった「世論」でどんどん変節し、民意が常に正しいという立場にたって、「世論」の錦の御旗を振りまくる。
第4景の討論のシーンでは、その世論をつくる「人民」を敵に回したときの怖さを十分感じることができる演出になっていた。まさにネットの中で少数意見がつぶされていく現実と重なる。

ストックマンの正義感も、上から目線のうえ、ちょっとラディカルすぎて、もう少し謙虚さや交渉能力があった方がいいんじゃないのぉ?と思ってしまった。気持ちはわかるけれどね。自分の手柄に固執しすぎ。と、彼も決して欠点がないわけではない。そこがリアル。

世の中は、こういうふうに成り立っているよね〜と、うんうん、頷きながらの2時間35分だった。
けっこう苦笑い、というようなセリフのやりとりが多かったのだけれど、客席はそんなに笑いが起きていなかった。これ、本当はものすごいコメディなんじゃないのかな・・・と、ずっと思いながら観ていた。笑いが少ないのは客席の「人民」側に自覚がないから、なのかしら(笑
森氏によると、イプセンは正解を提示するタイプの作家ではなく、観客側にとらえ方を提示するタイプらしい。
トークで面白かったのは、ドイツ(だったかな?)での公演では、集会シーンで観客にも意見を求め、観客が積極的に参加していたという話。日本なら、沈黙ですよね〜とも。確かに…ネットの中ではにぎやかなのにね(笑

今回の森氏の演出は、役者さんたちには負担が大きかったとは思うけれど、シンプルさゆえに舞台に集中できた。ラストのストックマンが、再び本を手にするところは、希望が持てていい終わり方だったと思う。
一人でも多くの人に見てもらいたい舞台です!

イプセンは偉大だ。
「ペール・ギュント」を観たいなあ。神奈川劇術劇場とかでやっていたんだけどね。
今回は、ちえさまと全く関係なし(笑
急に思い立って観に行ったのだけれど、大当たり!だった。
ただし財布を忘れていって、プログラムの「人民日報」100円が買えず、残念〜。
財布がなければ、100円に泣くのだ…

jinmin.jpg

jinmin2.jpg


posted by 風土倶楽部 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

東京宝塚劇場 宙組「王家に捧ぐ歌」

感動!
素晴らしかった!

6月に宝塚大劇場(ムラ)で見たときより、ものすごく進化していて、迫力が増し、圧倒された。
まーさま(朝夏まなと)は、ムラでは、人はいいけれど、ちょっと頼りなげなラダメスだったけれど、今回は男らしい自信に満ちたラダメスになっていた。
それは、まーさまのトップ就任からの道のりでもあり、見事に開花したのね。
特に声量が増して、力強く、これなら、エジプトをお任せできる!と思った。

そして、みりおん(実咲凛音)
前回も、よかったけれど、今回も、自分の考えをしっかり持った芯の強い王女を以前にも増して表現していた。女が女に惚れる男前な王女で、初演のとうこさん(安蘭けい)をしのぐ勢い。歌も、高温もきれいに決まり、力強い。将軍ラダメスが国を捨ててでも、一緒に生きたいと願う女性像になっている!

うらら(伶美うらら)は、お芝居はまったく問題ない。もう一人の悲劇のヒロインであるアムネリスの高慢さ、かわいさ、一途さをすべて余すところなく表現。歌は、高音になると、弱くなってしまうのが本当に残念。でも、許せる範囲だった。ラストの「私が生きているかぎり・・・」の決め台詞も、しっかり決まっていた。

真風は、ますますイケメン・ウバルドぶりで、ちえさま譲りの色っぽい振りで大変よろしい。
1幕も、2幕も、真風で始まる物語。しっかりいい仕事をしている〜!

ムラではSS席で観たのだけれど、この公演は、やはり後方あるいは2階席のほうが見応えがある。
昨夜は、B席センターでの観劇だったけれど、SSで観たときよりも迫力が感じられ、舞台全体のパワーを感じることができた。
2幕のエジプト軍の凱旋の群舞は、SSでは気付けなかったフォーメーションに鳥肌が立つほどわくわくした。
これぞ、宝塚だ!

DSC_4216.jpg

全体にスキのない演出と役者たちの息の合った熱演で、完成度のとても高い作品に仕上がった。
「人は、自分のためにしか動かない」
「お金があるから、なんでも買える」
私たちが日々直面する身近な欲と、国家という大きな組織を守るための宿命を巧みに取り混ぜ、スケールが大きい内容にもかかわらず、自分たちもエジプト側になったり、エチオピア側になったりして、見ることができるのが、この作品の素晴らしいところだろう。
そして、耳に残りやすい音楽がどれも素晴らしい。
特にラダメスとアイーダの共に国と家族を捨てて旅立ちを約束する「月の満ちる頃、あなたと私を乗せた舟はナイルを下り、海へと漕ぎだす」と歌うナンバーが大好き。
何度でも見たくなる。

ちえさま(柚希礼音)のナポレオンのときの勢いに近いものを感じた。
で、結局、家に帰ってから、また、また、初演の新人公演を見てしまった・・・
ちえさまラダメスが、やっぱり一番好き♡

IMG_20150819_002858.jpg

宙も、雪も、頑張っているなあ。

星、大丈夫なのか…昨日、気になる謝罪文がアップされていたけど。
最低の社会常識は、ジェンヌといえども持っていてほしい。

タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

宝塚大劇場 雪組「星逢一夜」「ラ・エスメラルダ」とバウホール「オイディプス王」

雪組「星逢一夜」「ラ・エスメラルダ」


ヅカ友たちが、ハンカチが必要と言っていたので、バックからすぐに取り出せるようにしていたんだけれど、私は泣かなかった。
でも、しっとりしたとてもよい作品だった。
「月雲の皇子」も、ついリピートしてしまった上田久美子さんの作品は、今後も期待しちゃうなあ。
歴史の事象をうまく取り入れて、人間の生きざまを重ね合わせた深い内容の作品だった。

ちぎちゃん(早霧せいな)、みゆちゃん(咲妃みゆ)、だいもん(望海風斗)の3人の息の合ったお芝居は、安心して物語に身をゆだねられる。子ども時代、青年時代、そして、それぞれの重荷を背負った壮年時代へと鮮やかに演じ分けている。3人とも役者やのう…

脇では、やはりじゅんこさん(英真なおき)の吉宗が物語の要となっていて、素晴らしい!
演出も、星見の櫓がうまく使われていたり、星まつりの美しさが悲しい物語に華やかさを添えていたりと、緩急がつけられていて、とても楽しめた。というわけで、お芝居は、和ものの雪組の面目躍如だった。

DSC_4207.jpg

ショーの方は悪くないんだけど・・・単調。
真夏のショーらしくてラテンな感じはよく出ているんだけれど、「エスメラルダ」の連呼、連呼、連呼で、もうわかったよ〜と言いたくなる。
ものすごくパワフルに頑張っているんだけれど、この単調さはどうよ・・・
エスメラルダって、エメラルドのことなのね。だから、なんとなくカメレオン色だったわけか。

まあ、私は、ひとこちゃん(永久輝せあ)を見ることが最大の目的だったので、番手も確実に上がり、見せ場もちょこちょこ設けられるようになっていて、大変満足でございました。
美しい〜!

雪組は、3番手以降がひしめき合っていて、かなり混戦のように見えるのは私だけか?
2列目観劇だったから、目の前でほぼ誰が誰か確認できたから?

星組が星組でなくなった今、雪組が一番好きだわ〜。


専科「オイディプス王」

悲劇、なのよねぇ。どうしようもない悲劇。
オイディプスコンプレックスの語源になったギリシャ悲劇。
深層心理として男は父を殺し、母とむつみあい、娘と共に歩み、最後に神になるという願望があるらしく、ならば、オイディプスはすべて満たした幸せな男なのかも、と、ちょっと思ってしまった。いろいろなことに目さえつぶれば、ね。

アポロンのご神託にすべて委ねる人間たち。
もともとそんな神託を聞かずに手元でオイディプスを育てていれば、こんな悲劇はおきなかった。なにかにすべてをゆだねてしまうことは、恐ろしいことだ。
でも、そこまで踏み込めているかといえば、ちょっと弱いかなあ。演劇の圧倒的パワーを感じさせないと、これだけの悲劇をねじ伏せることはできない。宝塚は、相変わらずチャレンジングだなあ。オイディプスは、運命にもてあそばれた哀れな男にしか見えないんだけど、この悲劇の芝居はそれでいいのか?
小柳さんだから、わかりやすくまとめられていたけれど、胸に迫るものがなかった。

途中、オイディプスが当のその人と本人に判明する直前に1分ほど寝落ち。
かちゃ(凪七 瑠海)は、やはり女役のほうがいいと思うけどなあ。
ドレスがとってもステキ!
オイディプスの母親ということは、年齢差は少なくみても18歳ぐらいの年上女ということ?
18歳で息子が帰ってきたとして、18歳ぐらいで産んだとして、36歳。それから、息子と娘2人を生んだ?・・・と、思わず計算しちゃいましたよ(笑

とど様(轟 悠)は、安定の演技だったけれど、もう男にしか見えない。こういう男役の極め方もあるんだなあ。ちょっと滑舌が悪いところがあって、セリフが聞き取りにくいところがあった。
巫女役の憧花ゆりの、クレオンの華形ひかるが、とてもセリフがはっきりしていて、人物造形もわかりやすかった。

DSC_4214.jpg

この階段を降りるたびに、3月7日のちえさま大劇場ラストデイを思い出してしまう。
冷たい雨の降る日だったなあ…と。
もうすぐあれから半年。「もう」なのか、「まだ」なのか…
そして、10月23日まで、あと2か月!もう2か月なのだ!

タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

浅草公会堂「南の島に雪が降る」

暑い、とにかく暑い!
5年後に本当にこんなに暑い東京でオリンピックをするつもりなのかしらねぇ。
ばったばったと倒れる人が続出だと思うけどなあ。
アスリートも、観客も。
そういうことって、IOCの審査のときに問題にならないのか、とっても不思議。
新国立劇場のことも、不思議の塊だし、いったいオリンピックは誰のものなんだ?

DSC_4173.jpg

さて、5年後の東京は、浅草のこの状態があっちゃでも、こっちゃでも繰り広げられるんだろうか。
あっついのに、観光客がわんさかいた。8割が海外から?
仲見世通りの船和のソフトクリームには列ができていたけれど、公会堂の斜め前の船和には誰もいなかった(笑

DSC_4174.jpg

観光客のエネルギーって、すごいなあ・・・
3.11直後は、放射能がばらまかれた東京には、永遠に海外から観光客なんてこないと思っていたのは私だけだったのかな。

「南の島に雪が降る」
大和悠河さんと柄本時生さんが出ているというので、のこのこ出かけてみた。
加東大介原作をもとにした映画は未見。
舞台は、とてもわかりやすい構成になっていた。
わかりやすいお芝居は、やっぱりいいね!
(きりやんが寺山の「レミング」に出演とか。あの作品はもういいなあ・・・(笑))

このところ宝塚が中心だったから、男性ばかりのアンサンブルに妙に迫力を感じた。
みなさん、あまり男くさくなくやっていて、よくある日本兵の建前としての意固地な感じがなくて、リラックスして見ていられた。テーマが戦場での芝居ということで、登場人物たちが本当にやりたいことをやっているから、救われるのかも。

花緑さんは、初日のせいか、1場はちょっと固さがあって、タニさん(大和)との夫婦のやりとりがぎこちなかったけれど、時間の経過とともにいい味を出していた。
ただ、あまり役の個性が際立たないので、物語をひっぱっていく力強さにちょいと欠けるかな。
その分、タニさんががんばっていた。
一人2役しつつ、ほかにもちょこちょこ。

この人は、大衆演劇の人なんだなあ…
自分の活かし方をよくわかっている。
歌は、上達してへん・・・タニさんにそこは期待してへんから、ぜんぜんいいけど。
ちょっと痩せすぎ?

せっかく2役やっているのに、それぞれの役のつながりがないのよねぇ。
最後までオランダ人の姉妹の話がよくわからなかった。エピソードになりえていないような気がするんだけど。
連日連夜の猛暑で寝不足。劇場の涼しさが眠気を誘い、ちょっとうつらうつらしちゃったから、あまりえらそうなことは言えませんけど。。。原作を読んでみようかな。

ラストの劇中劇の「瞼の母」は、ちえさまが演劇人祭にご出演のときに玉さまと中車が演じた朗読劇だったやつね。劇のラストに兵隊たちが思わず願う母と子のシーンに思わず涙腺が緩んだ。
会場では鼻をすする音があちこちで聞こえてきた。

「笑いと涙の感動のドラマ」ではありました・・・はい。

浅草公会堂2階の窓からの眺めがなかなかよろしかったです。

DSC_4175.jpg

見上げればスカイツリー!
初めてこんなに接近した〜。

DSC_4177.jpg

posted by 風土倶楽部 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

新橋演舞場「阿弖流為 アテルイ」

今日は、朝から頭痛がして、3時間におよぶ観劇には最悪の体調だったこと、席が3階B席で見切り席だったこと、から、集中力にかけてしまった。

でも、そこそこ面白かった。

が、歌舞伎というよりも、新感線の色が濃厚で、ストーリーもいつもの通りだった。
なので、1部は、ちょっと退屈だった。あ〜、いつものやつね…と。
2部は、いつものように怒涛の展開で、最後のカタルシスもちゃんとありました(笑

阿弖流為といえば、15年ほど前に岩手県に地域づくりの仕事で通い始めたころ、「アテルイを知っているか?」と地元のうるさ方に聞かれ、当然、「知らない」と言ったら、ものすごくバカにされた。
そこであわてて高橋克彦の「火怨」を読んだ。
関西人の私にとって、それまで東北という地は遠い北の国だったのだけれど、この本で阿弖流為を知ったことで日本の歴史の中での東北の政治的、心情的な位置づけを少し垣間見た思いがした。
その阿弖流為を歌舞伎で観る日が来るとは思わなかった。

新感線のストーリーは、必ずやたらとかっこいい謎の女が登場し、威勢がよかったり、屈折した思いを抱えていたりする男たちがからんでいく。舞台は日本で、主人公たちは体制に不満を持っていたり、改革しようとしていたりする。だから、12年前に彼らが阿弖流為を題材に選んだのは、必然性がある。まさに阿弖流為は、日本の国家が形成される中で、最後まで抵抗したクライマックスの部分なのだから。その割には、教科書には出てこない。そこがまた、まさに「歴史」なんだけどね。「蝦夷」で片づけられていた先住民と大和朝廷の争いは、今も、世界各地で行われている紛争となんら変わりはない。普遍的なテーマなのだ。

内容は、染五郎の阿弖流為が、勘九郎の坂上田村麻呂と友情を紡ぎながらも、支配者側の論理に敗北していく話。七之助の立烏帽子が、あらはばきという地元の神の化身。

なんか懐かしいなあ・・・鶴見和子さんの「殺されたもののゆくえ」にとても感銘を受けたっけ。
土着の神に代表される文化が、人間の文明の発展(発展じゃないかも)のために消される運命にある。
七之助の美しく凛々しい神の姿が忘れられなくなりそう。「蒼の乱」の天海祐希の蒼馬の凛々しさと共通する。
いのうえさんは、かっこいい女を舞台に出現させるのが好きで、やっているのかとさえ、思える。

オープニングに、ほんの短い踊りのようなものがあり、舞台の背面に「阿弖流為」という文字が浮かび上がるのをみて、思わず、「ベルばら」のオープニングみたい・・・と思ってしまった。
そして、終演間近に一度幕が下りてから、ねぷた祭りのようなシーンが少しあって、まるで宝塚のフィナーレみたいだった。劇場に入るときに、リストバンドを渡され、2幕終わりに使うからと。どんなふうに使うのかと思ったら、フィナーレで青いライトが点灯し、お祭りシーンを一緒に盛り上げるというものだった。

まるで宝塚の退団公演千秋楽やん・・・

歌舞伎と宝塚の関係が、一番面白いかも(笑
宝塚の豪華絢爛さに対抗できるのは歌舞伎だけだしね。

とはいえ、やはり歌舞伎の立ちまわりの見事さには、ほれぼれした。
蛮甲役の片岡 亀蔵さんが、とてもいい味を出していた。

喰わず嫌いの歌舞伎をちょっと好きになれそうな気がした。

DSC_3994.jpg

先週、急に思い立って、歌舞伎気分を盛り上げようと東劇でシネマ歌舞伎「三人吉三」を観賞。
勘九郎、七之助兄弟に加えて、松也の3人による三人吉三。
話の人間関係が複雑で、かなりてこずったけれど、内容は素晴らしかった。
串田和美の演出によるとことが大きいかも。映像も、かなり凝ったものになっていて、舞台をただ記録したものだけでなく、一つの映画として見ごたえがあった。ラストシーンは、特に圧巻。





posted by 風土倶楽部 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

宝塚歌劇星組公演「キャッチミー・イフ・ユー・キャン」「大海賊/アムール、それは」

梅田芸術劇場ドラマシティで「キャッチミー・イフ・ユー・キャン」、
梅田芸術劇場メインホールで「大海賊/アムール、それは…」の千秋楽
をWで観劇。

まずは「キャッチミー・イフ・ユー・キャン」

紅子(紅ゆずる)、やるやん!
天才詐欺師の半生をスピーディな展開で見せてくれる。さすが小柳菜穂子さん演出!
といっても外部のバージョンを見ていないので、違いがわからない〜。
映画も見てないから、違いがわからない〜。
紅子バージョンだけでいえば、それなりに面白かった。
紅子は、10代の男の子の揺れる心情をうまく表現していた。音程が、10代の男の子ということで、いつもより高くなっているためか、声がすごくよく出ていた。紅子、こんなにお歌がうまかったのね。

家族が崩壊していくことで、傷つき、父を助けたいがために詐欺師の道を歩む。
それだけではなく、フランクの中に詐欺をゲームとして楽しんでしまう部分も、垣間見れた。
捕まりたくないけれど、どこかで捕まえられたい。自分の本当の人生を歩みたいというフランクの思いが交差するブレンダの実家でのシーンは切なかった。

かいちゃん(七海ひろき)のカールは、フランクより年齢がかなり上の設定なんだけれど、あまり上に見えず…。ともみん(夢乃聖夏)が、ルパン3世で銭形をやったときには、それなりの年齢に見えていたから(先入観もあったかもしれないけれど)、もうちょっと工夫できたら、フランクの幼さが鮮明に出たかも。
低い声が割合楽に出る人のようで、歌は紅子の音程との対比が出て、わかりやすかった。願わくば、歌唱力の安定をめざしてね。
部下の中では、せおっち(瀬央ゆりや)が笑いをうまく誘っていた。

あーちゃん(綺咲 愛里 )のブレンダは、かわいくて、きらきらしていたし、夢妃杏瑠のママも、安定の演技と歌でよかったし、娘役たちのナースのシーンなどが、ちゃんと一つの見せ場になっていた。
星組の娘役たちの充実度高し!

紅子は、こんなにぴったりな役を与えてもらって、劇団にちゃんと考えてもらっているのね。
ちえさま(柚希礼音)がいないのは、やっぱり寂しいけれど、星組らしい華やかで楽しい公演だった。

DSC_3910.jpg

「大海賊/アムール、それは…」

リカさん(紫吹じゅん)主演の作品をスカステで見たときに「なんじゃ、これ?」だったのでなんの期待もしていなかったけれど、期待以上に空虚な作品だった。なぜ、これが今、また再演?
お話しそのものがどーでもいい内容で、ついウトウトしてしまった。
ふうちゃん(妃南 風)のエレーヌは、完璧な宝塚の昭和の娘役。
よくぞここまでつくった!
リカさんバージョンでも、ラストの重傷を負ったエレーヌが海を見たいと言って、銀橋をリカさんが手をとって連れていくシーンに、「重傷を負っているのに歩いているじゃん!」と突っ込みを入れまくったんだけれど、今回も、なんと、なんと、エミリオみっちゃん(北翔海莉)は、「大丈夫か?」を連発しながら、小船まで歩いて連れていくではないの・・・
目の前でエドガー(まさこ(十輝いりす)にぐさっと刺され、青息吐息なのは知っているはず(笑
なのに「大丈夫か?」はないでしょ。。。

と不満だらけの中で目を引いたのが、ことちゃん!(礼真琴)
海賊姿がかっこいい〜。

実は、オープニングに海の波のざざ〜という音がしただけで、心は黒豹冒頭に飛んでいる私。
海賊といえば、黒豹ちえさまの神々しいまでにステキだったお姿が、まだ瞼の裏にくっきりと浮かび上がる。
あの海賊を期待しちゃいけないのはよっくわかっているんだけれど・・・でもね・・・
そんな心の隙間を埋めてくれたのが、ことちゃんだった。
海賊の衣装を着こなし、軽やかな身のこなし。そこにはかすかにちえさまの面影が・・・
ああ、ことちゃん、あなたがいてくれたから、星組を観ているのだとようやく実感。

娘役では、はるこちゃん(音波 みのり)、白妙 なつ、うまいなあ。
いつの間にか星組の娘役たちは、本当に層が厚くなっていたことにあらためて気づき、涙…。

そして、ショー「アムール、それは」
冒頭の衣装の色合いからして、昭和度満開。
みっちゃん、初めてじっくり生のお歌を聴いた。すごくうまい。本当にうまい。
でも、なんだか歌謡ショーみたい。

もうこれ以上は書かない。
星組じゃないんだもん。
ことちゃんいるけど、まさこさんいるけど、みっきーもしーらんもいるけど・・・

なんか違う。

ぜんぜんドキドキも、ワクワクもしない。

私は、やっぱり卒業しちゃったんだなと実感。
私が愛した舞台は、ちえさまの歌と踊りと演技、そして、組子たちとつくりあげるすべてが融合した舞台芸術そのものだったから。それは宝塚であって、宝塚じゃないものだったような気がする。宝塚の中にふわっと浮かんだ新しい世界だったのかも。それは、ちえさまという稀有なパフォーマーを使って自分たちの表現をしたい演出家、振付家、脚本家、スタッフたちが総出でつくった舞台芸術だった。このメインホールの星組公演を見て、強くそう思った。

でも、ちえさまが「ふぉー・えばー・たからづか〜」とおっしゃっていたので、これからもなるべく観るけどね。
とりあえず、「ガイズ&ドールズ」は、ことちゃん、紅子、せおっちたちの舞台をちゃんと見る予定。

DSC_3911.jpg

緞帳が新しくなっていた。
3月には、ちえさまがディナーショーの後で、ここに来てくれて、For goodを歌ってくれたなあ…
あと3か月で、新しいちえさまに会える・・・ワクワク、ドキドキ
考えるだけで、ワクワクドキドキさせてくれるちえさまなのだ黄ハート

タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

サンセット大通り

赤坂ACTシアターにて、「サンセット大通り」の初日を観劇した。
ねねちゃんの退団後初の出演。
ノーマ 安蘭けい(とうこさん)&ジョー 平方元基のバージョン。

映画史上、傑作中の傑作と名高い映画のミュージカル版。音楽はアンドリュー・ロイド・ウェバー。

名をはせた女優の多くが、やってみたいというノーマ。
一世を風靡したけれど、今は忘れられた存在。
でも、まだ、色香は残っている。
年齢の設定は50歳。
ものすごく難しい役だと思う。

とうこさんは、とってもリアルに演じている・・・
不気味だったり、かわいかったり、コミカルだったり。
が、今回、主役をさらったのは平方くん!
目が離せなかった。

2年前にきりやん(霧矢大夢)の宝塚退団後初の主演作品「マイフェア・レディ」のときにフレディで「君住む街角」を歌い上げていた平方くん。
あのときは、線が細い感じで、歌がうまいなあぐらいしか印象に残らなかった。

なのに、今回のジョー役は、ほぼ出ずっぱり。
とうこさんと、ねねちゃんベティの間を行ったり来たりの色男ぶり。
ちょっとときめいてしまいましたよ。

まあ、ちえさまに心を奪われている私としては、まだまだ平方くん、色気が足りないけれどね(笑

ところで、このお芝居、平方くんが主役に見えちゃっていいのかな(笑
とにかく私の印象に強く残ったのは平方くんだった。
売れない不遇な脚本家が、年上の女の深情けにはまりつつも、明るい表舞台にあこがれ、野心をもち、あがく姿がとてもリアルに伝わってきた。

ねねちゃんは、宝塚の娘役とあまり変わらない役だから、やりやすかったのでは?
ダンスなんて、ちえさまとやっていたことから思えば、どーってことないしね(笑
婚約者とチュッ!としたり、ジョーとぶっちゅぶっちゅキスしたり・・・ねねちゃん・・・リアルキスの気分はいかがなもの?
平方ジョーは、とうこさんもソファに押し付けて、ぶちゅっとして、お姫様だっこしていた。

私は、どうしても舞台の上のリアルキスになじめなくてね〜。
宝塚の好きなところは、リアルじゃないところも大きい。
それなのに、ちえさまのキスはドキドキする。
宝塚以外も、そーゆうふうにはいかないものなんでしょうかねぇ。

ひょんなことから最前列センターで観劇したので、メイクに関してはかなりじっくりチェックしてしまった。
ねねちゃんのメイクがちょっと濃いめに感じたぐらい、全体にうすーい舞台化粧。
とうこさんの衣装がステキだなあと思っていたら、なんと有村先生のデザインだった。

映画は、ずいぶん昔に見たのでほとんと覚えていなかった。
ミュージカルは、これが初見。
オープニングの音楽は、これからのドラマチックな展開を予想させられるようなウェバーならではの期待感に満ちたもの。
プログラムによると、マックスの歌う「The Greatest Star of All」なのだとか。
気が付かなかった・・・
ノーマは、自分の過去の栄光から逃れられなかったのだけれど、そうしたのはマックス。
この音楽の使い方は、このミュージカルの肝の部分だったのね…

ミュージカルは、初見だとストーリー展開と舞台装置に慣れるだけで終わっちゃうなあ。
オペラ座の怪人などのナンバーの一部がふっとのぞくようなメロディラインがあって、おお!ウェバーだ〜と思っているうちにカーテンコールに。

舞台は、わりにシンプル。豪華なノーマの部屋も、大きな階段に凝縮されている。
そのかわりに時代とノーマの栄華を象徴するように車が舞台で効果的に使われている。

あと2,3回観ないと語れないなあ。
ミュージカルは、お金がかかる〜。

DSC_3905.jpg

1800円。高い〜。SS席はプログラム付。

DSC_3909.jpg

ねねちゃんにもお花が来ていたけど、撮り忘れた〜。

DSC_3904.jpg

新しいPOBのチラシ。
す、て、き黄ハート


posted by 風土倶楽部 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

宝塚大劇場 宙組「王家に捧ぐ歌」

SS席3列目で観劇。

DSC_3813.jpg

まーくん(朝夏まなと)&みりおん(実咲凛音)の熱演に感動!
まーくんは歌がうまいなあ。声もよく出ている。ちょっと高めだけれど。

気になったのは姿勢。ちょっと猫背気味に見えるんだけど・・・あの衣装が重いのかな。

銀橋中央で二人が繰り広げる地下でのラストシーンは泣けた。

ゆりか(真風涼帆)は、やはり目立っていた。彼女が出てなかったら、作品に華がないままだったろうなと。宙の組子たちの醸し出す地味なオーラは、どこからくるんだろうか?
キラキラ感が足りない・・・

まーくん、歌も、お芝居も、及第点以上なのになぜか重さがない。強大なエジプト軍を指揮する将軍としては、若すぎないか〜?と、ふとエジプト人になった気で不安になっちゃった(笑
正攻法でしか戦争しない将軍という感じ。
ちえさまラダメスは、この人勢いあるから、若いけど任せてもええんちゃう? ちょっと無茶するかもな〜と思いました。
わたるさんラダメスは、この人なら、全てを任せられる、さすがファラオが選んだだけあると思いました。

どこからみても、まーくんラダメス、いい人感を醸し出していた。不器用で、女心をわからない男ラダメス。
アムネリスの前でアイーダに指輪を渡そうとしちゃうんだもん。
アムネリスみたいに気位の高い女の前で、そんなことを見せつけちゃったら、ダメよ。キムシン(脚本・演出の木村信司)、女心をわかっている人なん?「太陽王」でも、ルイの恋愛遍歴をまとめていたもんね。

オペラのアイーダも同じだけれど、この作品は、ついアムネリスに肩入れして観ちゃう私。
ファラオの娘だから、ほしいものはすべて手にしてしまい、ラダメスも、また、自分のものになると思っていたら、彼は敵の捕らわれ人のアイーダを愛している。
その二人の恋路の末に、父を殺され、恋する人を処刑する運命に…かわいそうやん(涙)
地下で、ラダメスがアイーダと一緒にいるって、知ってたら、あの宣言をしたんだろうか…とアイーダを観るたびに考えちゃうのよねぇ。

ところで、まーくん、フィナーレでは、燕尾のところでよろけてた。まーくんの「あ、よろける…」という心の叫びが聞こえちゃいそうなまーくん目線の席だったので、一緒にはらはらしてしまった。
そんなシーンを見るたびにちえさまはすごかったとまたまた思い返してしまった。まあ、仕方がないよね。ちえさま(柚希礼音)に魅せられた私だから。すべての道はちえさまに通じてしまう。
まーくんのファンの方、許してちょーだい(笑

みりおんをリフトして頑張ってた。
私は、あのリフトは全組必要ないと思っているけどね。女が女を回す必要なんてない。

うららアムネリスの歌唱力については、すでに観てきたヅカ友たちのブーイングの嵐だったので、すごーく覚悟しつつ、怖いもの見たさで妙なところでワクワクしながら観たんだけど、今日はほとんど音程もはずさず、高音が出にくい人なのね、ぐらいの感じだった。
最後の宣言のところは、大丈夫か・・・とこちらが緊張しちゃったけど、無事クリア。
りっぱに締めくくっていました。

みりおんは、ようやく羽ばたく場をもらった白鳥のように舞台を縦横に飛び回っていた。
トップ娘役らしい役ができてよかった。
歌も、お芝居も安定していて、力強いアイーダになっていた。

フィナーレでゆりかが羽を背負って大階段を下りてきたのには、びっくり。
本当に2番手になったのね、と実感。
92期生。トップ候補は90代の期の時代に突入したのね。

12日に観劇したちえさまが、いろいろとアドバイスをしたらしく、11日に観劇したヅカ友と感想を交換したら、かなり進化していたみたい。
ちえさま、色気の出し方をみんなに教えてあげてね。
初主演の王家新人公演で、すでにスケールの大きさと包容力を見せていたちえさま。
キラキラした瞳が印象的なラダメスだった。
帰宅して、録画してあった新公をつい見ちゃった…
ちえさまだと、舞台が狭い感じなのよね。

作品としては、とても見応えのあるものだと思う。
エチオピア側の恨みや野心がきちんと伝わってこその物語展開だから、一樹さんとゆりかの仕事ぶりは十分作品を支えるものとなっていた。ゆりか、今なら、ティボルトをもっと危ない男でできるかもね。
箙さんのファラオも、迫力があった。フィナーレで目の前がファラオで、メークが怖かった…(笑

やたらと男性の観客の多い日で、いつもはずらっと並ぶトイレも、ほぼ並ぶことなし。こんな日もあるのね。団体で観劇していたおじちゃんたち(2階1列めセンターはおじちゃんたちがずら〜っ!!!)は、この作品をどう思ったんだろう・・・

この舞台は、装置が大きいから、前方席よりも、後方席の方が見やすいかも。

ドキドキしなかったな〜・・・ちえさま〜っ!

タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

新国立劇場「東海道四谷怪談」

ちえさまの「プリンス・オブ・ブロードウェイ」のチケットを無事ゲットでき、ひとまず落ち着きました。
梅芸の会員を3年もやっているのだから、当選して当然なのだ(笑
今回は、お高いチケットなので2回を予定。

先週の日曜日はファンクラブの解散式が帝国ホテルの一番広い宴会場「孔雀の間」で開催され、久しぶりに生のちえさまを拝んできた。

やっぱりステキ、かわいい、いやん、かっこいい、あ〜、かわいい・・・という感情が交錯する1時間ほどだった。英語の勉強に勤しんでいるちえさま。うきゃっ!
7月ごろから3か月もNYに行っちゃうとのこと。
NYに行っても、会えるわけじゃないけれど、行きたいなあ・・・

というわけで、ちょっと落ち着いたので、久しぶりに宝塚ではない観劇に出かけた。

DSC_3805.jpg

以前から、四谷怪談はちゃんと観たいと思っていたので。
かなりワクワクして行ったんだけど・・・

寝てしまった・・・

なんだかくどいんだもん。
これは鶴屋南北の脚本がくどいのか、今回の脚本と演出がくどいのか・・・勉強不足でわからない・・・

伊右衛門はマザコンなのね。
彼の善悪の基準がよくわからない。
そして、お岩の愛情の価値観も。

どうやら、原作はお岩が武家の考え方に捉われ、フリーダムな伊右衛門と対照的になるらしい。
今回の演出は、あまり武家とか町民とかにこだわっていないため、登場人物たちの立ち位置がわかりにく。
その分、普遍性が出てくるという面もあるかと思うけれど、ちょっと消化不良だったんじゃないのか。

舞台の上でやっていることが時々わからなくなる。
それって、私の理解力が衰えている・・・からかもしれない。
いや、その可能性大。

舞台装置は、とてもシンプルで、一枚の大きな壁を有効に活用していて、行燈の明かりが江戸時代との橋渡しをしてくれる。黒子の使い方も、面白く、楽しませてくれる。
なのに・・・眠くなる。

なぜ?

途中で、物語自体がどうでもよくなってしまった。
お岩は、あれだけの裏切りにあったんだから、そりゃあ恨むよね。
で、終わっちゃった・・・

怪談なのにぜんぜんコワくない。
演出に目を奪われすぎて、登場人物たちの心情を斟酌している暇がないから?

うっちー(内野聖陽)は、一昨年の「おのれナポレオン」以来。
なんかいつ観ても、うっちーだな。上手いんだけど・・・
とっても上手いんだけど・・・うっちーなのよ。

なんだか妙なフラストレーションがたまって、歌舞伎でちゃんと観たい、観なければ、と思いながら帰路についた。

芝居を観るときに、気持ちがちえさま仕様になってしまったから、うっとり機能がないとダメなのかな。
あ〜、ドキドキしたいよ〜。


posted by 風土倶楽部 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

宝塚歌劇団 雪組公演「アルカポネ」

赤坂のネオンに彩られたビルの谷間に浮かび上がる“だいもんアルカポネ”

えー感じやん

DSC_3729.jpg

安定のだいもん(望海風斗)だから、期待しつつも、グスタフであれ?!だった原田さん脚本・演出だから、一抹の不安も抱え、観劇に臨んだ。

だいもんの歌唱力にただひたすら圧倒された。

す、すごい・・・

すばらしい・・・

鳥肌もんでした。

ルパン3世とファンシーガイのときは、上手いなあとは思ったけれど、ここまでとは。。。
劇団の隠し玉か・・・って、ぜんぜん隠しているわけではないけどね(笑

アルカポネなんて、難しい題材をあえて取り上げる宝塚は、相変わらず面白いなあ。
なにを取り上げても、激しい主張があるわけではなく、ちょぴっと厳しい社会の断面を見せつつも、愛と夢の世界が展開される。そのバランスの配分が絶妙。
主義主張を楽しむのではなく、ジェンヌたちのがんばり具合を愛でるのが正しい宝塚的観劇だというのが最近、ようやくわかってきた。
今回の原田さんのストーリー展開、舞台展開、どれも◎!
なにより組子たちの使い方が、それぞれ際立つようになっていて、とてもうまい。
これこそがタカラヅカなんよね。

大きなウィスキーの樽を配した舞台は、見事に1920年代のアメリカの空気感を漂わせ、スーツに身を包んだ男役たちがイキイキと動いていた。
私の御贔屓のひとこちゃん(永久輝せあ)が、なんと1曲歌わせてもらっていて、ヅカオタ的には大変満足。
れいこちゃん(月城かなと)は、だいもんの向こうを張るエリオット・ネス。
ちゃんとがっつりお芝居できているやん!
ラストのセリフ、「私の親友だ」も、なかなか決まっていた。

雪組は、だいもんはじめ美しい男役がたくさんいて、大変よろしい。
おばさんは、きれいな女の子が大好き。あ、オジサンもか(笑

人殺しもするアルカポネ、家族やファミリーを大切にするアルカポネ、商才に富み、頭のよいアルカポネ、
イタリア移民というアメリカ社会の底辺から這い上がるために清濁合わせて飲み込んで生き抜いた男の話を、きれいな女たちが男くさくやるなんてタカラヅカだねぇ。
だいもんが、歌のパワーで全体をまとめあげ、緊張感の持続した舞台をつくっているから、組子たちも、のびのびとやれている。

だいもん、あなたの世は近いね。
まさにラストのアルカポネへの言葉をそのまま贈ろう。
「世界はあなたのものだ!」(だっけ?)
大劇場の銀橋にトップとして立つだいもんが楽しみだ。

会場には、プリンス・オブ・ブロードウェイのチラシがあちこちに。

DSC_3725.jpg

DSC_3727.jpg

ちえさまは、今ごろ、英語と発声法とダンスのレッスンに明け暮れておられるのでしょうか。
どんな新しいちえさまにお会いできるのか、10月までドキドキだわーん♡


posted by 風土倶楽部 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ついにラストデイ 「黒豹の如く/Dear DIAMOND」

ちえさまとお呼びし始めたころから、2年。
再演の「ロミオとジュリエット」を観て以来、とても「ちえちゃん」とか「ちえさん」とか呼べなくなった。
もう「ちえさま」とお呼びするしかない!
そのぐらい衝撃的な舞台だった。こんなにも登場人物に心を寄せて観ることができるのは初めてだったかも。
それは、ロミオの心情がすべて手にとるようにわかるから。伝わってくるから。
雪組ベルサイユのばらの特出アンドレも、そうだった。
もっとも驚いたのは、REON2でのこと。
ライブでも、歌、ダンスから、メッセージがびんびん伝わってくるのだ。
この公演は、1回しか席が取れず、それも一番後ろの端の席だった。
なのに、ちえさまの心はちゃんと伝わってきた。
なんてすごい人なのだ、と終演後に茫然として家路についた。いや、どうやって家に帰ったか、あまりよく覚えていない。

もっと早くから、ちえさまを見ておけばよかった…と激しく後悔した。
だから、それからは、今までの見なかった分を取り戻すように、できるだけ回数を観ようと思った。
そして、それがどんどん高じてきて・・

黒豹とダイアモンドは、何回見たのか、数えてない・・・
ほぼ毎週劇場に行っていたような気がする。
でも、でも、ついに、ついに、この日が来てしまった。

2,3日前から、ずっと心臓がドキドキバクバク。

どうなっちゃうんだろう、私・・・

すでに涙目・・・いや、黒豹の公演が始まってから、ずっと涙目。
いやいや、武道館公演も涙目だった。

ちえさまは、もう次のステップに進む時期なのだ・・・と自分に言い聞かせつつ・・・この日を迎えた。

DSC_3587.jpg

日比谷の街は、白装束の人でいっぱい。
という私も、一応白の上着なんだけど。

DSC_3596.jpg

ちえさまのお母様がいらしていた。
お隣はお兄様?

DSC_3592.jpg

ダイアモンドなペンライト。

全国で26,000人が見つめる舞台。

今日も、また、ちえさまは一分の隙もない演技。
お芝居は、はっきりいって細部が破たんしている(笑
なのに、アントニオの存在感は半端ない。
アントニオに謎はないのだ。彼が考えていること、心の動きががんがんこちらに伝わってくる。
こんなことができるのは、ちえさましかいない。

ねねちゃんが、前日の前楽でかなり崩壊していた。心配なほどに。
でも、ラストデイは、りっぱにカテリーナをやり遂げていた。

ほぼずっと涙腺崩壊状態だったけれど、一番崩壊したのは、組子たちが泣きながら笑顔で歌い、踊っているのを目の当たりにしたとき。
目の前のあーちゃん、どいちゃんと一緒に泣いて、笑った。
みんな、ちえさまのDNAをしっかり受け継いでがんばるんだよ〜。

そして、紅子のちえさまへの思いが、ものすごく伝わってきた。
いよいよ紅子の一人立ちのとき。これを乗り越えられたら、きっと未来が開けるはず!
がんばれ、紅子!

実は、最初はあまり紅子のことを好きじゃなかったけれど、ヅカ友に紅ファンがいて、見るたびに「今日は紅がこんなふうにやっていた」と熱く語ってくれるうちに、紅の進化をみるのが楽しみになってしまった。
ドラキュラのシーンも、最初は娘役たちに飲まれていたけれど、今は、ちゃんと紅子のシーンになっている。
願わくは、宝塚大劇場にいるうちに完成させてほしかったなあ。

ラストのデュエットダンスでねねちゃんを回すちえさまを見ているうちに、また、また、崩壊。
いったいいつから劇団は、こんなことを当たり前のようにやらせることにしたんだろう。
女性ですよ。
女性が女性をかついで回すことが、男役の必須演技だなんていつから?

3月ごろから、スカイステージでさまざまな過去のインタビューやトーク番組が放送されていた。トップお披露目の太王四神記のときに、羽を背負ってみたら、そのあまりの重さにたじろいだと言っている。
疲れ切った公演の最後に、あの羽を背負って大階段の裏の階段を駆け上り、降りてくる。
今から、6年前に大変なんだと言っていたちえさま。

それを6年間もやったちえさま。
他組のトップさんよりも、たくさん踊って歌って、ほぼ出ずっぱりで…
ほかの組のショーをみて、運動量が違いすぎる…と愕然としたこともある。

本当にお疲れさまでした。
羽を下ろして、はかま姿で階段を下りてきたちえさま。今日はなんて軽いのだろう、と思ったかも。

もう宝塚の舞台であなたを見ることができなくなるのは、とんでもなく悲しく、淋しいことだけれど、何度もみているうちに、檻の中で羽をばたばたさせている大きな鳥にちえさまが見えてきた。
もっと広い空を飛びたいよ〜、この空の向こうになにがあるか知りたいよ〜、と声なき声が・・・。

ちえさまは、いったいどれほどの人を幸せにしてきたんだろう。
私は、2年前ごろ、今までやってきたことの区切りが見えてきて、空虚な気分になっていたときに、ちえさまに出会った。どんなにか救われたことか。
ちえさまを通して、友人も増えたし、私の影響で母や叔母も、すっかりちえさまファンになり、家族で楽しむことができている。みんなでワクワク、ドキドキさせてもらい、たくさん笑った。

ちえさま、あなたに出会ってから、いいことばかり。
あなたは私のラッキースター!

最後のカーテンコールで、カーテンの前に出てきたちえさま&ねねちゃん。
ファンから声援が飛び交う中、どさくさにまぎれて、私も大きな声で「ありがとう!」と叫んでみた。
思い残すことは、私もなにもない。
これからのちえさまについて行くだけ。

18時ごろ、ご挨拶が終了。
劇場の中のガラス窓から、外を眺めると、すでに大勢の人が!

DSC_3599.jpg

映画館で中継を見ていて、戻ってきたヅカ友たちによると、終演後に特別映像があり、その中でちえさまが「怪我があるといけないから、今日はまっすぐお帰りください」というようなことを伝えたんだとか。

警備の人の数が半端なく、通りに手をつなぐようにして並んでいて、まったく列の中には入れない。

DSC_3605.jpg

シャンテと歩道に並ぶ人の間には、人が歩けるほどのスペースが残され、そこを立ち止まることはできない。
そう、帰ってきても、立って待つ場所はないのだ。
劇団側は、よく考えたものだ。

私たちは、事前にMUJIカフェを予約していたので、カフェのガラス窓から見下ろすことになった。
翌日、TBS系列で放送された終演後の映像は、すべてこのカフェからのもの。
今後の参考に書いておくけれど、ガラス越しだから、写真が鮮明に撮れないのが難点。一部始終を見ることは可能。私は、撮影はあきらめ、上から、眺めることに専念。

DSC_3613.jpg

ちえさまは、帝国ホテルに向かって歩き、交差点のところで、入りで乗ってきた車に再び乗りこみ、帝国ホテルの駐車場の方へと消えていきました。

今度、いつ会えるのかなあ。
ねねちゃんは、安蘭けい姐主演の「サンセット大通り」に早速、出演の予定。

ちえさまは・・・少しゆっくり休んでほしい。
そして、オトコのままでも、女っぽくても、なんでもいいから、私たちの前に戻ってきてね。
待ってる…。

DSC_3603.jpg

キャトルのこのディスプレイも、もうないのよね〜。ぐすっ…

DSC_3619.jpg

家でしげしげと眺めてみた。
これがあるってことは、夢じゃなかったんだ・・・

posted by 風土倶楽部 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

観劇日記 宝塚歌劇月組「1789」

関西にいたので、急に思い立って「1789」を観劇。
小池修一郎演出というのに惹かれて。

DSC_3504.jpg

さて、柳の下に何匹フレンチロックというドジョウがいるのでしょうねぇ。
ロミジュリが大当たりしたけれど、ナポさまはちえさまあってこそ、太陽王も。太陽は木村信司氏だったけど。

フランス革命を民衆から描いたという「1789」だけれど、民衆が主役の「レミゼラブル」のヘビーリピーターとしては、同じフランス革命でも、ちょっとだけ時代が前後するものの、くいたりない。
珠城りょうのロベスピエール、沙央 くらまのダントン、凪七 瑠海のデムーランの3人の位置づけがイマイチよくわからなかった。フランス人にとっては、坂本竜馬とか、伊藤博文とかレベルの名前だから、ある種の記号みたいな感じだろうけど。彼らと民衆の代表として扱われるロナンとの階級差の程度とか、ロナンを受け入れ、彼にパリ市民から有志を募るような重要な役目を任せたりする意味がイマイチ伝わらない。

それに反して、宮廷側がわかりやすい。なんといっても中心がマリー・アントワネットだもん(笑
そして、そのマリー役の愛希れいか(ちゃぴ)がすばらしい!
ベルばらで描かれてきたマリーではなく、心の隙間を埋めるために遊びに興じ、恋をして生きる実感を得たいという人間くさいマリーをリアルに、納得できる役としてつくりあげている。その分、フェルゼンが軽めに扱われているのが面白い。
ちゃぴ、歌が上手い!
ラストの妻として、母として、家族のために生きる決意を歌いあげるシーンに涙…
この歌を聴くだけに、もう一度観たいとさえ思った。
思わず、ちゃぴ主演でレディ・ベスみたいな宝塚を観たい!と、すごく思ってしまったほど。

イケコ、ひょっとしてレディ・ベスみたいな作品を宝塚で作りたいのかな…。
今回の娘役は、ちゃぴをはじめ、みんないつもより1オクターブくらい低い。
だから、聴きやすい。
その分、面白いことにヅカ版「1798」は、男役が普通の役みたいだった。
それは役者としては、あえて「オトコ」を意識させないのだから、優れているのだろうけれど、宝塚的にいえばどうなんだろう。
一度「レディ・ベス」を宝塚でやってみたらあ・・・(笑
エリザベートとは、また、違った女性が主役の面白い宝塚ができるかも。

群衆劇らしいのだけれど、ちょっと中途半端。歌劇5月号によると、ロナンは本来は新人が演じるような役らしい。それをトップである龍真咲(まさお)を中心に据えなければならないから、仕方がないのかも。
プログラムには、ずいぶんオリジナルを変えなければならなかったように言い訳がましいことがイケコにより書いてある。
オリジナル版が来日したときに観た「ノートルダム・ド・パリ」は、パワフルで、アクロバチックだったけれど、正直言って、また、観たいとは思わなかった。役者はうまいけれど、内容そのものにロマンを感じられなかったし、舞台のつくりに高揚感がなかった。
だから、このオリジナル版も、もっとパワフルでアクロバチックな舞台なのかもと、ふと思った。
太陽王も、ちえさまたちが、そのアクロバチックな舞台の映像を見て、「こんなんするのぉ?」と思ったとなにかで語っていたっけ。
だから、フレンチロックと宝塚は本当に相性がいいのかと疑いの目・・・

今日の感動は、ちゃぴと暁千星(ありちゃん)。
ありちゃんの立ち姿の美しさは、本当にステキ!
ちえさまレベルには、もちろん至らないけれど、これからの楽しみができた。
ダンスも、手足が長く、芯が座っていて、いとよろし。
ちゃぴと千星のシーンだけ、おお〜!と思いながら見た。
とはいえ、ありちゃんフェルゼンは、マリーのつばめだったけどね(笑
でも、この作品では、フェルゼンの存在は、そんなに大きくないから、きっとそれでいいのね。

まさおは、宝塚的でないトップの役だから、大変だったと思う。よくやっているけど、ナポさまにおけるちえさまのようになにがなんでも引っ張っていくというのではないから、作品に1本柱が立たない。
そういう作品にイケコが作り上げたのか、まさお的なロナンゆえなのかわからない。

宮廷側として悪役を一手に引き受けたペイロール役の星条 海斗が貴重な存在。
こんなに歌える人だったのね。専科入り納得だ。

オランプの早乙女 わかばは、いつものちょっと軽めの女の子ではなく、存在感のある物語の主要人物になっていた。わかばちゃん、星組のDNAをちゃんと月で広めるのだよ。

アルトワの手先の3人組みの紫門 ゆりや、朝美 絢、輝月 ゆうまの存在が、ちょっとコミカルすぎて、ロナンの抱える貧しさや虐げられた人々の痛みとの乖離がありすぎて、私には浮いた存在に思えてしまった。
アルトワが、兄であるルイ15世にかわって世の中を動かしたいという野心を持っているのだから、手下の3人があのように失敗ばかりしているコミカルな3人組みというのは、物語を軽くしてしまうのでは?
雪組の銭形がパリで出会う兵士たちと一緒に動きまわるのとは違うんだから。

美弥 るりか(みやちゃん)のアルトワ伯爵が儲け役。
そして、フィナーレに出て来るのはみやちゃん。お!ついに2番手か?と思いきや、階段降りは、凪七 瑠海(かちゃ)が2番手。
たまきちをしのぐ勢いでありちゃん。
月組、なかなかややこしいぞ(笑
そして、内部的にはスリリングそうだ。

そういうのをふむふむと思いながら観るのも、ヅカオタ的楽しみなのだ。

私は、とうに自分がヅカオタだし、オタクなるものの楽しみをとても楽しんでいるのだが、私よりも、もっとヅカオタのヅカ友が、ヅカオタだという自覚があまりないのが笑える。
先日、お茶していたら、「私って、ヅカオタだと友達に言われちゃったのぉ!」と心外そうに言うんだもんね。

ちえさまのご出演作品のDVDをすべて持っているあなたは十分ヅカオタよ。

posted by 風土倶楽部 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

宝塚星組 「黒豹のごとく/Dear DIAMOND!!」

DSC_3443.jpg

2週続けて前すぎて、舞台がカメラに収まらないお席・・・

なんて幸せなことだ。
ちえさまの飛び散る汗も、お口からの細かいダイアモンドのようなシャワーも、みんな目の前…

♡ ♡ ♡    

目線をこの目で追えるなんて、はあ、幸せ〜。

黒豹の進化は、紅子の進化とイコール状態だったのが、昨日はぴたっとあった!
今まで観劇した中で、一番よい出来だった、と思うVISA貸切公演でした。

紅子が、柴田先生に「もっとやれ〜」と言われてから、早2ヶ月半以上。
もうちょっと早くにここまで辿りついてよ〜。

アラルコン侯爵の欲望過多のごり押しが、ようやくはっきり見えてきた。
ねねカテリーナに迫るところも、おお〜!手に入れたいものはなんとしても手に入れる、と思いあがったオトコのいやらしさが出始めたではないか!

さゆみちゃんも、女の子だから、そりゃあすぐにここまでは辿りつけないよね。
毎回、さゆみ、今日こそ、行け〜!みたいな感じで、その進化度を楽しませていただいた。
進化していく生徒を見守る。これが宝塚的観劇の楽しさってやつなんだろうか。
母性本能欠如の私が、この年にして、ようやく味わうその感覚。

さゆみの進化度が深まったほかげで、先を行っていたちえさまのアントニオの苦悩が、とても浮かび上がってきた。
得体のしれない際限のない欲望に取りつかれた男であるアラルコン。それは時代に符号している欲望でもあり、だからこそ、時代に流されまいとするアントニオに漠然とした、でも、深刻な不安をもたらす。そのうえ、愛するカテリーナもが、その欲望の対象になってしまっている。

とはいえ、カディスの祭に呼び出す必然は、相変わらず?なままんだけど・・・
でも、祭のシーンは、どれもとっても好き。
生徒たちが、イキイキとした表情で踊る祭の熱気と、その中で翻弄される主役陣たち。

ところで、ポスターにある「きっと君を見つけ出す」は、この祭の中でのことなのね。
最初は、500年前のソルと姫の恋が成就せず、絶対見つけ出す、ということなのかと思ったけれど、オープニングで、すでにソルと姫は相思相愛っぽかった。いつの世も、愛するものをきっと見つけ出して、守る、そんな感じでとらえればいいのかな。

とにかくアントニオもソルも、ため息が出るほど、いえ、呼吸するのを忘れるほどにステキでございます。
ねねカテリーナとの息もぴったりで、二人のシーンは宝塚史に残るラブシーンだと思う。

ショーは、もうなにも言うことがない。

ドアボーイのちえさまと、銀橋から去るさゆみが入れ替わるとき、さゆみの投げキッスを口で受け止めたちえさまが、ぺっと吐き捨てる振りが思い切り笑えた。

DIAMOND Dinner Bのときに女装したしーらんは、ちえさまの耳元でないをささやいているのだろう。
みんな、やっぱりオンナだなあ。全員とっても美しい。

Dolce Vitaでは、さゆみが「ビザビザ」、ちえさまと真風が「すみとも」「みつい」と叫んでいて、笑えた。

初日のころは、なんとなく舞台も客席も涙目っぽかったのに、この2回は、とにかく楽しい気分にさせてもらえている。千秋楽まで、楽しんで駆け抜けていこうという気分があふれていて、本当に素晴らしい舞台になっている。最後まで、最高のものを全員で提供していこうというちえさまの心意気がひしひしと伝わってくる。
どこかでFor goodの瞬間を忘れていたいという気持ちが、お互いにあるのかも。

黒燕尾からデュエットダンスのシーンは、ますますこの世のものとは思えない美しさに昇華。
最後の日、最後の瞬間、どうなっちゃうんだろう。
舞台も、舞台裏も、客席も、そして、全国の映画館のスクリーンの前も。


posted by 風土倶楽部 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

宝塚星組東京公演初日「黒豹の如く/Dear Diamond」

今年前半は、ちえさま一色。ほかの劇団の公演にも触手は伸びず…
運よく初日チケットをゲット。
会場には、柴田先生、大輔先生、謝先生・・・みなさま、客席から、ちえねねの最後の公演初日を見守っておられました。

DSC_3213.jpg


「黒豹の如く」、大きな変更点はなし。
全体にとてもメリハリがついた。
「人の不幸は蜜の味」のシーンや、壱城&天寿&礼のトリオのシーンが、よりコミカルになっていた。
事件が落着したあとのラストシーンでは、以前はカテリーナが一人で立っているところにアントニオが出てきて「こんな朝早くから申し訳ないね」と言っていたのが、二人で上手から登場し、「昨夜は大乱闘だったし、一晩中ほとんど寝ていないのに、またこんなことになって…」とかなんとか言う。
時間の経過がより明確になった。

そして、お見送りシーンでは、カテリーナが「結婚できる日までお待ちしています」と、具体的な目標を語る。
急にぽこちゃんが、やたらと目立つんだけど…急成長している。

斜め後方に柴田先生が座っておられた。自身としても最後の作品になるだろう「黒豹の如く」のちえさまのセリフをどんな思いで聞いておられたのか…。

ショーは、始まったら、最後まで息をするのを忘れてしまうような陶酔感がずっと続く。
最後の初日だと思うと、宝塚大劇場の千秋楽よりも泣けてしまった。。。
なお、客席降りは、1階は29と31の通路、49と51の通路、21列目という素直なもの。
2階は、1階席で観ていたから、わからないけれど、「東京は、こっちからだ!」というちえさまのお声が聞こえてきたから、どうやら2−4の扉からだったみたい。
噂では、S席とA席の間の通路をだったらしい。まあ、そうでしょうね。2−4扉から2−1扉に移動だろうから。

ごあいさつでは、「今日は雨でなくてよかった〜。千秋楽も晴れますように」に笑ってしまった。
大劇場の千秋楽は、本当に最悪だったもんね。
4回目のスタンディングオベーションでは、出てくる予定がなかったのか幕が開いたら「服を脱いでしまった…」とのこと。はあ、あと何回お会いできるのかしら…

終演後の劇場前とシャンテ前は、ものすごい人、人、人。
大千秋楽はどうなっちゃうのだ?全国45館のTOHOシネマとさいたまスーパーアリーナで中継だとか。
さいたまからは、戻ってこれないよねぇ…。

DSC_3222.jpg


おなかがすいたのでご飯を食べて出てきたけれど、まだ、ちえさまは出ていなかったみたい。
私たちは、星組公演は観劇するとへとへとになるので、大人しく帰りました。
シャンテでは、ただいま、ちえさまたちの衣装を展示中。
武道館のスーツが、あんなにも凝ったものだったとは…。

DSC_3221.jpg


そして、私がちえさまに心をわしづかみにされてしまったタムドクの衣装。
見ればみるほど、よくぞまあ、こんなイメージにぴったりの衣装が…と感心しまくる。

DSC_3219.jpg


5月10日まで何度かまだ行くけれど、だんだん先が見えてきて、コワイなあ。
武道館のブルーレイを予約していたので引き取ったものの、まだ、見ることができない。
退団後に見て、大泣きするかなあ・・・
ちえ友いわく、タオルは必須とのこと。

そうそう、先週は雪組の「ルパン3世」と「ファンシーガイ」を観てきたのだった。

DSC_3158.jpg


ちぎちゃん、役者やのう・・・すばらしい!ますます磨きがかかったルパンで惚れました。
ショーは、1月に観たときよりもグレードアップしていて、それなりに楽しめた。
そして、密かにともみんにお別れしてきた。
やりきった感満載のともみん。お疲れさまでした。


タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

柚希礼音ディナーショー・ライブ中継@梅田芸術劇場

柚希礼音ディナーショーには行くことならず、代わりに14日の梅芸のライブ中継を昼、夜の2回鑑賞することになった。
チケットの奇々怪々…まあ、結果として、梅芸ライブ中継夜の部は大満足のうちに終了したんだけど。

ノバボサノバのダンスから始まり、新人時代のメドレーを約20分間。
トークによると最初は60曲ほどリストアップしていたそう。が、そんなに歌えるはずもなく。。。
自分は懐かしくて歌いたいけれど、お客さまが聴きたいものを優先させようと削いでいったら…というメドレーだった。
「おーい、春風さん」が入っていた。かわいかったよねぇ。
メドレーの最後は、ゆりかによるアビアント。ここで、なぜか一番涙腺が緩んだ私。とうこさんの汗を拭いていたちえさま、とうこさんに上着を着せてあげるちえさま、銀橋にいるとうこさんに向かって歌っていたちえさま…いろいろとうこさんとのシーンが浮かんできて…

意外なナンバーだったのが、エリザベートの「闇が広がる」
さゆみちゃんのルキーニのキッチュが導入で、トートをちえさま、ルドルフを真風。
もうその迫力たるや、すごいのなんのって。
エリザベートは、星でこそやってほしかったと痛切に思った。
さゆみちゃん、ルキーニいけるやん!

ちえこちゃんが登場!さゆみは定番の紅子で、ゆりかはイケメンでの3人のトーク。
真風が星から異動になっちゃって悲しいと泣き、ちえこがレオンちゃんがいなくなるなんて悲しいと泣き、紅子が私はこれからずっと客席係やねんで。私の身にもなってよ、と泣く場面が本音っぽかったなあ。

今回のトークネタは、さゆみの舞台メイクについてが大きなウエイトを占めていた。
昼の部は、ちえさまがすべてメイクしてあげたんだとか。
まだ、ご不満なようで、夜の部をそれをベースにさゆみが手を加えたらしい。

確かに夜の方が美しかった。
が、眉の描き方にまだご不満なご様子だった。
メイクは、とっても大事。ちえさまも2011年ごろから、とっても上手になって、ステキさが一段と増したような気がする。さゆみ、メイクをがんばるんだよ。

アンコールで「タカラヅカ」を歌ったあと、14日の夜の部は3人のトークが30分ほどあった。
DVD収録用?
昼の部が終わってから、お食事をしたりしてくつろいでいたときのネタで爆笑に次ぐ爆笑。
まるで漫才みたいな3人。
さゆみちゃんとちえさまのコンビは、ヅカファンだけ対象にした漫才コンビとしては最高!

それにしても、その場の状況を想像すると、まるで女子高生のような3人。いたずらっ子のような3人。
ピュアなんだな〜。30代の女性とは思えない…(笑

さて、梅芸はものすごく鮮明な画像で、音響もよく、ずっとちえさまを見ていられて、これはこれでとってもよかった。できないのはハイタッチだけだね…と思っていたら…

DS終了後にちえさまの舞台生活ダイジェストの映像を10分ほど見ていると、武道館映像がラストでFor goodを歌い終わったら、映像がすっと消えて、「来ました!」というちえさまの声が会場の後ろからしてきた。

夜の部では、通路側の席だったので、ちえさまが横を通ってくれて、しっかりがっしりハイタッチできちゃった。
そして、昼、夜とも、For goodを歌って、再び客席を降りて、去っていかれたのだった。

ちえさまが舞台にあがってからは、司会は「それでは後は柚希さんにお任せします」と言って消えちゃった。
以前のちえさまなら、あたふたするところだろうに、しっかりその場をまとめていた。
夜の部は、DS会場でも、お客さんとじゃんけんをするということに急になった。
勝ったからといって、前に出て握手するだけなんだけどね(笑

梅芸会場の舞台に上がったちえさまは、「ここでもじゃんけんしてた?」
してなかったんだけど、会場から「してた〜」という声がいくつか飛んだ。
すると、「え〜、してたんだ〜、かわいい…」とちえさま。
そのちえさまに会場全体が萌えた一瞬だった。

こちらでもやろうということになり、結果、少年が勝ち残り、ちえさまはじめ会場中が意外な結末にびっくりだった。
そして、For goodを歌ってくれた。
それは、関西でジェンヌとしての最後の歌でもあった。
心をこめて歌ってくれるちえさま。
ありがとう〜。一生忘れない。

宝塚大劇場でお見送りした日から、1週間も経ってない。
ちえさまは、ムラの千秋楽が終わっちゃって、ものすごく寂しかったけれど、このDSのお稽古がすぐ始まって、うれしかった。でも、もう、これで関西は終わってしまうねんな…としみじみしていました。
一つ一つの舞台が終わるたびに、一番さみしいのはちえさまよね、きっと。
いつも全力で、ひとつも隙のない舞台を作り上げ、登場人物たちのさまざまな思いを届けてくれたちえさま。
本当にありがとう。

DSC_3109.jpg

おみやげとプログラム

DSC_3110.jpg




posted by 風土倶楽部 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

宝塚歌劇 宝塚大劇場 星組千秋楽

ついにこの日が来てしまった…
朝から小雨がぱらつく天気模様。
入り待ちする友人たちが先に花のみちに行き、私はバウの中継の抽選に並ぶことにした。
私の千秋楽チケットはすでにゲット、母が急に観たいというので抽選に参戦することに。
3月になって2回母にチケットを用意したところ、すっかりちえさまにはまってしまったらしい。
やはり2回観劇した叔母も、ちえさまの虜に。
柚希礼音というお方は、誰をも魅了してしまう本当にすごい人だ。

というわけで8時すぎに宝塚駅に到着したら、列のしっぽがどこだかわからない!
駅から花の道に入るところですでに川の方へ続いているではないか!

とりあえず、入り待ち中の友人たちの場所を確認しつつ、適当に列の中にもぐりこんでみた。
敷地内に入ると、列はとぐろを果てしなく巻いていて、敷地内をぐるぐるぐるぐる回る羽目になった。
いったいどれだけの人がいるんだ〜?

DSC_3037.jpg

劇場内に入る入り口で、その日の番号を渡された。これは単なるくじ引きの順番。

DSC_3039.jpg


すでに1811番…まだ、後ろに1000人はいる。ということは3000人?倍率はどうなる?

場内でまたしてもとぐろを巻きつつ、ちえさまの看板の掲げられた壁近くで待機すること30分以上。
もう、この看板をこの劇場で観ることもないのだなあ…などと、一緒に並んだ友人たちとため息をつきつつ…

DSC_3040.jpg


場内アナウンスで「只今300番までの方の抽選が終わりました〜」などと逐次放送される。

8時半に閉門されて、抽選の机の前に到着したのが9時半ごろ。
3つか4つ並んだテーブルの上にどさっと置かれた歌劇団の封筒から、一つを選ぶ。

めでたく当選の紙が入っていた。

Fotor_142600077454624.jpg


友人2人と一緒に参戦して、3人中2人が当選。
これは相当高い確率。ラッキーな私たち。
が、番号は500番台後半。
この日の当日券は立ち見100、席60、バウ500席
うーん、微妙〜。チケット購入は10時半からとある。

じゃあ、それまで入り待ちだ〜!と、友人たちのところに戻ろうとしたところ、行けない・・・
人垣で行けない!
道路を渡ろうにもFCのガードの人たちに「入らないでください!」「渡らないでください!」と阻止されてしまう。

友人たちが、とってもよい場所を確保してくれていたのに・・・

が、あきらめの早い私。二兎追うものは一兎をも得ず。
今日は親孝行しましょ。
10時からオープンするカフェの場所とりをしておくことにして、劇場内に戻った。

テーブルを確保して(この時点で、残っていたテーブルは3つぐらい)、朝食にハンバーグ定食(朝食ともいえない・・)を食べていたら、友人たちが戻ってきた。
ちえさまが無事楽屋に入ったとのこと。友人が撮影した入りの様子を見せてもらう。
この時点で10時半。

あ、私のチケットを引き換えねば・・・とあわてて500番台の列に戻ったら、係りの男性がちょうど私の番号を読み上げて、「いませんか〜?」と声を張り上げているところで、あわてて「はーい!」

600番台、700番台の人も並んでいたけれど、チケットはあるの?
チケットをやっと引き換えられたのが11時半ごろ。バウの座席で残っていたのは1列から3列あたりのみ。
母に電話をして、すぐに劇場に向かうようにと伝えた。

母に千秋楽のライブ中継を見せられるとは、なんて幸運なんだろう。最大の親孝行だわ〜。
これで心置きなく私は、劇場内で泣ける…(笑

DSC_3045.jpg


会場ではFCの人たちのためのちえさまデスクが出ていた。

ちょこちゃんも一緒。

DSC_3042.jpg


ちょっと落ち着くために公演デザートを。ヨーグルト味のババロア。おいしゅうございました。
このあと、午後8時ごろにようやくラーメンを食べるまで食事はなし。興奮していたからか、お腹が空いたという感覚はなかった。

DSC_3047.jpg


こんなドタバタでようやく千秋楽の幕が開いた。

DSC_3051.jpg


DSC_3055.jpg


みんなの力の入り方がすごくて、今まで観た中で一番よかった。
特によかったのは紅子。さゆみちゃん、よくやった!壁ドンも、最後までがんばった。迫力が出ていたよ〜。
ショーのドラキュラ場面も、とってもよくなっていた。(でも、最後の「あ〜」はない方がいいと思うよ。笑)
今日のさゆみちゃんなら、トップは大丈夫。
やっぱりちえさまのDNAを受け継いだあなたにやってほしかった…とまで思った。

さよならショーの曲目は、以下の通り。順番はちょっと怪しい…

「太王四神記」のチュシンの星のもとに じゅんこさんの「あなたこそチュシンの王!」がちゃんと聞こえてきて、涙。
「激情」のジェラシー
「オーシャンズ11」のジャックポット、ねねちゃんがアダムとイヴ
「めぐり会いはふたたび」のLife is
「再会」から、恋のガイドブック
「ブエノスアイレスの風」 ころちゃんの歌に涙。この公演がコンビを組んだ最初のもの。
「スカーレット・ピンパーネル」の君はどこに 当時よりも、もっともっと素晴らしい歌声で感激。
「ロミオとジュリエット」の世界の王、天使の歌が聞こえる
「REON」のバーレスク、ちえちゃん
「眠らない男」から、NHKスペシャルでレッスン風景が放送された曲
For good
REON

どれも心のこもった歌で、涙にくれながら、堪能させていただきました。
For goodで、ちょっと涙声になっちゃったけれど、ぐっとこらえてパーフェクトなパーフォーマンスで終えたちえさまでした。

DSC_3056.jpg


柚長さん、涙、涙、だった。

さよならショーの前にちえさまの今までの映像をバックに、ちえさまによるお手紙を柚長さんが読んだ。
正直な気持ちをつづったよいお手紙でした。

さよならショーの後には、一緒に退団する5名からの、やはりお手紙と映像。
本当にちえさまたちは退団するのだなあ…と、柚長さんの手紙を読み上げる声で実感せざるを得なかった。

でも、ちえさまはとってもりっぱにご挨拶。
カーテンコールでは、ご挨拶やコメントを用意していなかったちえさま。
「本日は…」とか「東京で頑張ります」とか、いつもの繰り返しで可笑しかった。
最後までちえさまらしいちえさまだった。

激しい涙雨になってしまった出待ち。
日刊スポーツの大きな写真記事に私たち一行もちらっと写っちゃった。自分たちにしかわからないけど(笑

DSC_3058.jpg

冷たい雨の中、FCの人たちのちえさまを送る歌声が、とっても切なかった。
その前でにこにこと楽しそうに踊っちゃうちえさま。
ああ、本当にステキな人だ…
たくさんの出会いと感動を与えてくれたちえさまに心からの感謝をささげたい。

みんなを夢中にさせるちえさま、どうか東京千秋楽まで怪我も病気もなく終えることができますように。
そして、もっともっと高見をめざして羽ばたいてくださいまし。
どこまでもついて「行きます!」

東京も、早速、ついていきます!

posted by 風土倶楽部 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする