2007年02月14日

千葉県鴨川市で「食の祭典」が開催されました

甲斐さんに急に頼まれて2月11日(日)に千葉県鴨川市で開催された「食の祭典」と「食文化フォーラム」に行ってきました。

kamogawaasaichis.jpg

会場は鴨川駅から車で15分ほどのところにある見晴らしのよい丘の上の城西大学。
この日は、鴨川市と同大学が共催で開催する鴨川朝市の第1回目も同じ校庭で行われていました。
20店舗ほどと規模は小さいものの、各店舗に立ち寄って話をしてみたら、それぞれに個性的で面白かったです。
10時半ぐらいと早めに着いたつもりだったけれど、すでに完売で何もないお店もありました。
どんな店かというと、これ!

kamogawaasaichi2.jpgイワシをうまく活用できないかと試行錯誤の上に開発した商品で人気が出てきているとか。
開発したのは魚屋さんではなく、機械やさん。釣りをしているうちになんとかイワシを・・・というので思いついたそうです。
ここに出ているお店に行けば、食べられるとのこと。
なかなかうまい宣伝の仕方です。ないとなれば食べに行きたくなりますもん。

shizenoukoku.jpg himono.jpg kamadonohi.jpg nakkonogakkou.jpg

そのほかにもお馴染みの鴨川自然王国や、普段はデザインの仕事をしているパンやさんとか、旅館を経営しつつ、黒米そば、赤米うどん、鴨川塩などの商品開発をしている店主とか。
お店って、出している人が面白いとつい買っちゃいます。

kamogawa6.jpg

「食の文化祭」は市内12地区の食改さんたちによるものでいつものことながら女性パワー全開という感じ。
ピンクのエプロンがまぶしいです。
今回のテーマは「堤げ重」という大型弁当。

ishidasan.jpgご挨拶中の大山千枚田保存会会長の石田三示さんです。
今回の仕掛け人の一人。

「食の文化祭」の楽しみ方のコツは、料理を目で見たり味わったりだけではなく、必ず料理に添付される料理シートに注目することです。

続きを読む
ラベル:食の文化祭
posted by 風土倶楽部 at 08:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする