2008年01月30日

宝島「倉橋」で見つけた宝石のような石地みかん

倉橋島で出会ったKさんいわく、
「ワシもつくっている石地(いしじみかん)は20年前ごろに発見された突然変異のみかんで、それを増やして、この辺りだけでつくっているんだ。」

名前は、発見し、育てた石地さん由来。
「長期間置いておいても皮が浮いてこない。
糖度はものすごく高いわけではないけれど、味が凝縮されている」

「一粒食べたら、また、一粒、そして、また一粒・・・とやめられなくなるおいしさなんだよ」

そこまだ聞かされたら、「た、たべたいですぅ・・・」と私。

「ん、じゃあ、あげるよ。待っててね。うちに取りに行ってくるから」

「うちまで車でお送りします!」と叫んじゃいました。

本当にKさんの言葉通り。
ちっちゃいけれど、皮が薄くて、味が濃縮されたみたいに濃くて、おいしいのなんのって!

みなさん、いしじみかんを見かけたら、絶対「買い」です!
あまりたくさん量はないみたいだけれど。

s-2008_01280801260015.jpg

ラベル:半島 地域資源
posted by 風土倶楽部 at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

耕して天に至る

寒いですね。
今年の冬は、冬らしい寒さを久しぶりに感じます。

相変わらず食を追っかけております。
舌が肥えて困るわあ、と友人に言ったら、
舌だけ?と言われた。

広島で一番南にある瀬戸内海に浮かぶ倉橋町。
行く前にネットで検索したら、風景写真はたくさん出てきたけれど、
なんとなくつかみにくかった島だった。
でも、行ってみたら・・・。

s-DSCF5586.jpg

瀬戸内海の島でよく見かける段々畑。
まさに「耕して天に至る」
新藤兼人監督の実験的な映画「裸の島」(昭和35年製作)のシーンを思い出しながらの島めぐりとなった。

s-DSCF5599.jpg日向ぼっこをされていたご夫婦にお話を聞いたところ、今は水が使えるのでいろいろな野菜を育てているけれど、かつてはあまり水を必要としない麦と芋をつくっていて、それは大変な作業だったとのこと。

s-DSCF5597.jpg s-DSCF5559.jpg

この急斜面での農作業の大変さは、たぶん私なんかがいくら想像してもできないこと。見上げるたびに胸に迫るものがあります。

s-DSCF5618.jpg

こうやって、丁寧に一つずつ石の隙間をきれいにしている方を見かけました。たぶん年配の方。雑草がぼうぼうの段々畑もたくさんあって、これから、どんな風景になっていくのか。

ラベル:地域資源 半島
posted by 風土倶楽部 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

冬の旅をお薦めします

新幹線で新大阪に降り立つたびに、エスカレーターに乗るときに、右側に並びそうになり、おっと左だと移動する。
きっと関西から以西は左側並びなのね、と思っていたら、今回、広島に下りたら、右に並んでいるではないの!

ん?左は関西だけ?
九州はどうだっけなあ。
いったい誰が決めたのぉ?
日本テレビの「秘密のケンミンショー」でやってくれないかしらん。

相変わらず旅から旅の旅ガラス〜をやっています。
冬の旅は寒いけれど、どこに行っても人がいなくて、
新幹線も、高速道路も、一般道路も、旅館もホテルも、そしてお風呂も貸切状態で贅沢このうえなし!
魚もおいしい。

s-DSCF5286.jpg

でも、そうよねぇ。たいていの人は年度末、受験シーズンと多忙な時期ですもんね。行けるわけないっか。
暇そうな団塊の世代の旅人はどの辺りをうろついているのかしら。


続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする