2010年11月25日

迷えるお若いお方へ半農半Xライフはいかが?

久しぶりにちゃんとした情報です。
これからどうやって生きたらいいんだ〜!とお悩みの若い方が周囲にいらしたら、お知らせください。お申込みは下記に直接どうぞ。

自分を生かすっていうのは、いつの時代も大変だとつくづく思う。
早く自分の能力を見極めること、がコツなんだけど、これがなかなかねぇ。。。
昔の人たちはいろいろな能力を身につけなければ生きていけなかったから、ある意味、みーんな半農半Xだったのだ。でも、今はたいていのことは家電やパソコンがやってくださる。
半農半Xって、結局、スキルがないとやれないんよね。
だから、そういうスキルを身につけたい人にはいいかもね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〜稼ぐための職業から、生きるための生業へ〜
“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
群馬県片品村での半農半Xライフってどんなかんじ?



講師に、雑誌『うかたま』の連載「いーからかん人生相談」でおなじみの群馬県片品村在住の桐山三智子さんをお招きして、おしゃべり会を開催します。

横浜に生まれ、東京で働いた後、群馬県片品村に移住した桐山さん。野菜づくり、味噌づくり、炭焼き&炭アクセサリー作り、スキーのレンタルショップ…。
現代的“百姓生活”を営む、桐山さんが農山村で見つけた“大切なこと”とは…?

当日は、桐山さんとリラックスモードでお話しできるカタチをとり、「農山村」での暮らし方、地域に残る大切な価値、半農半Xをどう実現するかなど、ディスカッションをしていきます。

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半Xの暮らしに関心がある人
・女性一人で農山村で暮らせるの?と不安な人
・人生の先輩(おじいさん・おばあさん)の知恵を学びたい人


◆日時 12月11日(土)13時〜15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)
 
※地図(http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(当NPO会員は500円でご参加いただけます。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)       ・
・ 154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A ・
・ TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆桐山さんプロフィール(HPより引用)

6年前までは渋谷のアクセサリー雑貨店のショップスタッフ。
消費社会の中で本物が何かわからなくなる。遊びすぎと仕事のストレスでアトピーが再発し、立ち止まる。同時期、友人のベビーブームに、無知なままの 自分では母親になったとき子ど
もに何を伝えられるのか、と考え、まずは自分の環境を変えることを決意し田
舎に飛び込む。村で出会ったお母さんの偉大さに感銘を受け「片品生活塾:Good Mother Proj
ect」を立ち上げる。現在は、金次郎師匠の炭焼きのお手伝いからヒラメイタオリジナル商品、炭でアクセサリーを作り個展を開いたり、40年引き継 がれている下小川味噌加工所で、カヲル婆さんのみそ作りのお手伝いもさせていただきながら、縁あって出会った人たちを受け入れている。
講演会では田舎暮らしの魅力や可能性を伝えたり、雑誌「増刊現代農業」「うかたま」に連載をもたせていただいたりと日々マルチに活動しています!

HP「iikarakan」
http://iikarakan.81s.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライフスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月〜1月にかけて行う計3回の講座を、一般にも公開し、開催いたします。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そして「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました。その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外から手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつての日本人の暮らしの形を見つめることから始めたい、と考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されてきました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなおし、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思いでこの塾を立ち上げました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆公開講座の第三弾も開催決定!こちらも申込みもお待ちしています。

日時:1月9日(日)13時〜15時
講師:神澤則生氏(NPO法人トージバ)
場所:損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1) 

NPO法人トージバは、都市と農村をつなぐことをテーマに活動を展開しています。
地大豆の種をまく「大豆レボリューション」や竹活用の取り組み「バンブーファクトリー」などのプロジェクトを通じて、神澤さんが目指すことをお聞きします。

posted by 風土倶楽部 at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

バオバブと納豆とビールのわけわかんない会のご案内

早、少々ツイッターに飽きてきました。
ここに貼りつけていたのはとりはずしました。
風土とみつばちだけで十分。個人のアカウントは、読むだけに徹しようと思います。オピニオンリーダーたちも盛大につぶやいています。みんな、つぶやきたいのねー。つぶやき症候群。大メディアでははっきりものが言えないからなんでしょうか?ネットの中なら言えるのかなあ。なんだか不思議なツールです。
私は、ここでまとめてつぶやいているので十分でございます。

とりあえず、つながり方がわかったので、後はのんびりやるかと。フォロワーをやたらと増やすのではなく、本当にお互いが興味を持てる相手とフォローしあっていきたいです。
思わぬつながりも実際に生まれています。

たまおこしの会の関係で「バオバブと納豆のはなしとビールの会」が6月5日土曜日の夜、カフェスローで開催されます。
なんじゃそれ?と思われた方は、風土倶楽部のブログに詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。

私も参加の予定です。
かなり欲張りな会です。年齢層は、たぶんカレイなる日々の方々が多いかと思います、なんて言ったら、プロデュースしたKさんに怒られる?
かな。


posted by 風土倶楽部 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

やまくまさん、やるなあ 〜新しい情報発信〜

家族がシカゴに転勤になったので、連日、スカイプで連絡中。
家族とはいえ、あまりにも髪ふりみだし状態を見せるのはしのびない。
映像が映るというのもよしあし。
不思議なもので、声だけだと会ったという気がしなくて、顔を見ると会った気になる。

仕事の打ち合わせもスカイプ。
今度は、送られてきた特産品を味見しながら、打ち合わせをしようということに。いきなり出張ではなく、現地入り前にかなりいろいろな情報交換ができそうな気がする。
これが無料なわけで、NTTはどうなるの?なんて私の気にすることじゃないか。
地殻変動があそこでも、ここでも、すごいですね。

東京朝市をずっとお手伝いしてくれているやまくまさん(実は日本財団の職員です)が、こんな素敵な企画を立ち上げました。
12月3日から9日までは障害者週間。この初日に福祉施設によるお気に入りの商品をブログをやっている人たちが一斉に紹介しようというもの。
全国140のブログが参加するそうです。
詳細はこちらをご覧ください。

東京朝市などでいつもわあわあ話をしている私のそばで、だまってニコニコしながら、お手伝いをしてくれているやまくまさん。こーんなことを考えていたのね。
ホスピタリティの塊のようなやまくまさんならではの企画です。

深く静かにつながって、援け合いながら、それぞれの道を模索する。
それが一番確かな道。
やまくまさんのやろうとしていることはまさに最先端だと思う。
メディアとしてのブログの新しい可能性を感じます。

昨夜は得意先のお店のオーナーさんたちと時間を忘れて語り合っちゃいました。モノを通じて知り合ったけれど、モノだけじゃない、新しい関係を今までにない新しい環の中でつくっていきたいです。

ということで、私はうちの商品の「パリッとしいたけ」を明日、ご紹介します。北海道の福祉施設による◎!な商品なんだけれど、思いっきりユニーク。たぶん普通の流通なら扱わないだろうなあ。。。





posted by 風土倶楽部 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

日テレエコウィークイベントに出店

今年で3年目の日テレエコウィークの東京朝市アースデイマーケットに参加出店します。マーケットの期間は6月5日〜7日ですが、うちは5,6日の2日間だけです。

昨年はものすごーい雨に降られ、一日中止になってしまったけれど、今年も、なんだかお天気がイマイチのよう。
代々木公園と違って、かなりのんびりとしたマーケットです。
詳細はこちらへ。
なぜか風土倶楽部の名前を出してもらっておりませんが、出店はしますのでお近くにお立ち寄りの際はぜひ、来てくださいね。

でも、汐留なんて、そこに会社がないかぎりなかなか行かない場所ですよね。私だって、このときぐらいしか行かないですもん。
6年ぐらい前にマンション裏の階段から落ちて以来、コンクリートなど固いものがコワイという軽いビル恐怖症。だから、あの一帯はほんとはコワイ。だって、固いものだらけなんですもん。電通ビルなんて最悪。でも、我が社のプロモーションのためなら、仕方がないです。
商品はりんごとCerealとハッシュドビーフだけとシンプルです。

2008_0604asaichi0014.jpg

昨年はオープニングに嵐のご一行が来ていたので、若い女性たちが行列していたけれど、マーケットにはほとんど影響がなかったです。
エコウィークっていわれても、どうエコなのか毎年よくわからないままに終わっています。
NHKがやっているスポットCMみたいな「明日のエコでは間に合わない」が毎回気になって。だって、間に合わないといいつつ、出ているタレントたちのやっていますという内容があまりにもささやかで。
コピーと行動のギャップがすごい。

本当に間に合わなくなるまで、人間って変わらないよのね、きっと。


posted by 風土倶楽部 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

〜長編記録映画『粥川風土記』上映会〜

ちょっと怠けていたこのブログ、なのにアクセス数が急上昇。
シーサーのカウントの仕方が変わったのかも。
このところ、雑誌やラジオで注目度上昇中のみっちゃんに「あなたのブログはどのくらいアクセスがあるの?」と聞いたら、「もともとアクセス数がわからない。でも、わかったとしても知りたくない。コワイから」とのこと。

相変わらず彼女はものすごいバランス感覚。私が近年会った中ではダントツです。彼女の中にある母性に、きっと人が引き寄せられるのでしょう。後は本当の「母」になるだけ、ね。
それにひきかえ、私には母性が足りないなあ。。。と本人にわかるだけのつぶやき。I師匠、いろいろ反省中です。曇り

ドキュメンタリー映画の上映会のご案内です。

――――――――――――――――――――――――――――――
 2009年7月4日(土)

 山村生活を追った記録映画の上映と地元生活者との対談を開催!

 山村のいま、これから 〜長編記録映画『粥川風土記』上映会〜
――――――――――――――――――――――――――――――

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

今年最後の東京朝市 初の2コマ出店

今年最後の東京朝市・アースデイマーケットが12月20日(土)に開催されます。そう、今週末です。

風土倶楽部はなんと初の2コマ出店です。
前回のメンバーに加えて、今回は雨読晴耕村舎と大利根町で無農薬栽培の農業を行っている谷川拓也さんが参加してくれます。

雨読晴耕村舎からはバジルソース(人気の商品で直売のみになっています)、玄米餅など、谷川さんは自信作の米を出品の予定です。雨読晴耕村舎の看板娘“かよちゃん”初登場です。

魚屋さんは、前回大好評だった自然酒「ほ穂」や梅酒に加えて、有機JAS認定の味噌蔵の甘酒を出品。
茨城県のはちみつやあまーい栗も、ふたたび登場です。

とてもにぎやかになりそうです。
風土倶楽部からは、おなじみのオリジナル商品「りんご」(完売間近のつがる)、パリッとしいたけ、まごどさ、そして今回は仲間うちでリクエストが多いので富士酢プレミアムも数本のみ持参します。このお酢を知ると「なんにでもかけたくなる」という人が続出しています。御節料理にもぜひお使いください。

みなさま、暖かくしてお出かけください。


ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京「ひろがれ弁当の日」のご案内

一昨日は雷ゴロゴロ、気温はもわっ、で気持ち悪いお天気でしたが、昨日から急に寒いですね〜。自己管理をきちんとしないと風邪にやられそう。
今年はインフルエンザの注射をしました。最近、人ごみを避けまくっているので、菌への抵抗力が弱っているような気がして。。。

早いものでもう1月のイベントのご案内です。
「食卓の向こう側」シリーズで日本に食育旋風を巻き起こした西日本新聞の編集委員佐藤弘さんが、東京で食育の熱いイベントを企画しました。未来を担う子どもたちにこそ、味わって欲しい、知って欲しい、本当においしいお弁当とは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京
「ひろがれ弁当の日」

子供が作る「弁当の日」。
自分で作る「弁当の日」。
一品持ちより「弁当の日」
そんな取り組みが広がっています。

自分で作ることで、食材を作ってくれる農家
いつも料理を作ってくれる人に感謝できるようになります。

誰かのために作れば、
できるだけ安全な食材を選びたくなります。
国産の、できれば地元の食材を選びたくなります。

「食の安全・安心」「食料自給率」の問題も
弁当の日が超えていくかもしれません。
日本の食と農をかえていくかもしれません。

たかが「弁当の日」。
されど「弁当の日」。
とても楽しい「弁当の日」。
みんなで考えてみませんか?
続きを読む
ラベル:食育 食の未来
posted by 風土倶楽部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

過去最高の人出だった東京朝市

土曜日は過去最高の人出でした(と私は感じました)
ほらね!

2008_1123asaichi0003.jpg

2008_1123asaichi0004.jpg

今回から、みっちゃんたちは冬仕事で忙しくなり、風土倶楽部は新メンバーとご一緒でした。
茨城県古河市からの魚屋さんというちょっと変わった屋号の酒屋さんの関さんご夫妻です。

今回の出品は糸の色だけで田んぼの生き物たちがデザインされたかわいいオーガニックコットンと、自分たちでつくった米を原料にした自然酒「ほ穂」、そして日本酒とはちみつで仕込んだ大人の梅酒!
お酒は今回は試飲だけで、大人気で買いたい人が続出!
そりゃあね、おいしいですもん。

2008_1123asaichi0010.jpg


人出もすごかったし、風土倶楽部の店内は新メンバーで和気藹々とお互いの商品を紹介しあって、とっても楽しい一日でした。
パリッとしいたけが相変わらず人気で、またしても完売!
まごどさも、絶対売れないだろうなあと思いつつも、つい持っていってしまった中瓶2本が午前中に売れてしまったり、りんごちゃんもほぼ完売、拭き漆のミニスプーンも好評、と、いい感じでした。で、気をよくして、今回で今年最後のはずが、このメンバー+雨読晴耕村舎の後藤さん(たぶん)で来月20日も出店することにしました。
お天気がよいといいなあ。

2008_1123asaichi0005.jpg

くまさんのエプロンはやまくまさん。お顔のキズもきれいになり、2ヶ月ぶりの本格復帰でした。
終わってからは、お馴染みのMuraさんも飛び入り参加で、また、豆ちゃでしっかり盛り上がったのでした。


posted by 風土倶楽部 at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

人が資源 その3 人がつなげるものたち

11月22日の東京朝市・アースデイマーケットに出店します。
今年最後にしようかどうしようか、ちょっと迷い中。
今回は過去最高の59店舗の出店となります。
野菜類も一番種類があるころだし、にぎやかなマーケットになりそう。

風土倶楽部の新商品は、オーガニックコットンのタオルです。
リクエストをいただいている山形県真室川町工房たかねの拭き漆のスプーンとお箸も持っていきます。
お馴染みのパリッとしいたけ(これを手にした人は必ず?!となります)、まごどさ、りんご(今年初のつがる)、お茶などなど。

11月29日は多摩市山王にあるアスタナ・ガーデンでの「たまの秋市」に出店します。アスタナ・ガーデンは、お得意先の一つでもあり、「たまおこしの会」のお仲間でもあります。セミナーやお食事会もあって、とても楽しい内容になっています。当日、私は以前からの仕事の予定が入っているので、この日は浦嶋さんの再登場となります。
詳細はこちらをご覧ください。
多摩やさしい暮らし展.pdf

実は先日参加していた若杉さんの講演会やタイコウさんの出汁取り教室などは、すべてお得意様というか、りんごちゃんが取り持つ縁でつながっている方々による主催のもの。
LJ21のときは、各地で持続可能な地域づくりに関わっている方々とどんどんつながっていきましたが、今はりんごちゃんやまごどさのおかげで、全国のお店の方々とつながりつつあります。
お店とお店の関係というよりも、結局、人と人です。
みんな、同じ思いだから、すぐにつながりあえる。
ここでも資源は人だなあ、とつくづく思うのです。

ラベル:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

小さな輪がつながって…幸せ組のKatakata展

今日は、4日から明日まで「Katakata展」が開催されているギャラリーショップ「遊土」(横浜市鶴見区)へ。

住宅街の中の、とっても素敵なお店です。

2008_1108yudo0012.jpg

主役はみっちゃんの炭アクセサリー

2008_1108yudo0010.jpg

二人の野菜やお豆たちも登場。サルや鹿から守り抜いた、この夏の成果です。花豆がとてもよい出来!
持ってきた師匠の炭も売れ行き好調。

2008_1108yudo0011.jpg

来年、たくさん収獲が期待されるにんにくを今から「待っているわよ」というお客さまたち。なんだかいい感じで輪ができていました。

2008_1108yudo0013.jpg

カメラを向けたら、後ろを向いちゃった人がいます。さて、誰でしょう。スポットライトを浴びているのは、りんごちゃんとまごどさです。
りんごちゃんは今期、初お目見えのつがるで、今年は遊土さんが販売再開の最初のお店になりました。楽しい輪の中に入れてもらえて光栄です。

2008_1108yudo0009.jpg

パリッとしいたけが見当たらない…と思ったら、初日に全部売れてしまったのだとか。りんごちゃんももちろん大人気。お店の雰囲気にばっちり馴染んでいますでしょ?

まごどさも売れ行き好調で、ここにあるのは追加で注文していただいた分です。

私が一番好きな粉引きの陶器のすてきなものがたくさん並んでいて、うっとり。お皿を2枚、一目ぼれで購入してしまいました。
こんなお店、やりたいです。

りんごちゃん販売再開を顧客のみなさまにアナウンスしたところ、注文が入ってきています。
「待っていました!」
「楽しみにしていました」
「安心のおやつ、待っていました」

そんなコメントをつけてくださる方が多くて感激。
安定供給が鍵です。




posted by 風土倶楽部 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

全国の島々が集まる祭典 アイランダー2008

九州の友人がブログで兵庫県姫路市の家島の元気な漁師さんたちの様子を見て、「先進地」の視察に行きたいとのこと。で、NPOいえしまのリーダーのKさんに連絡したところ…

いや、もう、パワー全開でございました。
そういえば、行ったときもそうだったのよねぇ。

「6月にはお世話になりました!」
「あー、お世話しました!」
「あ、たしかに…」たじたじ

「友人が行くのでよろしく!」
「わかった!ところで私らも今月、池袋に行くから、来て〜!それから、また、ブログで行くよ〜と告知して〜!」
「はい、行きます!やります!なに持ってきはんの?」
「いろいろやわあ、なんかええもん!と書いといて!」

ということで「アイランダー 2008」のお知らせです。
11月22日、23日に池袋サンシャインシティで開催されます。
各地の離島で地域を元気にしようと取り組んでいる団体が一堂に集まって、特産品を販売したり、島の暮らしを紹介したりします。

前回は内輪のフォーラムに参加したけれど、離島の人たちがとっても元気で積極的で、そして楽しそうで大いに刺激を受けました。特に離島にIターンした人が元気でした。

私は22日は東京朝市なので、23日にKさんたちに会いに行くつもりです。海系のおいしいもんに出会えること間違いなし!と思いますよ。

さ、また、お仕事に戻らなくっちゃ…次は…室津大島半島攻略!
posted by 風土倶楽部 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

シンポジウム 〜米づくりから「地域」を見る〜のご案内

先日の「お米のなみだ」の鳴子の米プロジェクトが、今度は新潟県村上市の高根に飛び火するか?

シンポジウム
地域づくりの新しい視点
〜米づくりから「地域」を見る〜

2008年11月23日(日) 13:30〜開催されます。
会場は、村上市教育情報センター・視聴覚ホール
定員:200名
入場料は無料です。

コーディネイターはもちろん結城師匠。
米プロの理事長や、風土倶楽部で連携中の青森のお仲間も登場。
耕作放棄の目立つ棚田の米づくりの現場で、10年後の耕作予想図をもとに話し合いが展開されるようです。

結城登美雄師匠、渋澤寿一師匠と、お師匠さまたちは相変わらずご活躍でございます。

詳細はNPO法人共存の森ネットワーク事務局のホームページのこちらをご覧ください。
ラベル:農業 食の未来
posted by 風土倶楽部 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

関東平野に伝わる土にねざした暮らしの息づかいを知る「オオカミの護符」上映

dvd-20jacket-b.jpgドキュメンタリー映画の制作を行っているささらプロダクションの小倉美恵子さんから、小倉さんたちが心血を注いで制作した「オオカミの護符」が文化庁映画賞優秀賞を受賞したとの連絡がありました。

小倉さんとはLJ21を立ち上げるときに、むらはどうあるべきか、など激論(当時は若かった)を闘わせた仲。互いに道は違っても、根っこは同じ。そういえば、「根っこクラブ」なんて言い合っていたっけ。

さて、この映画、タイトルからしてかなり興味をそそられます。

神奈川県川崎市宮前区土橋の古い土蔵の扉に貼られた犬が描かれた一枚の護符。その護符を調べるうちに、護符が関東平野を取り巻く山々で発行されていること、また護符に描かれているのがヤマイヌ、すなわちオオカミであることなどが判明。その護符に託された農民の願いとは…。

もっとも変化の大きい関東平野の大地に今も息づく農の心に触れる映画になっているようです。
小倉さんたちは、「百姓」という表記に関しては、最大のこだわりをもって使っている言葉なのだけれど、放送コードにも触れるし、なかなか一般的には使ってもらえない。その点、「百姓」を連発している映画に文化庁から賞が与えられたことに、少なからず驚きを感じているそうです。

「農民と百姓は、全く別物だということを伝えたいと思っています」とのこと。ますます興味深々の映画ですねー。

10月4日から一ヶ月間、ポレポレ東中野で上映されます。
以前から気になっていた映画なので、私も、この機会に絶対観に行くつもりです。

詳細は、ささらプロダクションのサイトへどうぞ。

posted by 風土倶楽部 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

14日の東京朝市・アースデイマーケットに出店&にゃふー

9月14日日曜日の東京朝市・アースデイマーケットに出店します。
8月はお休みしたので2ヶ月ぶりの出店となります。

今回のラインナップはりんごがないのでちょっと淋しいけれど、Cereal、パリッとしいたけ、カシスドリンク(だせないかも、です)に加えて強力新商品が登場します。

山形県真室川から、米粉のヴィスコッティ
 おいしいです。有名パティスリーに負けてないです。

同じく真室川から「工房タカネ」の拭き漆の箸とスプーン
 とても素敵です。よい食材をおいしく料理して、もっとおいしく食べるためにぜひ!

そして、群馬県片品村カタカタハウスから、おサルや鹿、クマたちから守り抜いた超貴重な大白大豆の枝豆などの農産物
 早いもの勝ちです。すでに予約も入っています。

詳細は風土倶楽部のブログをご覧ください。
商品の画像もアップしています。

続きを読む
ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

成長を感じる東京朝市・アースデイマーケット

5月25日(日)は、毎月1回代々木公園けやき並木で開催している東京朝市・アースデイマーケットです。10時から17時で開催です。
風土倶楽部&片品生活塾はいつものように出店します。

実行委員会で出店希望の審査をしてますが、このところ希望店が続々と増えていて、審査が厳しくなってきています。
テントは50棟ほどしかなく、これ以上、数を増やすのも運営上課題が多いので、出店できる店の数が限られるということになります。

通年で申し込む枠を設けてみたところ、希望がこれまた殺到し、結局、農家だけに限ることになりました。
有機栽培では有名どころの農園からの出店希望も相次いでいて、マーケットがどんどん成長している手ごたえを感じます。

ぜひ、お立ち寄りください。

6月2日〜8日は日テレエコウィーク内のイベントとして、汐留の日本テレビ広場にて、東京朝市・アースデイマーケットが開催されます。
こちらは小規模で10店舗程度です。風土倶楽部は2日間だけ出店の予定。日程が決まり次第アップします。

なお、以前はマイバックを持参した人へ「r」のプレゼントがありましたが、持ってくる人が多くなったためと、マイバック持参は当たり前にしようということで廃止になりました。
持参されない場合は、レジ袋1枚10円となりますので、ご注意ください。
このあたりも、朝市らしい風景が生まれつつあるということでしょうか。

東京朝市・アースデイマーケットのホームページも大リニューアルされました!

ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

マルシェ・コロール in 柏の葉キャンパスに出店

5月3,4日に柏の葉キャンパスにて開催されるマルシェ・コロールに風土倶楽部を出店します。

1月初めにみつばち&はちみつで街づくりをしたいので話を聞かせて欲しいと某企画会社いわれ、パリにはミツバチBOXなるおしゃれな養蜂箱がまるでポストのように置かれている場所がある、などと言ったら、パクッ!

つくばエクスプレスの沿線にあるこの駅は三井不動産が開発中の場所だとかで、お金をかければなんでもできるんだなあ、という感じです。
そんなつながりで、今回は出店することに。
マルシェ・コロールの場所も状況もまったく把握していなけれど、昨日、送られてきた資料をみると、パリのマルシェをめざすというだけあって、シェードだとか、テーブルだとかが統一されていて、かなり気合が入っているみたい。

東京はちみつクラブ(THC)で出て欲しいということだったけれど、当方、ただ今、風土倶楽部で売り出し中なのでございます。
せっかく変身したのに、タペストリーが使えないのが残念!
THCは、もう幕引きしようかなあと思うと、ひょこひょこ話がきて、なんとなく続いている。
風土倶楽部経営者としては、はちみつを食べるときに、ぜひ、「Cereal」も一緒にね!です。

自分で飼って、はちみつとりたいなあ。。。
GWの都心は静か。このぐらい人口移動すれば、過疎地もちょうどいいぐらいになるのでは?


ラベル:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

東京朝市のお知らせ 

4月19,20日に代々木公園でアースデイ東京が開催されます。
今回の東京朝市・アースデイマーケットは、そのイベント内のスペースに出店となり、風土倶楽部も出店します。

今年は、りんごもまだ余裕がありますし、新商品「Cereal」がデビューしますので、ぜひ、ぜひ、お立ち寄りください。
同じブース内で群馬県片品村を拠点に大活躍中の桐山三智子さんが主宰する「カタカタ」が出店します。

昨年は、はりきって東京朝市に参加したものの、7月には「りんご」が完売してしまい、主力商品がないままに各地のものを販売していて、ボランティアスタッフから「なんだかよくわからない店になっている」との鋭い指摘があり、いやー、参ったです。
だって、完売してしまうなんて思いもよらず、で戦略ミス!

冬の間に体制を立て直して再出発、と思っている間に春が来てしまい、目下、いつものことながらドタバタやっています。

先日、宣言しちゃった「ニャオン!」にこぎつけニャア。
せめて「ニャン!」にはね。

うん、それにはなると思う。思いますよ。
遊びに来てくださいねー。

それにしても、みんな「アースデイ」という言葉がお好き。
それとエコ。
最近は「エコ」が稼ぎのネタになっているだけのような。
スローフードとかと同じ記号でね。

結局、食でいえばギョーザ事件が一番インパクトがあったわけで、
広報とか、広告とかって、何なんでしょうね。

今日は大好きなゆうまちゃんを電車の中吊りに発見!
このゆうまちゃんは、広告代理店など関係なく、ほとんどお金をかけずに誕生したのだ。
そう思ってみると、ますますキュートなゆうまちゃん!
馬に羽が生えていても、触覚があっても、許しちゃうなあ。
群馬県の愛すべきゆるキャラです。

e-200804041557000.jpg
posted by 風土倶楽部 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

シンポジウム「本来農業への道」のご案内ほか

('・ω・`)さんとつながって、うれしいです。
梅採りに行こうかな。ぶひ、ぶひと歓迎してくれそうだし。

きっかけになった映画「いのちの食べかた」はシアター・イメージフォーラムで公開14週目の2月25日までに動員2万5000人/興収4000万円を突破、同館における動員/興収の歴代最高記録になっているそうです。ポレポレ東中野でも、アンコール上映が決まったし。
私が観たときに目だったのは若い人たちの観客が多かったこと。カップルで来ていた人も。

さて、先ごろ、ご紹介した「本来農業への道」完成記念として、4月16日(水曜日)に国連大学の国際会議場にてシンポジウムが開催されます。
詳細はこちらへ。

私は、「ビジネスとしての本来農業」のパネルディスカッションのパネリストとして参加します。
女性が委員の中にたった二人しかいなかったのでバランスを取るために出てくれということで・・・。
宇根さんも、木ノ内さんも、陽先生も論客ばっかりで今からかなり憂鬱。ほんとにゆううつ。
私の言語は直感言語だからなあ。

ビジネスとして成り立つ農業って、本題中の本題ではないですか。
これに明快な答えが出れば苦労しないわけで・・・。

それにしても一気に国産品が注目を浴びております。
これは房総のみやげ物店にあったPOP。

e-2008_0308boso0080.jpg

みやげ物店でわざわざ国内産というPOPもどうかと思うけど。

続きを読む
ラベル:食の未来 農業
posted by 風土倶楽部 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

森の聞き書き甲子園フォーラム 3月23日開催

一気に春が来ました!
花粉も飛びまくっていることでしょう。
目薬をたっぷり使うよりも、どうせならさわやかな涙で花粉を洗い流すというのはいかが?

高校生の、森に生きる人々の技と人生へのヴィヴィッドな賛歌と共感で大人たちは思わずうるうるしてしまう森の聞き書き甲子園フォーラムのご案内です。
今年は結城師匠もご登場!
うるうる度高し!でございますよ。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

山村塾終了 「お手は宝や」と高級会員制クラブ

東京・青山で3月3,4日の2日間で開催された「山村塾 全国研修会」が終了。
メインは久しぶりに集合した仲間たちとの飲み会、と思いきや、発表もディスカッションも、内容が濃くてとても楽しく面白かったです。

「地元学」って、こんなに刺激的で面白いものだったということを思い出させてもらいました。
地元学は「本物」とか「本来」とか「あたり前」を取り戻すためのツールなんですよねー。

続きを読む
ラベル:地域資源 地元学
posted by 風土倶楽部 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

山村塾 全国研修会

お知らせです。
3月3,4日に東京・南青山会館で財団法人都市農山漁村交流活性化機構(通称:まちむら交流機構)主催による「山村塾 全国研修会「地元学の事例と手法に学ぶ山村の再生」都市との協働で、見つけよう、活かそう地域の宝」というながーいタイトルの研修会があります。
不肖この私が基調講演「山村再生と地元学」なーんてタイトルでお話をするハメになっています。

地元学はいったいどこまで使いでのあるものなんだ、を語らなければならないのですが、さて、さて、うーむ、悩みます。
事例を紹介してくださいということだったので、そうだ!私の話なんかよりも実践事例を聞いてもらうのが一番!と、常日頃、私がすごいなーと思っているお仲間に来ていただくことにしました。

熊本県菊池市のきらり水源村の小林和彦さん。
こばちゃんは地道に、でも、それなりに派手に廃校を拠点にコバヤシ菌を培養して、いい具合に発酵してきています。

青森県浅虫温泉の活き粋あさむしの三上公子さん。
昨年、浅虫温泉の浅めし食堂を訪問。食と農と医療と交流をテーマに展開されている様子に衝撃を受け、密かにノウハウを欲しいと熱望中。

新潟県かみえちご山里ファン倶楽部の関原剛さん。
毎回、講演のたびにまだ訪問もしていないのに、見てきたように関原さんたちの活動をつい話してしまう私です。

そして、群馬県片品村の桐山三智子さん。
みっちゃんが見つめる、見つける片品のわくわくこそ、すべての地域に必要なことだと思っています。

ということで、私の話はホント、どーでもいいですから、4人のみなさんの話を聞きにきてくださいね〜。
ラベル:地元学
posted by 風土倶楽部 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

10月21日は、今年最後の東京朝市です

今週末の土日は今年最後の代々木公園での東京朝市となります。
1年とは早いものです。
4月のアースデー東京を皮切りに、あっという間に7回目となりました。8月の暑さにはちょっと参りましたが、秋空の下、自然の恵みをみなさんにお届けできるのは、生産者ならずとも、とてもうれしいです。

干しりんごは、残念ながら間に合いませんでした。
10月下旬から販売再開の予定です。

開催日は20日、21日の土日2日間ですが、風土倶楽部の出店は21日のみです。
どんどん日が短くなっているので、今回は終了時間が土曜日は16:30まで、日曜日は16:00までになります。ご注意ください。

風土倶楽部の商品ラインナップは、
前回も大好評だった「ぱりっとしいたけ」(北海道)
各地の塩(鹿児島県南さつま市、福井県若狭など)
バジルソース(埼玉県羽生市 雨読晴耕村舎)
ひじっ好(山口県周防大島 ひじきの里)

そして今回新登場は、
岩手県一関市からのカシスジャムです。
カシスには、ブルーベリーの3倍ものアントシアニンが含まれています。このほかにも、カシスにしか含まれていない成分もあり、目の疲労予防をもっとも期待できる果実とされています。
甘すぎず、さわやかな酸味のカシスジャム、ご期待ください。

宮城県角田市にある臥牛三敬会による国産小麦“ゆきちから”を100%使用した無添加のパンもやってきます。

そして、久しぶりに片品村からカタカタハウスの炭アクセサリーも登場!
と、今年最後を飾るにぎやかなラインナップです。
ぜひ、お立ち寄りください。
ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

23日の東京朝市に毛豆がやってきます!

9月23日は東京朝市・アースデーマーケットです。
今回からは、出店希望が多くなったので、初の2日連続土日開催です。が、風土倶楽部は22日の夕方に蜜会2007秋のセミナーを開催するので日曜日だけの出店になります。
そこのところお間違いなく!

そして、そして、日曜日に青森から毛豆がやってきます。
日本の3大美味大豆といわれている毛豆ですぞ!

欲しい!!!という方、お取り置きしておきますので、メールをください。

毛豆クィーンによると、今年は暑かったのでいつもより収獲時期が早めだそうで、今が最盛期だそうです。
毛豆の枝豆は、栗のようなほっこりしたおいしさです。
このチャンスを逃す手はありませ〜ん!

ご来場をお待ちしております。

ラベル:東京朝市 大豆
posted by 風土倶楽部 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

8月19日は東京朝市アースデーマーケットです

今週末の日曜日は恒例の東京朝市アースデーマーケットです。
渋谷区代々木公園けやき並木にて朝10時〜午後5時まで開催します。

今回の風土倶楽部のラインナップは、

続きを読む
ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする