2013年09月16日

LCC体験 ジェットスターの場合

八重山に出張。
LCCの一つ、ジェットスターを利用したのは今回が初めて。前回はスカイマークだった…たしか。。。あまり覚えがない。

なぜ、ジェットスターのことを書いておこうと思ったかというと、ほぼ苦行のような乗り心地だったから。
スカイマークのことを覚えていないということは、まあ、普通だったのかな?

メリット:安い。乗り方次第で成田ー石垣島が往復で3万円ほど。東京ー新大阪が新幹線だと約26000円だからねぇ…。

デメリット:
座席間が狭いので、椅子はほぼ倒せないと思った方がいい。倒せたとしても、ほんのちょっぴり。角度5度ぐらい(笑
おまけに座席の背もたれの厚みが薄いので、後ろの客の足が長いと背中をごつごつされる。荒っぽい指圧みたいなものと考えればよいか?(笑
成田ー石垣間は2時間半ほどかかるので、正直言ってかなりきつい。決して快適とは言えない。腰痛がある人は大変だろうなあ。

夏休み期間だったためか、若い人が多く、かなりうるさかった。乗務員が携帯電話を切れ、OKするまでスイッチを入れるな、と言っても、無視する子がけっこういた。そんな客にかなり強い口調で「携帯電話はお切りください!」と言って回っていた。ほぼどなってた。

そんなにかたときも放せないものなんかねぇ。
飛行機まではバス利用。その間もスマホをにらんでいる子がほとんど。やれやれ。
電車やバスの中でも、スマホをにらんでいない人を探す方が難しいぐらい。

年配客は私も入れてほんの数人。高齢化にはあまりフィットしないかも…。
ただ、安いのは大きな魅力。まあ、今までが高すぎたということもあるだろうけど。
サービスは普通。女性乗務員の感じはよかった。
男性乗務員は行きも帰りも気がきかない。
私が目の前でスーツケースを棚にあげるのに苦労しているのにしらんぷりだった。
客の荷物に触らないようにとマニュアルにでもあるのだろうか。

石垣ー那覇間はJTAを利用。なんだかちょっとほっとした…というのが実感。

成田まではやっぱり遠いなあ。結局、帰宅は深夜の12時すぎ。
飛行機の乗り継ぎがうまくいかず、10時間以上かかったので、待ち時間もあってへとへと。

成田―東京駅を京成バスを利用すると900円で一番早くて安い。因みに成田エクスプレスをうまく利用できれば楽で早いけれど、三鷹ー成田間はおよそ4000円!苦行して乗っている意味が薄まる。

石垣島は、LCCの若いお客であふれかえっていた。
夜の居酒屋は、予約しておかないとあぶれるらしい。
なんだかなあ…。

西表島もたくさん来ているよ〜、レンタカーが足りないぐらいだ、とのことだったけれど、さすがに夜は静か。
満天の☆、天の川を見ながら、海岸で一杯やってきた。
星って、こんなにたくさんあるのかあ…。

星の降るところに住みたいなあ。

RIMG0095.jpg

西表島干立の海岸の夕日。

夏休み期間が終わったら、このLCC騒ぎはひと段落するのか?


posted by 風土倶楽部 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

8年ぶりにミルク様に邂逅

ご無沙汰しています。
すっかりFacebookにはまってしまい、あちらでばかりアップしています。
もし、入っている方がおられましたら、名前で検索してみてください。
なぜかやたらと知り合いが入っていて、おいおい、みなさん、どうしちゃったの?というぐらい情報交換を活発にやっています。

2003年に西表島の節祭りにひょんなことから参加させてもらい、とてもいい思い出になっていたのだけれど、なんと8年ぶりの今年、今度は文化庁のお仕事で八重山諸島の節祭や結願祭を取材させていただくという、すごいご縁に恵まれました。

2003年のときの画像を見て復習しようと思ったら、CD-ROMが劣化していて読み取れない!

ものすごいショック…たらーっ(汗)

節祭や結願祭は、島々でほぼ同時に行われるため、今回の私の担当は小浜島だった。
ほかのところを見ると比較ができて、とっても興味深かった。

RIMG0083.jpg


上は小浜島。ミルク様ご一行のご来場。豊年豊作の神様で、弥勒から来ているようです。

下は西表島の祖納。8年前のもの。このショットだけが、このパソコンにあったので助かった。とほほ。

mirikusama.jpg


形態は同じでも、細部が異なります。
芸能の披露の仕方も、コスチュームもまったく違う。
たとえば、小浜島の男性は、みんな藍染の着物とクバの葉の団扇を持っていて、とってもおしゃれ。みーんな、ステキに見えちゃう(笑)

RIMG0109.jpg


ずらっと並んだおじいたちのかっこいいこと!
小浜島の結願祭はとても洗練されていました。

今回は、島に住んでいたことがあるOさんと一緒だったので、次々に披露される芸能をやっている人たちが、普段、何をしている人かの解説付きで見るというすごい恩恵に浴し、祭の本質を知ることができました。

商店のおばさんがとてもステキに舞を舞ったり、普段はやんちゃな男性が、とても重要な口上を述べる役だったり。。。このお祭りは、集落の人々がそれぞれの存在を確認し合う、とても大切で、楽しいひとときなのだということを実感させてもらいました。
ハレの日に、ハレの日を協力してより華々しくすること。
本番の日だけでなく、前日にはリハーサルが、本番終了後には再度集落の人たちだけで芸能を復習する。繰り返して行うことで身体で覚えていく。
そのひとときを共有することで、結束を固め、次の世代に継続し、集落の存続を図っていく。
島の祭の真髄に触れることができた貴重な体験でした。

この後、祖納も訪問し、旧交を温めてきました。
8年かあ…10年ひと昔とはよく言ったものです。

八重山で出会った食のことは、風土倶楽部のブログに、花については、みつばち百花のブログにアップしています。

posted by 風土倶楽部 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

絶滅危惧種応援のお願い

先日、お伝えしたイケメン絶滅危惧種の二人が、ついにブログを立ち上げました。3日前に立ち上がったばかりです。写真を入れるのに1時間以上かかったり四苦八苦しているみたいだけれど、ちゃんと地元の中学生に海人体験をやったりしている様子が伺えます。日々、進化していて、すごーく面白いので、ぜひ、立ち寄って、コメントを入れて応援してください。


小浜島の今日・小浜島絶滅危惧種


隊長が比嘉誠さん、副隊長が大城洋一さん、そして、地元サポーターはIターン者のヒロサーさんです。
20代が熱い思いで過ごす島の日々、うれしいじゃないですか。

だって、このところ山間部の過疎地を調査でうろうろしていたので、高齢化の波が押し寄せているのを目の当たりにし、「10年後、いや、5年後にはどうなっているのか。もうがんばれない」という60代、70代のつぶやきをどれほど聞いたことか。

その後に小浜島に行って、彼らがいるだけで視界がぱーっと明るくなったような気がしました。
沖縄の市場に魚を出したら、請求書が来た。輸送コストや資材費を差し引いたら、利益が出るどころか赤字だったなんていう話を聞きました。
離島の不利を強みに変えよう!
そんな彼らの思いがひしひしと伝わってくる2日間でした。

その2日間のことは、尾崎さんの「職彩工房たくみの加工室から」に詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。

ネット社会だからこそ、どこからでも毎日応援できる!
ぜひ、ぜひ、みなさん、よろしくお願いしまーす!

今年は、小浜島ツアーをしようかな。

posted by 風土倶楽部 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

初夏の小浜でイケメン漁師と・・・

5年ぶりぐらいで八重山諸島に行っていました。
寒波の襲った日本各地。ところが小浜島は初夏〜!
TシャツでOKでした。いいでしょぉ・・・正直言って、帰りたくなかったです。

DSCF4971.jpg

マンタで有名なヨナラ水道。向かい側の島は西表島です。

今回のミッションは、小浜島に生息する絶滅危惧種が生き残れるようにサポートせよ、というもの。テーマは私の大好物の天ぷら!天ぷらといっても、魚肉のすり身を揚げたほうです。

食い気でちゅらさん、ちゅらさん♪と行ってみたら、絶滅危惧種、すなわち20代の漁師2名がとってもさわやかなイケメンで、「オバサンに任せなさい!」とすっかり腕まくり状態になりました。

数年前に島根県を結城師匠とうろうろしていたある日のこと、漁村で船の後片付けをする若い漁師を数名見つけた師匠は、「おお!若い漁師だ!若い漁師がいる!」とバシャバシャシャッターを切って激写されておりました。

DSCF4947.jpg小浜島約600名の島民のうち、漁師はなんと7名!イケメン漁師はそのうちの2名。30%を占めているのですぞ!奇跡を見る思いで、日に焼けた彼らが魚をすりすりしている風景を今度は私がバシャバシャ激写してきました。

今回は、職彩工房たくみの尾崎正利さんに白羽の矢を立て、二人で2日間、食品加工のイロハとお店の運営方法についてサポートしてきました。

DSCF4978.jpg

かっこよくポーズを決めてよ、と言ったのに、てれちゃった「細崎(くばさき)まーる新鮮隊」隊長の比嘉誠さん(左)、副隊長の大城洋一さん(右)。
実物は、もーっとかっこいい。やさしいし、礼儀正しいし、ユーモアはあるし、三線はひけるし、歌も歌えるし、踊れるし・・・オバサン殺しなのだ。

課題は山ほどあるけれど、君たちなら大丈夫。オバサンサポーターをたっくさんつくれること間違いなし、だから。だって、オバサンが気に入らなければ、世の中、何事も動かないんだからっ!

DSCF5008.jpg

新鮮隊のみなさんと。


posted by 風土倶楽部 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする