2016年09月22日

梅田芸術劇場「エリザベート」

東宝版「エリザベート」を14年ぶりに観劇。
一路&内野の「エリザベート」は、イマイチなんだかよくわからず、観たのにほとんど記憶なし。
その後、友人に押し付けられた2008年ごろの月組「エリザベート」DVDでまんまとはまり、さえこ(彩輝なお)トートにうっとり。。。直後にちえさまタムドクでちえ沼に落とされ、以来、ちえさま(柚希礼音)一筋なのだ。

4,5年前にOGによる「エリザベート・ガラコンサート」を観たけれど、ふーん・・・という感じだったし、
2,3年前に花組の「エリザベート」を観たときは、みりお(明日海りお)トートにすごく期待していたのに、なんと気を失いまくるという事態発生。またしてもほとんど覚えていない…。
以来、エリザベートは、もういいかなと思っていたけれど、おはなさん(花総まり)のシシィが、ものすごい出来だと聞き、つい触手を伸ばしてしまった。

いや、聞きしにまさるおはなシシィだった。
子ども時代の登場のときから、引き込まれた。年齢に無理がない…15,6歳に見える。
その後も、それぞれのシーンの年に合わせた歌唱と演技にひたすら魅了された。

そして、ようやくエリザベートという作品の内容がよくわかった。
宝塚版は、嫁と姑の確執と、トートとの恋に焦点が当てられているから、ますますなんだかよくわからないわがまま女の一生もの?みたいになってしまい、トートの色気がなければ、もうどうしていいかわからなくなっちゃう作品。

東宝版は、きちんと時代背景が描きこまれていたり、シシイのパパや、フランツ、ゾフィーのソロもきちんとあるから、それぞれの苦悩がより明確になる。
フランツや、ゾフィーの初めて聴くナンバーもあった。

フランツの浮気が、宝塚版では浮気現場の写真をトートから見せられてショックを受けるのだが、東宝版は、娼婦から病気を移されたフランツから、シシィが病気をうつされ、それをトートに指摘されるというより具体的なものになっている。病気をうつされたことの方が、宝塚版よりも、もっと身にも、心にもこたえるはず。
それが夫への失望(もともとシシィは愛していない)、自分の身の置き場のなさにつながり、旅から旅を繰り返すことになるという説得力がある。

時代の激流の渦中にいるがゆえに自分の立ち位置を見失い、それゆえに自分の生き方を貫いてしまうエリザベート。パパみたいに生きたいという思いは、時代に遅れて生まれてきてしまったエリザベートの運のなさなのだ。パパと同時代に生まれていれば、わがまま三昧で自由奔放に生きたとしても、きっと身分ゆえに生きていけただろうに。

子どもをゾフィーから取り戻しても、結局、長女は死なせてしまうし、長男の子育ては人任せにして、自分は美貌を売り物にハンガリー統治など政治に中途半端に介入してしまう。
ひたひたとハプスブルクの世界の崩壊が進む中で、今まで通りの生き方をしてしまう遅れてきた女エリザベート。あだ花ね。マリー・アントワネットと共通するものが多いけれど、最後まで救われないのはエリザベートの方かなあ。結局、なにものにもなれず・・・だから。

ラスト近くにハプスブルクの一族の悲劇的な末路が語られるシーンが出てくるのがとても印象的。1789年のフランス革命に始まり、100年を経て、まるで滝ツボに流れこむ激流のような時代の激変に人々は飲み込まれていく。
東宝版のおかげで、いろいろ?なところがよくわかった。

城田トートにものすごーく期待していたのだけれど、まるでデスノートの死神ルークみたいだった。ちょっとコミカル(笑
おはなさんとの身長差ゆえかしら…

ルドルフの加藤憲史郎くんのうまさにびっくり!
将来が楽しみ。
青年ルドルフの古川くんの嘆きには涙してしまった。ロミオの古川くんに期待しちゃうわ。

たつきさんのゾフィーは、あまり怖くなかった。
わがままな嫁は困るよね〜。

未来優希さんのマダム・ヴォルフが、ど迫力でステキ!
宝塚時代の「カラマーゾフの兄弟」のパパ役でびっくりさせられて以来、ひそかなファン。

成河のルキーニは、邪魔にならないルキーニだった。
ついいるのを忘れちゃうことも(笑

田代フランツは、とてもやさしい、だからこそエリザベートに惚れてもらえない旦那の雰囲気がよく出ていた。

みなさん、とっても歌が上手。なんだけど、なぜかアンサンブルの合唱になると、よく聞き取れない。
私の耳がいけないのかな・・・とちょっと不安。

舞台のつくりが、あれでいいのかなあ。
私は、なんだか落ち着かなかった。でも、そーゆー時代背景だからこその不安定な舞台なのね、きっと。
檻を意識したガラスの窓がよかった。
新演出ということだけれど、ところどころ流れが一瞬滞るところがあって、気になった。

結論としては、やっぱりちえさまトートを観るまでは死ねないなあ。

ところで「死ねばいい」のセリフがなかったような気がするんだけど・・・気のせい?
今回は、まったく気を失ってなかったんだけど。




posted by 風土倶楽部 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

花組バウホール「アイラブ・アインシュタイン」

ばあやには、ややこしいお話はあきません。
アンドロイドと人間の共生?
アンドロイドって、人工頭脳のことでしょ?
ようやく車が自動で走り始めた今日このごろ。
早く飲みながらドライブしたいとか、居眠りしながら、目的地に着きたいとか、みんなわがままなことを言っている。
運転が得意ではないばあやも、早くそうなってほしい。

と思っている今、アンドロイドがなんでもやってくれるという社会が実現しているSFの世界で、アンドロイドが人間と同じ感情を持つにいたるとか至らないとかいうお話をされてもなあ〜(笑

どうしてアンドロイドが人間と同じ感情を持たないといけないのかの必然性がぜんぜんわからなかった。
エルザというアンドロイドが、「感情を持ちたい」と言って現れることで物語が転がっていく。彼女は「人間と平和に共存する道を模索する為、自分たちにも感情を与えてほしい」という。そういう問題と違うと思うんだけどな〜。
感情があると、ますますこじれるよ(笑
めんどくさいやん・・・

ただでさえ人間関係で疲れている人が多いのに、そこにアンドロイドの感情まで入りこんできたら、もうかわいいにゃんこの画像程度では癒されなくなるよ。機械にまで気を使わないとならなくなるから。

機械を作ったら、今度は人間と同じような自分で考える機械が欲しくなり、次は人間と同じような感情を持った機械が欲しくなるかしら…ユーモアくらいはもってほしいけどね。

と、ばあやはぜんぜん物語の中に入っていけないままにフィナーレを迎えたのでした。
だから、そのフィナーレがやけに楽しくて、うきうきしてしまった。
やっぱりこれよね〜、と。

そもそも時代設定が、20世紀半ばとあるけれど、服が20世紀初頭な感じ。
イメージとしては、シャーロック・ホームズの時代?
産業革命後のイギリス?

お話しとしては、「ブレードランナー」と「鉄腕アトム」と「サイボーグ009」(サイボーグとアンドロイドは違うのよね)と「A.I」あたりをごった煮にした感じに思えたけど。
「ブレードランナー」くらいわかりやすく、そして切なくしてほしかったなあ。

天才科学者アルバートの隠れ家のメイドたちの動きは、最初はアンドロイドぽかったけれど、どんどん人間ぽくなってきて、2幕なんて、どれがアンドロイドで、人間だっけ?とばあやは混乱してしまった。すでに感情を持っているし…(笑

というわけでストーリーを追うのがめんどうになったので、ジェンヌさんたちに注目。
満を持してのセンターを務めた瀬戸かずや(あきら)。
声も、スタイルもよくて、ステキだった。
でも、途中から、水美 舞斗(マイティ)が舞台の上でキラキラ輝き始めると・・・どっちが主役なんだっけ?と思ってしまった。
あきらは、きっとすごく性格のいい人なんだろうな。

マイティは、このぐちゃぐちゃとめんどうな話を回す役をよくこなしていたと思う。
今回の作品は、役者たちの負担がすごく大きいと思った。だって、わかったような、わからないようなシーンが多かったから。二人だけの会話で「感情を持つことがどうたら、こうたら」言っているシーンも多かったし。

ラストは、あきらの長口舌でしめくくり。よくがんばったと思う。
でも、言っている内容がぜんぜん頭にも、心にも響かなかった。
それはあきらのせいではなく、あんなに長いセリフで話をまとめようとするのが間違っているのだ!
セリフでまとめちゃいかんよ。

花組の若手のみなさん、みんな歌も演技も、とっても上手。
ばあやは、一人ひとりみんなに感心しまくった。

特に英真さん側の役をやっていた和海、羽立たち4人。そして、総統役の亜蓮。難しい役を的確に演じていた。

二人のヒロインも、どちらも◎!
特に桜咲の歌声、話し声には、人を癒す力があるねえ。

そして、天真みちる。美城さんが退団しちゃうけれど、ひょっとしたら、あとを継ぐのかな?
安心して見ていられる。

みなさん、お歌がとってもお上手。
最近は、全体に歌のスキルがアップした?

谷貴矢さん、次回は、もう少しばあやでもわかるような作品にしてね。

posted by 風土倶楽部 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

「神なるオオカミ」

2016年(今年やん…)製作の中仏合作の映画「神なるオオカミ」
TSUTAYAでふと目に留まったので。

日本では絶滅してしまったオオカミ。
生態系の頂点がいなくなったおかげで鹿もイノシシも増え放題。
人間が増えてどんどん山野を浸食している間は、そのバランスの悪さが顕在化しなかったけれど、今や、森は荒れ果て(一応緑豊かに見えてはいるけれど)、人の暮らしがケモノたちに脅かされる事態に・・・

日本は山がちな国だから、その荒廃ぶりはわかりにくいけれど、映画の舞台になったモンゴルは草原がほとんどだから、とってもわかりやすい。

この映画では、オオカミは徹底的に美しい気高い生き物として描かれている。
本能に従い、大自然の中でその役割をはたしている。
人間もその大自然の一部であるかぎり、オオカミとは対等に命を張り合う。

が、そこに外から、金と生業を求めて人間がなだれこんできたときに何が起こるのか。
お定まりの自然の破壊。そして、オオカミの生息を脅かす。
どこでも同じことを繰り返していくのが人間。

舞台は、文化大革命の時代。辺境の地に下方されたインテリ青年が、オオカミに魅せられてしまう。
オオカミの子どもを間引いていくことに耐えられず、1匹の子犬(オオカミの)をこっそり育て始める。
都会の男というのは、どこの国も同じだな〜。
やたらと感動するけれど、自分の価値観は捨てずに、草原の民の暮らしを引っ掻き回していく。
そこに、政府の役人(下っ端だけど)が主任として赴任してきて、開発を推進していく。

この両者の愚かさが、同じ量で描かれているのに好感をもった。
迷惑するのは草原の民とオオカミ。
でも、結局、草原の民は、開発者と手を組み、新しい時代を築くことに踏み出していく。

中国とフランスという現実派の民が作った映画だなあ。
日本だと、もっとウェットな内容になっちゃいそう。

25年ほど前にモンゴルに釣りに行ったときに、現地で人を襲うようなケモノはいないと言われたので、イトウ釣りに夢中になっていたけれど、この映画をみて、あれ?モンゴルにオオカミがいるやん・・・

ググってみたら、いる。準絶滅危惧種だけれど、いる。

ということは・・・あのときもいたのか。。。
誰もいない川べりで魚を釣ったり、草原でうろうろしたり、漆黒の闇の中で星空を眺めていたりしたっけ。

オオカミのいる自然、いない自然。
ずいぶん受ける印象が違うものだ。

ところで、映画の中でモンゴルに中国の役人(漢人)が来るのも気になって、これもググってみて驚いた。
近代のモンゴル史は、僧侶が数万人単位で処刑されたりと虐殺の歴史でもある。
この映画の草原の民たちと漢人たちとの関係性に納得。

25年ほど前に行ったときは、ウランバートルは淋しい街だったけれど、現在は、きっと近代的なビルが立ち並んでいるのだろうなあ。
近代化と人の幸せ、近代化と自然の在り方、いろいろなことを考えされられる映画だった。

ぜんぜん眠くならなったから、☆☆☆☆☆


posted by 風土倶楽部 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

「海街diary」と「誰も知らない」

是枝監督の作品を続けて2つ見た。

「海街diary」
見ている間、何度もうるうるしてしまった。
ほかに女をつくって家を出ていってしまった父。
その父に反発して、やはり家を放りだした母。
残った鎌倉の古い家に暮らす3人姉妹。そこに亡くなった父が遺した母違いの妹を受け入れて…
というお話。
両親がいなくなっても、祖母が丁寧に暮らした家があり、そこで3人と一人の新しい暮らしが育まれていく。
家族が肩を寄せ合い、思い出をつくっていけば、そこにちゃんと家族の物語が紡がれていくのだな〜としみじみ。
末の妹が少しずつ居場所としてこの家に馴染んでいく様子が丁寧に描かれていて、彼女が、その家までの階段を上っていくようなシーンに出会うたびに思わず涙腺が緩んだ。
知らない家族の話なのに、なぜか懐かしくなって仕方がないという不思議な映画だった。
小津タッチの気負わない、静かな映像と会話が心地よかった。

「誰も知らない」
こちらは、無責任な母が父親の違う子どもを4人も生んで、お金を置いて、長男にすべてを任せて出奔してしまうという実話をもとにしたもの。
2DKくらいの古いアパートの1室が、子どもたちの唯一の居場所。大家に大勢の子どもがいることがバレテはいけないので、下の3人は窓から顔を出すことさえ母親に禁じられてしまう。
出生届を出していないから、学校にも行けない。いや、母親は学校に行っても仕方がないと行かせない。
母のいない日中は、4人の子どもたちだけの世界。やがて母が子供たちを置き去りにしていなくなってしまったら、ますます4人だけの暮らしに。
それでも4人は、不自由をものともせず、暮らしていく。
福祉関係に訴えれば?という大人もいるのに、4人でいたいからと、長男は12歳(ということになっている)の知恵を駆使して、弟と妹のめんどうをみる。
目の離せない驚きの内容だった。
ラストも、彼らは淡々と「誰も知らない」世界の中で生き続けていくことを選択する。
YOUが、あまりにもぴったりの母親役で、リアリティがありすぎ(笑
それにしても、子どもたちの演技の自然なことに驚く。
次男は福くんかと思ったら、違う子だった。
柳楽くんがカンヌ映画祭で最年少で主演男優賞を受賞ということだったけれど、これは取っちゃうよね。

posted by 風土倶楽部 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

衝撃的な「シン・ゴジラ」

「シン・ゴジラ」、すごい映画だ!
怪獣映画だと思ったら大間違い。
社会風刺の映画なのだ。

だから、子供向きではない。
たぶん見てもわからない。子どもにはつまらない映画だと思う。

冒頭、海が沸騰し、なにが起こっているかわからないところから、完全に引き込まれた。
ゴジラに、ではなく、人間たちのドタバタぶりに、だ。

3.11直後の日本政府は、これ以上にドタバタだったんだろうなあ。

この映画のすごいところは、ゴジラに一切の感情移入を観客にさせないところにある。
目玉をむき出しにしたまったく可愛げのかけらもない生物として描くことで、「敵」というのもに対処するとはどういうことかが鮮明になる。

国を守るとは、防衛とは、外交とは、組織とは…が次々に突き付けられていく。
ものすごくよく練られた展開で、見ている間中、なぜかワクワクしてしまった。

このワクワク感はなんなのかしら。

ひえ〜、面白いやん!!!
これこれ、こういう映画を待っていたのよ!
と拍手喝さいしたい気分だった。
ある種のシミュレーション感満載。隣のアホな国とか、広大な領地を持っているのにもっと欲しがる大国とか、仮想敵には困らないもんね。

人間の罪業を一身に背負ったゴジラが醜いのは当然。
あれは人間そのものなのだ。

星新一のショート・ショートに、大きな穴が発見され、どこまで深いかわからないほど。そこに人々がいろいろなものを投げ込むようになった。巨大な底知れないゴミ捨て場だ。ある日、空から、ゴミがポツンと落ちてくる。ふと、あのショート・ショートを思い出した。

やしおり作戦なんて、突然言うから、「なに?それ?」と。
観客は、みんなわかっているのか?
スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するときに飲ませた酒のことだそうで・・・

どこまでも日本にこだわった、日本への愛にあふれた映画だ。
もし、若くしてみたら、自衛隊に行かねば!と思ったかもしれない。
が、かなり組織論的なアプローチが多いから、子どもにはわかんないかもなあ〜。

早く無人の飛行機をたくさん作っておかないとね〜。
ゴジラより、手ごわい敵が日本の回りにはたくさんいるから。

私のお気に入りは、石原さとみちゃんの米国大統領特使。
さとみちゃんも、いつの間にか三十路近くなって、妖艶になってきたのね。
英語をがんばっていて、よくやった!

ネイティブの日本語のできる女優がやればよかったという意見もあるけれど、やはりここはさとみちゃんで。
祖母が広島出身という設定が泣かせる。
オリンピックをみていると、国籍がずいぶん曖昧になってきつつあると実感。
愛ゆえにいろいろな人種がミックスされて、生まれた場所、育った場所、そこで出会った人々に支えられて、その国の一員として最善を尽くす。

さとみちゃんの役どころは、なかなか意味深だと思う。
ラストは、シン・ゴジラ2を予感させる終わり方になっているから、次回は大統領にさとみちゃん、日本の総理に長谷川くんがなっている状況というのがありかも。いや、ぜひ、それでお願いします!(笑
謎の博士も、そのままだしね。まるでポケモンの「博士に送る」の博士みたいだ。

庵野さんという人も、エヴァンゲリオンも、まったく知らないばあやですが、これはエヴァなるものを見なくっちゃと思った。
若い人が、こういう視点を持った人が作ったものに深く心を寄せているというところをきちんと理解していないと、本当の日本の行く末がわからないから。

シン・ゴジラで、ゴジラトークしながら、国防や、自衛隊について語る、っていいなあ。
でも、セリフがものすごく早くて、ついていくのが大変だったから、もう一度観ないとなあ・・・

これって、戦略?



posted by 風土倶楽部 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

東京宝塚劇場 花組「ME AND MY GIRL」

とっても楽しくて、ステキな舞台だった。

ぜんぜん期待していなかった・・・
なぜなら、2013年5月に梅芸で月組のミーマイを見て、すごくつまらなかったから。
ミーマイ=つまらん、と思い込んでいた。

演じる人でこんなにも違ってしまうとは・・・

明日海りお(みりお)は、2年前にエリザベートで寝てしまって以来、ちょっとご無沙汰していた。

今回のみりおビルは、最高にステキだった。
宝塚大劇場で観たヅカ友たちが、滑舌が悪くて、なにを言っているかわからなかったし、小道具の扱いがダメで、帽子を落としたりと、さんざん文句を言っていたので、みりおちゃん、大丈夫か・・・とハラハラして見ていたけれど、途中から、安心感に代わり、すっかり魅了された。

最初は下町の下品なにいちゃんだったのに、徐々に知性が目覚め、気品が出てきて、最後はとても魅力的な青年に変身〜!お見事!
かのちゃん(花乃まりあ)のサリーも、ビルのために身を引こうとする気持ちが手に取るように伝わってきて、いじらしかった。歌も、とってもうまい!

ききちゃん(芹香 斗亜 )のジョン卿は、とても気品があって、ステキなロマンスグレーのおじさま。
桜咲 彩花のマリアのレベルが高くて、かなり驚いた。歌唱も、声の迫力も、すばらしい!
価値観を押し付ける貴族のレディらしいふるまいが、舞台全体を回していた。

鳳 真由のパーチェスターも、コミカルな演技で場を盛り上げていた。

花組、よろしいですやん。

この日は、会場に蘭寿とむ、壮一帆、真飛聖、彩乃かなみなど早々たる顔ぶれのOGがいたようで、アドリブががんがん飛んでいた。当方はB席だったので、気配だけで残念〜!

『ME AND MY GIRL』
こんなに面白い夢のあるお話だったのね〜♡

DSC_0739.jpg


24日の夕方、新国立劇場の「マンスリー・プロジェクト」で別役実の「門」のリーディング公演があった。
私、不条理劇はダメだ・・・
セリフの中にキラっと光るものがあるのはわかる。でも、なにがどう繰り広げられているのか、ちっともわからない。演じる方はわかっているよね。
とても贅沢なひとときだとは思ったけれど、不条理劇は、私には合わないというのがとてもよくわかってよかった(笑


posted by 風土倶楽部 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

BSプレミアム「太陽」

「太陽」傑作だ!
こんな脚本が書ける人がいるとは!

蜷川幸雄の演出だった「太陽2068」が気になっていた。

近未来のSFではあるけれど、普遍的なテーマがたくさん盛り込まれていて、すべてのシーン、セリフに目が離せない。

そもそも設定がすごい!
正体不明のウィルスによって、太陽の光を浴びることができなくなったノクスと呼ばれる新人類。
反面、病気に強く、頭脳明晰。寿命が旧人類の何倍にもなる。

そんな人類が誕生したがゆえに旧人類は、旧型とか骨董的人種キュリオと呼ばれ、ノクスに牛耳られ、貧しい生活を強いられることになる。
が、太陽の下で食力の生産ができるのはキュリオだけ。

人は、すべてのものを手にすることはできない。ならば、なにを選択して生きていくのか。なにに誇りを感じて生きていくのか。
あらゆる根源的な問いが盛り込まれている。

夜の世界だけにしか生きられず、夜明けを見ることのないノクス。
ラスト近くにキュリオの一人が、夜明けと日の沈むのを感じられてこそ1日を生きたことになるのだというようなセリフがあった。1日をしっかり生きてこそ、本当の生を感じることができるのだと。
そして、なにものにも頼らず、自らの手で明日を生き抜いていこうという決意がキュリオに生まれる。

すごい脚本だ。

映画化されているので、こちらも見てみようかな。
神木くんが鉄平なら、かなり期待できそう。
でも、やはり舞台だからこそのセリフの際立ちってあるからな〜。

次回、舞台があったら、ぜひ、観に行こう!


posted by 風土倶楽部 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

WOWOW「タンゴ、冬の終わりに」「火のようにさみしい姉がいて」「嵐が丘」

2週間前から、右半身に電流が走るような痛みがあって、医者に行ったら、「帯状疱疹かと思う。が、発疹が出てからでないと治療ができない」と言われた。1週間ほどして、痛みが和らいだのでしめしめ、これで終わりか?と思っていたら、プツンと虫刺されのようなものが胸に現れ、少しずつ増えて・・・これが痛いのなんのって!
ウワサには聞いていたけれど、帯状疱疹って、こんなに痛いものだったのね〜。
皮膚科の医者に駆け込んで、薬をもらい、とにかく安静にしていろと言われたので、ちょうど溜まっている録画を観ることにした。

見ていても痛いんだけどね・・・とほほ。

なので集中力がイマイチで、語れるほどのものもないから、簡単な感想だけ。

舞台を映像の録画で見るのは、やっぱり邪道だと思う。
ちょっと気になっていた舞台が、立て続けにWOWOWで放送された。

「タンゴ、冬の終わりに」「火のようにさみしい姉がいて」「嵐が丘」「ジャンヌ・ダルク」「ひょっこりひょうたん島」

この5舞台を録画してみて、観に行けばよかったなあと思ったのは、「ジャンヌ・ダルク」かな。

清水邦夫脚本、行定勲演出「タンゴ、冬の終わりに」、蜷川幸雄演出「火のようにさみしい姉がいて」は、とてもよく似た内容で、どちらも役者の熱演に迫るものはあった。が、しかし、私は、果たして本当に演劇が好きなんだろうか…という自分への疑問を突き付けられたような芝居だった。

どちらも主役が落ちぶれつつある役者、それをサポートする女優の妻や愛人という設定。
役者って因果なショウバイなんだなあ・・・
現実と虚構の中で、なにが真実なのか、嘘なのかが混沌としていく。
それはそれで面白いんだけれど、その混沌の中の狂気が見ているものに対して不安感を与えていき、足元が崩れていくような気持ちの悪さがあった。
まあ、人間はどこかに狂気を孕んでいるものだから、そういうものを目の前に抽出して見せられてしまうと気分がよいものではないのかも。

「タンゴ・・・」の方は、三上博史が本人なのか、役なのかわからないぐちょぐちょ汗まみれ状態で、ひたすら見るのに疲れた。妻役が大好きな神野三鈴じゃなければ、最後まで行き着つけなかった(笑

「火のように・・・」の方は、段田安則がすごすぎて、宮沢りえも、大竹しのぶも、すごすぎて、目が離せないすごい舞台だった。特に大竹の目つきは、夢に出てきそう。
似たような設定だったけれど、こちらの方が内容はわかりやすかった。時の流れの中に置いてけぼりになるものと、追い越してしまうもの、いつまでも変わらないものと、激変するもの、それがオセロのセリフと重ねあわせて綴られるという、かなり高尚なセリフ回しなので、私のような商業演劇好きには少々荷が重かった。が、それなりに面白かった。でも、観に行ってたら、途中で寝ちゃっていたかも。

「嵐が丘」は、脚本・演出がG2.おお!バイオハザードと同じだぞ、というのでチェック。
昔は、この小説が面白いと思ったんだけど、今ではなにが面白いのかよくわからなくなった。
30年ほど前に、この小説が生まれたブロンテ姉妹の家を観に行って、いろいろ納得したからだと思う。
とにかくヒースの丘が続く、暗い閉塞された場所だったのだ。現代のように情報があふれている世界とは違い、隔絶された因習に満ちた世界の中で、才能だけを胸に悶々と暮らすブロンテ姉妹の表現者としてのはけ口が小説で、そこに自分のロマンをぶち込んだんだろうなあ〜と。
あの家と、その周辺を体感して、ものすごく腑に落ちたのだ。要するに欲求不満小説ね(笑

それをこの時代に舞台化する意味って、正直言ってまったくわからなかった。
堀北真希と山本耕史の出会いの舞台なのよね〜という目でしか見られなかった(笑
戸田恵子のうまさには、ちょっとびっくりしたけど。
堀北真希の妖しい美しさにも。山本耕史が夢中になるのもよくわかる。

「ひょっこりひょうたん島」は、観に行かなくてよかった〜、と心底思った。10分ほどでギブアップしちゃった。

「もっと泣いてよ、フラッパー」も。
六本木の自由劇場に通っていたころは、狭い空間で、時には最前列に座り、役者が目の前で楽器を演奏してくれるのを見上げていたっけ。そんな熱気を知っていたから、Bunkamuraで上演され始めるようになって、行ってみて、かなりがっかりしたのを思い出した。あの小劇場の舞台空間が、本当に好きだった。吉田日出子や笹野崇史が触れることができそうな近さで導いてくれる虚構の、とてつもなく楽しい魅力的な空間。あ〜、懐かしいなあ。もう二度と味わうことができないだろうなあ。余貴美子も、かわいかったのよね〜。
と、録画を見ながら思って、30分でギブアップ。


やっぱり私には、わかりやすい舞台がぴったりなのよね。
昨日は、痛みがかなり軽くなったと思ったのに、今日は、また、痛い。
ゾンビ化した水疱瘡菌のやつめが、胸に噛みついているイメージだわ〜。


posted by 風土倶楽部 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

WOWOW 有村架純初主演「ジャンヌ・ダルク」

WOWOWで録画したものを鑑賞。
脚本・中島かずき、さすがだ。
暗い史劇をオリジナル脚本で、ここまで緊張感を孕みつつ怒涛のストーリーになっている。
登場人物の立ち位置が明確だから、すごくわかりやすい。
白井晃の演出も、ストーリーの流れがものすごくスムーズ。
おまけに100人の出演者によるイギリス軍とフランス軍のボリューム感が、民衆や軍隊というもののコワさを醸し出していて、すごい舞台設定と演出だと思った。

初主演の有村は、いっぱいいっぱいでやっているのが手に取るようにわかった。
それが必ずしも悪いわけではなく、ジャンヌのいたいけなさと力強さが、有村の現状と重なり、一定の相乗効果を上げていたように思う。この役は、やはり有村の年齢くらいでないとリアリティがなくなるから、舞台女優として初主演になりやすい役だろうなあ。
火刑台に上るシーンは、神々しいものがあった。

2010年には、堀北真希が演じたのね。なるほど〜。
架純とは、まったく違ったジャンヌになったことだろう。なんとなく想像できる(笑

東山紀之は、優柔不断なシャルル7世を、普段のカッコつけキャラを出さずにやっていて、面白かった。
ラストに王として独り立ちするシーンが見せ場ね。

ジャンヌをいじめる(笑)「悪役」ともいえる田山涼成、西岡徳馬のご両人がさすがの演技。
大人の社会っていやね、架純ジャンヌ、がんばれ!と思わせてくれた。

高橋ひとみがな〜・・・

ところで中島かずきの脚本では、シャルルとジャンヌが兄妹。ジャンヌは淫乱王妃として有名だったシャルル7世の母イザボーの生んだ妹という設定。兄がフランスの王として民衆に認めてもらえるようにあえて火刑の道を選ぶというストーリーになっている。
フランスの歴史、特にこの時代の歴史に馴染みがないから、ストーリーにこの血のつながりを入れることで、ジャンヌの心情がわかりやすくなった。フランス国民としてというよりも、シャルル7世の妹として、命をかけてフランスを救いたいという心情に泣かされる。

演出も、舞台美術も、音楽も、脚本も極上の舞台だった。
こんな「器」の中で初主演できた架純ちゃんは幸せな役者だ。
この後、「ビリギャル」だったのかな?


posted by 風土倶楽部 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

宝塚大劇場 月組「NOBUNAGA/Forever LOVE」とドラマシティ「ドン・ジュアン」

NOBUNAGA
なんのこっちゃ、さっぱりわからん舞台だ・・・

信長のセリフは、わざとあのような抑揚をつけているのか?
み〜なのものお〜、わ〜しにつ〜いてこ〜い〜

みたいな・・・
まさお節の集大成のつもりなのか?
誰も注意する人はいない?
不思議な現象としかいいようがない。

ストーリーがぜんぜん頭に入ってこなかった。
退団公演だから、それでいいのかな。
黒豹だって、なんだかよくわからないストーリーだったし。

それにしても、ちゃぴ(愛希れいか)の扱いがひどくない?
帰蝶が信長に殺されて、その死体が延々と舞台の上に横たわるって、宝塚的にどうよ・・・
トップ娘役なのに・・・

ショーでも、絶対に二人だけでは踊らないのね。
どうしてこんな扱いを受けるのか。

でも、ちゃぴは、とってもかっこよかった。
出てくると、やはりオーラが半端なく・・・だから、あの扱い?(笑

秀吉の美弥 るりか(みやちゃん)が、しっかり押さえをやっていた。
いろいろ考えちゃうだろうなあ。悩みが多いだろうなあ。
がんばれ、みやちゃん。
みんな、あなたをちゃんと見ているよ〜。

珠城 りょうのロルテス、ちっともよくわからないキャラクター。
これも退団公演だから、龍真咲(まさお)さえ目立てばいいのよね。
2番手の宿命だから、今回は耐えるしかなわね。

途中、まさおが朗々と歌い上げ、回り舞台で消えていったから、終わったのかと思ったら、取って付けたような本能寺のシーンがあって、あわてた。

退団公演って、微妙〜。特にお芝居の方は。
若手はみんなすごく頑張っていた。ゆうまも、からんも、はやても。

象、必要?(笑

ショーの「Forever LOVE」は、色彩がとっても洗練されていて、すごくよかった。
新生月組が、活きのいい組になることを予感させるよい構成になっていた。
まさおの得意の歌に特化させた舞台ともいえるかな。
オープニングの「バレエが苦手」という歌詞は必要ないと思うけどね。最後まで苦手を克服しようと努力する姿を後輩たちに見せてほしかった。それがトップっちゅうもんでしょ。これでいいと思ったら、そこで成長は止まっちゃうよ。

ラストの黒燕尾、あれはダンスじゃないよね。

ちゃぴのカポエイラみたいなシーンが、ステキだった〜!

歌のうまい組子が増えたような気がする。
新生月組が楽しみだわん。
たまきちの立ち姿に華やぎが増してきた、ような気がする(笑


ドラマシティ雪組「ドン・ジュアン」

だいもん(望海 風斗)の歌のうまさは断トツね。
POBのメンバーの中に今、すぐ入っても大丈夫。
そのだいもんが、ギラギラした欲望の塊のドン・ジュアンを熱演。
よろしいんじゃないでしょうか。

みんな、歌が本当にお上手。以前なら、美穂さんばかりが目立っただろうに、今回は、one of themに見えたくらいだ。有沙 瞳 と彩 みちるの娘役ツートップが、歌うまさんのだいもんとがっつり組んでたっぷり聴かせてくれた。

さきな(彩風 咲奈)は、「るろうに剣心」を経て、ようやく男役として花が開いてきた。
間に合ったのかな?(笑

特筆すべきは、なんといってもひとこちゃん(永久輝 せあ)。
立ち姿よし、演技よし、歌よし、声よし、そして、お顔もすてき💛
最後のだいもんとの立ち回りは、るろうに剣心に継いで再びしっかり見せていただきました。
最初にマリアに言った「その仕事で最後にするんだ!」というセリフでドキッとした。
イチオシだわ〜。

作品としては、もっと耳に残る曲が欲しかったなあ。
いい曲ばかりなんだけれど、ロックミュージカルだから、口ずさめない。
2,3回観ないとダメかもね。
でも、私は、「ローマの休日」の方が好き。もう一度見るなら、ローマなのだ。
だって、宝塚でしか見られないのはローマの方だもん。

「ドン・ジュアン」は、外部で公演あるのかしら。
ソニンがエルヴィラが似合いそう。




posted by 風土倶楽部 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする